サイゾーpremium  > 連載  > 神保哲生×宮台真司「マル激 TALK ON DEMAND」  > 権力の集中が悪習を招いた検察の改革は成功...
連載
神保哲生×宮台真司 「マル激 TALK ON DEMAND」 第50回

権力の集中が悪習を招いた検察の改革は成功するのか?【中編】

+お気に入りに追加

前編はこちら

検察改革の対象は3点「組織」「捜査」「検証機能」

神保 続いて、検察改革について指宿さんの私案を伺っていきます。まずは全体的な説明からお願いします。

指宿 大きく分けると、改革の対象は「組織」「捜査」「検証機能」の3つです。「組織」の改革で重要なのは、捜査と起訴の分離。そして、検察官の倫理規定を作ることです。手続きを透明化したところで、それを守ろうという動機づけがなければ意味がありません。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年6月号

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ