サイゾーpremium  > 連載  > 徳光正行と岩井志麻子の「愛のズルむけい地」  > 本能で生きるアスリート その下半身に罪は...
連載
正行&志麻子の「愛のズルむけい地」第20回

本能で生きるアスリート その下半身に罪はない!

+お気に入りに追加
0904_zurumuke.jpg

正行 先日、MLBのスターであるロドリゲス選手の体から03年のドーピング検査で陽性反応が出ていたというニュースで、アメリカでは大騒ぎになりました。日本でも、元新体操の岡崎聡子が覚醒剤で5回目の逮捕をされたり、ラグビー選手の大麻事件や、大相撲に至ってはそれに加えて八百長疑惑に暴力事件と、プロスポーツ選手のスキャンダルが蔓延しています。スポーツ好きとしては、いろんな意味で歯がゆいですね。

志麻子 岡崎聡子といえば、昔、裁判で有罪判決を受けたその足で、コインロッカーに隠していた覚醒剤を取りにいって、そこでまた逮捕されたんですよね。ほかにもヌードになったり、婚約詐欺でホストに訴えられたりと、美人ゆえか因業な人生を送ってる方なので目が離せなかったんですが。

正行 プロテニスプレイヤーと一緒に覚醒剤で捕まったAV嬢・倖田梨紗も、再逮捕されましたよね。事件よりも、公表された写真があまりにパッケージと違うのが衝撃でした。幼児虐待で逮捕されたヤンママみたいで.……。しかも彼女、KAT-TUNの田中(聖)との2ショットをフライデーされたりと、本当、困るんですよ、AV嬢までもが僕らをスルーしてジャニーズにいっちゃったら、誰も相手してくれないですから! 美人なのにお盛んといえば、プロに挑戦中の元天才少女ゴルファー・金田久美子も、我々にも手が届きそうな"地元のキャバ嬢"みたいなイイ女に仕上がってます。中学時代は「第2の宮里藍」と言われたほど才能があるんですけど、高校時代に一気にギャル化しちゃって。まぁ、勝負師に品格を求めちゃいけないんですけどね。娘に賭けゴルフやらせていた横峯さくらパパしかり。

志麻子 韓国に、経済評論家の森永卓郎先生が女装したような女子ゴルファーがいるんですが、何がすごいって、基本的に韓国女性って整形してまでも「美人」と言わせることに命を懸けているのに、彼女の場合、その"女の命"のすべてを振り切ってゴルフに懸けているわけです。

正行 女子ゴルフは韓国勢が強いですからね。そのせいか、本当にみんな振り切ってるルックスで(笑)。

志麻子 女優宣言をして世間から冷笑を浴びた元水泳選手の田島寧子は、一部で「水ゴリラ」呼ばわりされてましたが、だからこそ人生を転落せずに済んだんでしょう。ハンパに美人だったら今頃ハメ撮り流出とか、AVとかに転落してたはずです。

正行 でも、デリヘルなら需要があると思います。僕が真っ先に指名しますから。

志麻子 公然わいせつで捕まったモーグルの里谷多英は、本当にスキそうですよね。あと、デリヘル嬢疑惑のあったスノボの今井メロも! メロとか多英って、「デリヘル顔」なんですよねぇ。キャバでもなくソープでもなくクラブホステスでもない。

正行 僕の経験からすると、ピンポーンってインターホンが鳴って、モニタで顔をチェックして「あー……うーん、どうしよう……。まっいいか、大丈夫だよな。テクだけはありそうだし」って、しばらく躊躇してから部屋に入れるタイプです。ヘルスとかソープも、ナンバー1に美人は少ないですよね。

東京にエロリンピックを!

志麻子 それにしても、メロもラップをやってましたが、大相撲の元若麒麟もラッパーと一緒に逮捕されちゃったんですよね。しかも、その翌日にいしだ壱成が女性問題で急に事務所を解雇って、ねぇ……。

正行 二股ぐらいで解雇されてたら、芸能人はみんな解雇されちゃいますよ(苦笑)。スポーツ選手のスキャンダルといえば、マルチっぽくてそのギリギリのところにいるのが、健康食品関係でしょうか。「私も愛用してます!」とか、プロ野球OBが広告塔になっていることって多いじゃないですか。スポーツ選手って、気の毒なんですよね。大卒だから賢いと思ったら大間違い。彼らの場合、勉強なんてしなくても、スポーツ推薦枠で大学に入れるんですから。

志麻子 今春から高校生になる息子を持つ身としては、同世代のゴルフの石川遼くんがどんな女に捕まるかが心配だわ。

正行 僕が予想するに、最初のスキャンダルの相手はAV嬢でしょう。だとしたら、我々的には好感度アップですね。スポーツ選手の下半身スキャンダルは、ごく自然なことであって、事件なんかじゃありません。だってあの方たちは、野性と本能で動く野獣でしょ? 本業のスポーツはともかく、女の扱い方を見てるとそう思いますよ。美人ならOK、いらなくなったらポイって感じの人も多い。特にプロ野球選手なんか、地方での愛人率が高いし、別れ方もひどい。元巨人の吉武真太郎とか、愛人のAV嬢が自殺未遂しちゃいましたからね。

志麻子 彼らの中学時代は、野球とオナニーをしてただけですから。

正行 高校になってやっと、甲子園に出たり顔が良かったりすると急にモテ始めて、自制が利かなくなるのも当たり前ですよ。しかし、実際にスポーツ選手の立場になって考えると、ぶつかったり転んだりと肉体的に疲労が激しいじゃないですか。だから、確かに大麻の常用はいけないけど、医療用大麻くらいなら許してやれよって、僕は思うんです。プロレスラーなんて、普段からすごい量の痛み止めを飲んでいるせいで、手術や治療の時に薬が効かないといった困ったケースが多いんですよね。

志麻子 AV事務所をやってる人に聞いたんですけど、所属女優に整形手術を受けさせたら、その娘が普段からシャブシャブしてたらしく、麻酔がまったく効かなかったので、そのまま手術を強行したそうです。先日逮捕された大物ミュージシャンの恋人兼歌姫だった彼女も、合法のおクスリをお菓子のようにポリポリ食べてたそうですね。

正行 それはきっと「心の痛み止め」でしょう。いろいろありましたからね。

志麻子 ところで、来年には冬季五輪がありますが、メロはもう出られないのかしら?

正行 いっそ風俗店を立ち上げて、そこで元スポーツ選手のアマゾネスをあっせんするとか? 絶対に需要がありますよ!

志麻子 五輪には出られなくても、メロ、エロで立ち上がれ!

正行 名アスリートは体が柔軟ですが、そういう女って、ヤッてもすっごいイイんですよ。アクロバティックな体位とか、もうね……(うっとり)。

志麻子 卓球の福原愛ちゃんは、「シャー!」って高速フェラが上手だと思うわ。

正行 グリップを握るテクは間違いなく日本一でしょう。「スポーツとエロの融合」、これこそ次世代イメクラですよ。もう、メイドとかスッチーコスプレとか言ってる時代じゃない。2016年に東京に招致すべきは、エロリンピックですよ!

〈今月の業人間♂〉

「サンバイザー王子」の呼び名は定着せず
石川 遼
1991年、埼玉県生まれ。高校生プロゴルファー。6歳で父の指導の下、ゴルフを始める。07年、マンシングウェアオープンKSBカップでアマチュアながら史上最年少で優勝。その才能と爽やかなルックスで「ハニカミ王子」として一躍人気者に。08年プロに転向し、獲得賞金が1億円を超える。09年には招待選手としてマスターズに出場するも、予選で敗退。

<今月の業人間♀>

ガンガン ズンズン グイグイ 下降中!?
今井メロ
1987年、大阪府生まれ。プロスノーボード選手。本名・夢露。兄・童夢、弟・緑夢とともに、幼少時から父親にスノボの英才教育を受ける。06年、トリノ冬季五輪に日本代表として出場。オリジナルのラップを披露するなどして注目を集め、成績次第では芸能界デビューも予定されていたが、予選敗退。07年、デリヘル疑惑を週刊誌にスクープされ、世間に衝撃を与える。

<プロフィール>
とくみつ・まさゆき
1971年、神奈川県生まれ。タレント。徳光和夫の二男。『5時に夢中!』(東京MXテレビ)でカルト的人気を得た後、『レディス4』(テレビ東京)のMCを経て、現在は『TOKYOモーニングサプリ』(TOKYO MX) などで活躍中。公式ホームページ「まさゆキズム

いわい・しまこ
1964年、岡山県生まれ。
少女小説家を経て、99年、『ぼっけえ、きょうてえ』で、日本ホラー小説大賞を受賞し再デビュー。媒体を股にかけ、エロと恐怖を本音で語る最凶オバハンキャラとして活躍中。『5時に夢中!』の木曜レギュラー。代表作は『タルドンネ 月の町』(講談社)、『べっぴんぢごく』(新潮社)。公式ホームページ


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年12月号