サイゾーpremium  > 限定  > 美輪サンもIKKOも、マツコも血と汗を流...

0801_miwa.jpg

1957年 当時22歳だった美少年、丸山明宏(現在の美輪明宏)の歌う「メケ・メケ」が大ヒット。三島由紀夫をもメロメロにした美貌で、レースやサテンの大胆なコスチュームを着こなす様から「シスターボーイ」と呼ばれた。当時ユニセックス・ファッションは国賊もので、街でビール瓶の蓋を投げ付けられたこともあったという。


63年 東京のクラブ「ゴールデン赤坂」で、パリのショークラブ「カルーゼル」の女装ダンサーたちが上演。「ブルーボーイ」と呼ばれて話題になる。翌年、カルーセル麻紀が「和製ブルーボーイ」として日劇ミュージックホールでデビュー。

71年 東郷健が自らを同性愛者だと公表した上で、参議院選挙に初立候補。落選。

 7月、日本初のゲイ雑誌「薔薇族」(第二書房/現在は廃刊)が創刊。編集長・伊藤文学の自宅に美輪明宏がロールスロイスで乗り付けて、創刊号を買いに来たのは有名な話。

72年 丸山明宏が、現在の「美輪明宏」に改名。きっかけは「仏壇を拝んでいたら、目の前に"美輪"という字がはっきり見えたから」(「週刊平凡」72年5月11日発売号)。

0801_maki.jpg

 10月、カルーセル麻紀がモロッコで性転換手術を受ける。当時としては巨額の150万円を投じての大手術であり、手術前夜は同じ目的で入院中だった男たちとオチンチンを握り合って「男性サヨナラパーティー」を開いたそう。



Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』