サイゾーpremium  > ニュース  > 社会  > 自由報道協会の"ダダ漏れ"に記者クラブメ...
ニュース
記者クラブ反対急先鋒が新たな"クラブ"を!?

自由報道協会の"ダダ漏れ"に記者クラブメディアは不満爆発?

+お気に入りに追加

──記者クラブの開放」をスローガンに、2011年1月に設立された「自由報道協会」(仮称)という組織に注目が集まっている。ジャーナリストの上杉隆氏らが中心になって立ち上げた「フリーランス・雑誌・ネットメディア有志の会」で、3月上旬現在、本格稼働に向けて設立準備会が動いているが、協会の設立趣意書には次のように記されている。

1104_ozawanikonama.jpg
毎回、ニコニコ動画で生放送されている小沢一郎氏の会見。

「本来、政府の公的な記者会見への参加は一部メディアに限定されるべきものではなく、取材・報道を目的としたすべてのジャーナリスト等に幅広く開放されるべきものである。報道の多様性と自由な取材機会を保障することは、民主主義国家であれば当然に認められる権利である」

 言わずもがな、この動きの背景にあるのが、「記者クラブ」という世界に類を見ない日本特有の制度の存在である。日本の公的機関の記者会見は、原則としてテレビ局や新聞社など一部のマスメディアで組織される「記者クラブ」の主催で行われる。このため、記者クラブに所属しない雑誌媒体やフリー記者、ネットメディアなどは、会見に参加できないことが多い。この硬直化した制度が、取材者と被取材者の癒着構造を生み、両者の利害にかなった恣意的な報道を生む元凶となってきたという指摘は多い。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年12月号

ドラッグの教科書

ドラッグの教科書
    • 【薬物四法】の成立秘話
    • 【日米マリファナ】最新(裏)事情
    • 【大麻と人種】に迫るドキュメンタリー
    • 【舐達麻】がブチかます大麻論
    • 【幻覚剤】の医学的研究
    • 【ミッドナイト・ゴスペル】の見方
    • 【米ラッパー界】ドラッグ最新事情
    • 【元売人トリオ】と契約したエミネム
    • 【ドラッグ表現】の最前線
    • 【満州アヘンスクワッド】麻薬と昭和
    • 【人類とドラッグ】の1万年史
    • 【アンサングシンデレラ】薬剤師はどう見たか
    • 【処方薬】に蝕まれる日米社会
    • 【大麻成分CBD】のグレーゾーン
    • 【CBD】がよくわかるブックガイド
    • 【緊急避妊薬】と堕胎利権
    • 【ピル市販】海外の実態
    • 【サイケデリックス】と宗教的体験
    • マンガの【トンデモドラッグ描写】
    • 【シャブとサウナ】都市伝説を徹底調査

「佐藤あいり」気鋭の女優の美しきボディ

「佐藤あいり」気鋭の女優の美しきボディ
    • 【佐藤あいり】気鋭の女優の美しきボディ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載