サイゾーpremium  > 限定  > コワモテのトレンド最前線! 暗黒街に蠢く...
猛犬注意! うっかり撫でると怒鳴られる?

コワモテのトレンド最前線! 暗黒街に蠢く"犬ブランド"の正体

+お気に入りに追加

 一般社会がペットブームに沸く前から、裏社会では"ドッグブーム"が巻き起こっていた! といってもそれは、ペットとしての犬ではなく、ファッションキャラクターとしての犬の話。

0809_inubrand.jpg
【1】歌舞伎町にいらっしゃった御仁。ご覧
のように、犬のロゴは控えめなのが最近の
主流だ。【2】格式高い英国産のブランド「H
ARDY AMIES」は、お値段高め。【3】ワンポ
イントが可愛らしい「VAGIIE」。【4】犬という
よりも犬っぽい動物? 「ANGELO GARBA
SUS」。【5】ミドルエイジに人気のブランド
「ORIENT」。【6】ドジな犬がほほえましい
「PAGELO」は、価格もお手頃で若者に人気。

「1990年代初頭あたりから、コワモテやチンピラの間で、犬のキャラクターロゴをあしらったカジュアルウェアが流行し始めたのをご存じでしょうか? 夜の歌舞伎町なんかはそれこそ一時期、どこもかしこも"犬だらけ"でしたよ」と語るのは、実話誌のヤクザ担当記者。なるほどたしかに言われてみれば、歌舞伎町に限らず、ガラの悪いエリアの競輪場や雀荘やスナックなどで、犬のロゴ入りジャージやブルゾンを着たコワモテを度々見かけた記憶がある。

 この裏社会の犬服ブーム、いったいどこから火が付いたのだろうか?

「火付け役と言われるのは、ICEBERGというイタリアのブランド。80年代の後半に、可愛い犬の絵柄をデカデカと刺繍した服を日本で売り出したところ、一部のヤクザや芸能人の間で人気になった。ビートたけしさんや北島三郎さんも、当時はICEBERGの愛用者だったようです」(都内の洋品店店主)

 しかし、ブルゾン1着30万円、セーター1着10万円という高級ブランドであったため、末端のチンピラには手の届かない商品だった。

「そこで複数の国産メーカーが90年頃、それぞれオリジナルの犬柄をあしらった衣服を格安価格で売り始めたところ、コワモテ層の間で爆発的なヒット。以後、類似品が続々と出回り始め、最盛期の99年頃には、30種類以上の"犬ブランド"が林立するようになったんです」(衣類問屋関係者)


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』