サイゾーpremium  > ニュース  > カルチャー  > "三足のわらじ"を履くイケメン占い師
ニュース
目指すは「携帯のムツゴロウさん」!?

"三足のわらじ"を履くイケメン占い師

+お気に入りに追加
0911_uranaishi.jpg
「執事占い」に「惑星占い」など、さまざまな占いを駆使するイケメン!

 イケメンが飽和状態になりつつある芸能界。もはやただイケメンなだけじゃ生き残れない厳しい状況の中、まるでこうなることを予測していたかのように、「占い」という特殊技能を身に付けたイケメンがいる。彼の名は桜倉ケン。すでにテレビや雑誌などで活躍している、占い界の若手ホープだ!年はおいくつ!?

「すみません、年齢は非公開なんです(笑)。あ、だからってそんなに年食ってるわけじゃないんですよ! 『若い占い師の言うことなんて……』と思われたら嫌なので、デビュー当時から年齢は明かしていないんです」

 と、はにかむ桜倉先生。中学1年生のとき、地
元・兵庫県の書店でタロットカードと解説書のセットを購入し、そのタロット占いによって自分や周囲の人のことを客観的に見つめられたことが、占いの世界に踏み入るきっかけになったそう。「イケメン占い師」という看板だけでも芸能生活は安泰そうだが、昨年夏にはミュージカルで「役者」デビューを飾り芸能界に参戦、最近は「携帯コメンテーター」としても活躍しているという。

「食費ケチッて1カ月に1回機種変更するほど、携帯電話が大好き(ハート)携帯には一つ一つに個性があって……あれはもう男のロマンですよ!!今使っているのはドコモの『SH-05A』で、今年でもう10台目になります。防水仕様だし、画質も音質も良いし……僕の望むクオリティがこれ1台に集約されているといっても過言じゃない。ゆくゆくは『携帯のムツゴロウさん』と呼ばれたいですね。培った経験が多ければ多いほど、占いで見えるものも増えてくるので、これからもどんどん自分のフィールドを広げていきたいです」

 現在は三足のわらじが、今後どこまで増えるのか……。桜倉先生の動向に注目!  (岩井卓人)

 さくら・けん
 10月31日生まれ。兵庫県出身。イケメン占い師として、情報番組『U・LA・LA@7』(東京MXテレビ)、雑誌『CHOKi CHOKi』(内外出版社)、『KERA』(インデックス・コミュニケーションズ)をはじめ、さまざまなメディアで活躍中。アメブロの公式ブログ〈http://ameblo.jp/sakura-ken/〉のほか、GREEの携帯サイト〈http://gree.jp/sakura_
ken/〉でもブログを更新中。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年9月号

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ