サイゾーpremium  > 連載  > 読者的  > 座談会には賛否両論!?
連載
読者様より編集部へ愛のムチ

座談会には賛否両論!?

+お気に入りに追加

「CA座談会」(2月号)がネット上で話題になっているのを見て、「サイゾー」を久しぶりに買いました。何超人なんだかわからないイラストがいっぱいあって、なんとなくおもしろそうな印象......と思ったまま読まずに数週間放置。字が小さいんですもん。
(和歌山県和歌山市 ゴロ助)

 表紙の足立梨花さん(2月号)、かわいいですねー。なんというか、今時珍しく、16歳らしい、年相応な感じのするタレントさんで、好感が持てました。まだまだ少女らしさというか、幼さが残っているあたりにハートを打ち抜かれました。写真も、きらきらしいのに快活さが全開の衣装で、とても良かったです。ポラロイドほしいです。
(名古屋市昭和区 蛇足)

 2月号は座談会特集だったようですが、なんだかいまいちやりたいことがわからなかったです。一つひとつの記事はおもしろいんですが、「......で、『サイゾー』は何が言いたいの?」という感じ。統一感がないというか、主張がないような......。オピニオン誌じゃないからそれでもいいといえばそうなんでしょうが、ちょっと「サイゾー」の今後が不安になりました。世間的に先行き不透明感が増してる今こそ、ビシッとしてほしい。社会の空気に同調するばかりが芸じゃないッしょ!

(東京都新宿区 Halfby)

「ギョーカイ裏覆面座談会」(2月号)はおもしろかった。 一番関心があったのは、歴史認識で更迭された田母神さんの話です。 政治家の歴史認識は、政治を考慮しすぎて卑屈と言わざるを得ません。 これでは将来の日本は、どうなるのかと思ってしまいます。 あのおかしな村山談話を批判するマスコミは、現れないんでしょうか。
(福島県本宮市 Yu50)

 連載の「合コン四季報」、おもしろいですね。変にアルファベットを使わずに、企業名が思いっきり書いてあるのが好印象です。100社くらいと合コンして、ランキングをつけてください(笑)。
(京都市左京区 やむちゃ)

 年末年始、ニュースと世間を騒がせた「派遣村」は一体なんだったんでしょうか? そしてあそこに集っていた人々は今いずこへ?いつの間にか解散していた感じですが、気にはなります。あのまま一年くらい日比谷公園に居座ってもおもしろかったのに......。長期化した場合、世間の非難はどこへ向くのか?社会あるいは人間の闇を暴くいい機会になるのではと思ったのですが、意外に終わりが早くて残念でした(不謹慎?)。でもまた夏あたり、同じように何かありそうですよね。そんなにすぐ景気も企業の方針も、変化するとは思えないですから。
(神奈川県相模原市 津久井子)

 最近、嫁がアメックスのクレジットカードを使わなくなったので(コストコ利用のためだけだったので)、解約しようとカスタマーセンターに連絡したら、なんかいろいろもらえたらしく、結局、今回は継続したとのこと。もらえたものは商品券などなんだけど、それ以外で「アメックスすげえ!」って思ったのは2009年のダイアリー帳。ひたすら巨大。すげーなー。アメックス。でかすぎて無駄だけど。
(札幌市中央区 task)

 小池里奈ちゃんの大ファンです。2月号では彼女を取り上げてくださって、ありがとうございました。が、悲しいくらいインタビューが短い! もっとしゃべらせてあげてください......。いつか表紙での起用を期待してます!
(山梨県甲府市 中条喜代志)

 嫁の妊娠中に、出産に立ち会う約束をしました。でもいざとなると、怖じ気づいて病室に入れず、結局見ることなく終了。あとでキレられました。想像したら怖くなってしまった......。なんで立ち会いが推奨されてるのか、さっぱり意味がわからん。リクルートの陰謀?
(東京都杉並区 五反田君)

 毎回楽しく読ませていただいております。ぜひ「サイゾー」で、今の公務員について取材していただきたいです。知名度最下位県の我が栃木県の知事は、この不況の最中、知事選前は県職員給料を下げました。が、再選したらなんと! 給料を上げるという暴挙に出ています。栃木県だけではなく各県で、公務員の給料は下げず、地方債を発行して安穏と動いてしまうこの世の中、異常だとしか言いようがありません。
(栃木県宇都宮市 マサル)


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年9月号

戦争と平和

戦争と平和
    • 平和を願った【ジャニー喜多川】の戦後史
    • 【スピルバーグ映画】が訴える戦争
    • アメリカの【アトミック・カルチャー】
    • 【PTSDになった日本兵】の悲しき境遇
    • 【BTSDアメリカ兵】を描いた傑作映画
    • 米軍では反発も…【LGBT自衛隊員】の憂鬱
    • 戦争を金に!【トランプ】の魂胆
    • ドラッグ、殺人【米ラッパー】の司法戦争
    • アイドルが歌う【反戦歌】と音楽業界
    • 【激戦地区】の異文化と気候の地政学
    • 【映画監督・塚本晋也】ベトナム戦争映画のトラウマの意義
    • 【映画監督・想田和弘】GoProで撮影された映画で観客が失神
    • 【映画監督・宮崎大祐】戦争の記憶を掘り起こす異常な暴力映像
    • 【ラッパー・Kダブシャイン】禁断のアメリカ史を描いたフィルムメーカー
    • 【イスラーム映画祭主宰・藤本高之】中東紛争に肉薄した3作品
    • 卍とハーケンクロイツ【ナチスと仏教】の結びつき
    • 国防としての【サイバーセキュリティ】

竹内渉、究極の"美尻"撮

竹内渉、究極の
    • 【竹内渉】が魅せた色香と素顔

NEWS SOURCE

    • 【関ジャニ錦戸】退所報道の舞台裏
    • 【ソニー】音楽ビジネス大改革の裏側
    • 【秋元司・内閣府副大臣】の疑惑とは

インタビュー

    • 【上原実矩】──"年金"で女優業に目覚める !?
    • 【田川隼嗣】──18歳が月9の現場で武者震い
    • 【釈迦坊主】──元ホストラッパーの光と闇

連載

    • 【RaMu】二郎デビューしたんです。
    • 【川上愛】スパイに間違えられたモデル
    • 【菜々子】が一番大事
    • 【動画メディア】の未来と情報発信のあり方
    • 【萱野稔人】人間は"教育"によって生かされている(後)
    • 高須基仁の/【テレビ】はもう終わった
    • 盆踊りに【使徒】襲来
    • 中国大富豪たちの【ポッドキャスト】
    • 【RIZE】逮捕で考える薬物とロック
    • 町山智浩/【おしえて!ドクター・ルース】90歳のセックス・セラピスト
    • ポピュリズム政策【MMT】は日本経済の救世主か?
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/帝国の翳り
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/マンガ『1122』ソリューションとしての不倫
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 伊賀の里でビールを仕込む【忍者ブルワー】見参!
    • 幽霊、新しい大衆はもう猿を見ない。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』