サイゾーpremium  > 限定  > 男子だからこそわかる"禁断のラヴ"の世界...

──男性同士の恋愛を描いたジャンルである"BL(ボーイズラブ)"をたしなむ女性たち、「腐女子」が元気だ。もともとは自嘲的に使われていた言葉だが、それが一般に定着した昨今、今度はBL好きを公言する若い男性たち、「腐男子」が増えている。男性が男性同士のラブラブッチュッチュに萌えまくるという、一見、理解し難い彼らの深ーい魅力を探ると共に、ぜひとも本誌男性読者に「腐男子」になってもらい、その楽しさを味わってもらうべく、BLのイロハを伝授する!

0812_bl_tobira.jpg
(絵/都築潤)

【STEP1】まずは、"敵"の正体を知ることから腐女子とBLブームを徹底分析!

 いまやすっかり開けたBL市場。最初に基礎知識を頭に入れておけば、ほらね、ビギナーでももう怖くない!?

"腐女子"な彼女と作者(彼氏)の日常が描かれた『となりの801ちゃん』(宙出版)シリーズが累計約32万部のヒットを遂げ、類似のブログ本『腐女子彼女。』(エンターブレイン)の実写映画化が決定したりと、今、BLが熱い。それに伴い、老舗のBLマンガ誌「コミックJUNE」や「BOY'sピアス」などを発行するジュネット(旧マガジン・マガジン)の編集局長・水野正文氏によると、「ここ1~2年で男性読者が増えた感触があります。読者ハガキの約10分の1は男性からのものですよ」とのことで、BL発祥の我が日本国では、なんと、BLを愛読する。"腐男子"がジワジワと増殖している様子。腐男子ブロガーも増えており、中野腐女子シスターズが扮する「腐男塾」なる"エセ腐男子"まで出現するほどの盛リ上がりを見せている。男性までも虜にしてしまうBLとは、なんなのか?



Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年11月号

間違いだらけの10代ビジネス

間違いだらけの10代ビジネス

映画界の伝説・角川春樹を再研究!

映画界の伝説・角川春樹を再研究!
    • 【角川春樹】映画界の生きる伝説
    • 【角川映画】日本映画史をつくった5本

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ