サイゾーpremium  > 特集  > 城下尊之×山口敏太郎「スキャンダルにつき...

前編はこちら

──ちょっと話を戻しますが、先日中山美穂さんが、主演映画のプロモーションで帰国してわざわざ夫婦仲のよさをアピール、なんて話も流れましたが……不仲説は別れさせたい事務所側の工作、という話もよく聞きますよね?

1004_shiro_2.jpg
城下尊之氏。

 事務所が不仲説を流しても、無意味なことはわかってるんですよ。中山美穂さんの場合、突然結婚ということになって、辻仁成さんが急にフランスに連れていっちゃって、仕事もいっぱいダメになったからね。だから、関係者の中には怒っている人もいて、そういう人たちが「今年こそ別れてほしいなぁ」と漏らせば、マスコミはそれを「不仲説」と書いちゃう。

 高島礼子さんもたまに出ますよね。

 あそこはうまくいってますよ。単なる夫婦ゲンカぐらいはあるみたいだけどね。それに、高知東生さんって、究極のモテ男だから。誰に対しても物腰が柔らかくて、自然に兄貴分みたいな感じになって、ついてこさせちゃう。

 人たらしなんですね。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年9月号

戦争と平和

戦争と平和

竹内渉、究極の"美尻"撮

竹内渉、究極の
    • 【竹内渉】が魅せた色香と素顔

インタビュー

連載

    • 【RaMu】二郎デビューしたんです。
    • 【川上愛】スパイに間違えられたモデル
    • 【菜々子】が一番大事
    • 【動画メディア】の未来と情報発信のあり方
    • 【萱野稔人】人間は"教育"によって生かされている(後)
    • 高須基仁の/【テレビ】はもう終わった
    • 盆踊りに【使徒】襲来
    • 中国大富豪たちの【ポッドキャスト】
    • 【RIZE】逮捕で考える薬物とロック
    • 町山智浩/【おしえて!ドクター・ルース】90歳のセックス・セラピスト
    • ポピュリズム政策【MMT】は日本経済の救世主か?
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/帝国の翳り
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/マンガ『1122』ソリューションとしての不倫
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 伊賀の里でビールを仕込む【忍者ブルワー】見参!
    • 幽霊、新しい大衆はもう猿を見ない。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』