サイゾーpremium  > ニュース  > カルチャー  > 品行方正の椎名林檎は、もはや賞味期限切れ...
ニュース
〈検証〉そろそろヤバい? まだイケる?

品行方正の椎名林檎は、もはや賞味期限切れ!?【後編】

+お気に入りに追加

【前編】はこちら

放言&提言!芸人から熱狂的ファンまで、愛憎半ばする人たちより愛をこめて──
「11年目の椎名林檎」に物申す!

──昨年11月に行われた10周年記念ライブ「(生)林檎博'08〜10周年記念祭〜」。10年来彼女を見続けてきた4人が、その様子を収めたDVD「Ringo EXPO 08」(今年3月発売)をレビュー。はたしてそれぞれの目に、彼女はどんな変化を遂げたように見えるのだろうか?

「ギミックの天才が 大衆の生け贄になるところを再び!」

0905_makita.jpg
マキタスポーツ(芸人)
1970年生まれ。オフィス
キタノ所属の芸人にして、
ロックバンド「マキタ学級」
リーダー。

 あらためて言うのもなんなんですが、椎名林檎ってやっぱり抜群に歌がうまいですね。僕は勝手に彼女のことを「声帯のシルク・ドゥ・ソレイユ」って呼んでいるんですが、彼女は5種類の声色を使いながら、倍音を出すんです。狂気を表現しているようで、実はヒーリング効果がある。そこが、並のアーティストのヒステリックなだけの歌声と違うんです。それによって、性的な描写や人としての痛さを歌の中で表現できる。マンガに例えると、普通の人ならちょろっとした線で表現する「ヨダレ」を、彼女の場合は"立体感""匂い""照り"といった「質感」まで伝わるような、劇画調で描いてる。そういう質感を、音楽でいやらしく醸してるんですよ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年11月号

間違いだらけの10代ビジネス

間違いだらけの10代ビジネス

映画界の伝説・角川春樹を再研究!

映画界の伝説・角川春樹を再研究!
    • 【角川春樹】映画界の生きる伝説
    • 【角川映画】日本映画史をつくった5本

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ