サイゾーpremium  > 特集  > 相次ぐ自殺、契約訴訟、金銭トラブル......

──今、第二次韓流ブームともいえるくらい、韓国人アイドルが日本の芸能界を席巻している。だが、彼らの母国・韓国の芸能界では、契約トラブルのほか、タレントの自殺、"枕営業"の暴露など、醜聞が続いている。かの国の芸能界は、どんな構造になっているのだろうか?

1004_cover_korea.jpg
公式HPより。

 2004年の『冬のソナタ』ブーム以来、日本のエンタメ界に定着した"韓流"だが、韓国の芸能事情までが今、注目を集めている。きっかけは、昨年7月から続く、東方神起の解散騒動だ。本誌09年9月号でも既報の通り、メンバーのジェジュン、ジュンス、ユチョンが契約内容の不公正を訴え、所属事務所・SMエンタテインメント(以下、SM)の契約効力を停止する仮処分をソウル地裁に申し立てたことで、韓国では5人での活動が不可能な状態に。正式な解散発表も近いと囁かれている。この騒動を受けて、「韓国ではタレントが奴隷契約を結ばされている」と、日本でも報道され、韓流に無関心な人の目まで引いている状況である。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年9月号

戦争と平和

戦争と平和

竹内渉、究極の"美尻"撮

竹内渉、究極の
    • 【竹内渉】が魅せた色香と素顔

インタビュー

連載