サイゾーpremium  > 特集  > 2009年11月号

2009年11月号

+お気に入りに追加

こ~んな身近にあった、ヤバい世界

ニッポンの<裏社会>学

経済大国ニッポンも、いまだ裏社会なしには成り立たない──。芸能界や政財界に食い込む闇勢力のヤリクチ、角川春樹、新堂冬樹、宮崎学ら、アウトローな男が語る権力と闇とのつばせり合い、もはや"裏"じゃない無修正AV最前線、さらには各国で密かに暮らすアナキストたちのユカイな活動から、カジノ法案をめぐるパチンコメーカーの暗躍ぶりまで、日の丸に隠れた"裏社会"をこっそり覗きましょう!

「性的倒錯は殺人に直結するか?」を徹底検証

性的倒錯と犯罪、その"危うい関係"とは?

今年7月に死刑が執行された「自殺サイト殺人事件」の犯人・前上博は、人が窒息して苦しむ姿に性的興奮を覚えたという。サディズム、マゾヒズム、小児性愛、スカトロジー......世にあまたある「性的倒錯」とは何か? そして、それらの性癖を持った人間は本当に危険なのか? 精神科医、法社会学者からマニアAV監督&女優まで、性的倒錯と犯罪の関係を直撃!!

音楽評論家、ドラマ評論家、そしてアイドル評論家がジャッジ!

音楽誌がゼッタイ書けない"嵐"批評

「来年、デビュー10周年を迎える頃には、トップの座に君臨している可能性もあるかもしれませんね」本誌08年11月号でこう予測した通り、ドラマに音楽にバラエティに、嵐の活躍には目を見張るものがある──。だが音楽、ドラマ、芸術の各評論家は、彼らをどう評価するのだろうか? ちょっぴりマジメな"嵐"評、やっちゃいます。
ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年9月号

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ