サイゾーpremium  > ニュース  > 社会  > 文春内部でもモメてる!? 直木賞候補作選...
ニュース
やっぱり文壇はパワーバランス

文春内部でもモメてる!? 直木賞候補作選出の舞台裏

+お気に入りに追加

──本誌が発売されている頃には、受賞作が発表になっていますが、ひとまず、第143回の直木三十五賞の候補作が、7月1日に発表されました。そこで今回は、文芸担当のみなさんにお集まりいただき、候補選出の裏側を語っていただきます。

1008_ns_naokishou.jpg
第143回直木賞候補作一覧(文藝春秋公式HPより)。

 候補作を見ると、2010年本屋大賞と、第31回の吉川英治新人文学賞を両方受賞している冲方丁の『天地明察』(角川書店)と、この2年間、毎回候補に挙がり続けている道尾秀介の『光媒の花』(集英社)も、第23回山本周五郎賞を受賞。実力的には、この2作の一騎打ちかと思われますが。

A そのほかは、1997年に候補に挙がってから、4回目の候補となる、姫野カオルコの『リアル・シンデレラ』(光文社)、同じく3回目となる万城目学の『かのこちゃんとマドレーヌ夫人』(筑摩書房)。さらに中島京子『小さいおうち』(文藝春秋)、乾ルカ『あの日にかえりたい』(実業之日本社)ですね。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

連載