サイゾーpremium  > 限定  > 美輪サンもIKKOも、マツコも血と汗を流...

0801_miwa.jpg

1957年 当時22歳だった美少年、丸山明宏(現在の美輪明宏)の歌う「メケ・メケ」が大ヒット。三島由紀夫をもメロメロにした美貌で、レースやサテンの大胆なコスチュームを着こなす様から「シスターボーイ」と呼ばれた。当時ユニセックス・ファッションは国賊もので、街でビール瓶の蓋を投げ付けられたこともあったという。


63年 東京のクラブ「ゴールデン赤坂」で、パリのショークラブ「カルーゼル」の女装ダンサーたちが上演。「ブルーボーイ」と呼ばれて話題になる。翌年、カルーセル麻紀が「和製ブルーボーイ」として日劇ミュージックホールでデビュー。

71年 東郷健が自らを同性愛者だと公表した上で、参議院選挙に初立候補。落選。

 7月、日本初のゲイ雑誌「薔薇族」(第二書房/現在は廃刊)が創刊。編集長・伊藤文学の自宅に美輪明宏がロールスロイスで乗り付けて、創刊号を買いに来たのは有名な話。

72年 丸山明宏が、現在の「美輪明宏」に改名。きっかけは「仏壇を拝んでいたら、目の前に"美輪"という字がはっきり見えたから」(「週刊平凡」72年5月11日発売号)。

0801_maki.jpg

 10月、カルーセル麻紀がモロッコで性転換手術を受ける。当時としては巨額の150万円を投じての大手術であり、手術前夜は同じ目的で入院中だった男たちとオチンチンを握り合って「男性サヨナラパーティー」を開いたそう。



Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』