サイゾーpremium  > 限定  > 大物芸人をも怒らせた小朝の野望と独断専行
キレていたのは泰葉だけじゃない!

大物芸人をも怒らせた小朝の野望と独断専行

+お気に入りに追加

『エンタの神様』(日本テレビ)、『爆笑レッドカーペット』(フジテレビ)などのネタ見せ番組や、「M-1グランプリ」や「キング・オブ・コン ト」などの大規模なお笑い大会に象徴される、2000年初頭から現在まで"お笑いブーム"。同ブームの影響で、バラエティはもちろん、ドラマや歌番組でもテレビをつければそこには必ずお笑い芸人の姿が見られるようになりました。しかし、そんなお笑いブームにも、現在、地殻変動が起こっているようで......。

 冒頭に挙げた『エンタの神様』や『爆笑レッドカーペット』などのネタ見せ番組が軒並み放送を終了したかと思えば、「キング・オブ・コント」では、09年に東京03、10年にはキングオブコメディが優勝するなどプロダクション人力舎所属の芸人たちが台頭。また、業界最大手の吉本興業も今年に2月に上場を廃止してからは、ネット事業や映画事業に力を入れる動きを見せています。

 一時の爆発的なブームも落ち着きつつも、まだまだ目が離せないお笑い業界。そこで今月のプレミアサイゾー限定企画では「お笑い芸人のキケンな裏話」をピックアップ! お笑いブーム絶頂期ともいえる08年に話題となった噂の数々を一挙放出。 芸人さんのイヤ~な醜聞に、芸人派閥一覧、「M-1グランプリ」のヤラセ疑惑追及など、あんまり笑えそうにないネタを揃えてしまいました。粗製乱造とも言われたお笑いブームへ、サイゾーからの愛あるツッコミ、あなたは笑える? 笑えない?

(以下、本記事は『月刊サイゾー』2008年12月号に掲載されたものを、再構成したものです) 

 元妻の泰葉に"金髪豚野郎"呼ばわりされた春風亭小朝。世間からの批判の矛先は、泰葉にばかり向いているようだが、お笑い界ではどうも風向きが異なる。心の中で「泰葉、もっとやれ」とけしかけている関係者も多いというのだ。

「小朝に人望がないのは、落語業界では特に有名。何事も独断専行ですからね。落語協会会長の鈴々舎馬風も、小朝の扱いには手をこまねいていますよ」(演芸ライター)


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』