サイゾーpremium  > 特集  > 告白本の仕掛人と書店員が選んだ"外せない...
第1特集
プロ書評家が厳選! 2009年"トンデモ"タレント本【2】

告白本の仕掛人と書店員が選んだ"外せない1冊"

+お気に入りに追加

"影"のないタレント本は誰も得しない

1001_watanabe.jpg

渡辺拓滋(EDGE STYLE編集長兼敏腕出版プロデューサー)

 今年、これはすごい! と思って、出版されてすぐに買って読んだのは、『襲撃 中田カウスの1000日戦争』ですね。カウスさんの証言もかなり長く入っていて、彼が警察で聴取を受けていた時に暴力を振るわれたことや、吉本興業の現経営陣対創業家のお家騒動の真相など、雑誌や新聞には載らなかったところまで肉迫して書かれた本なんです。特に、新体制になった吉本が、芸能界の古い体質であった"興業とヤクザ"の関係といかに決別しようとしたかという部分は、読みごたえがありましたね。 

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年11月号

間違いだらけの10代ビジネス

間違いだらけの10代ビジネス

映画界の伝説・角川春樹を再研究!

映画界の伝説・角川春樹を再研究!
    • 【角川春樹】映画界の生きる伝説
    • 【角川映画】日本映画史をつくった5本

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ