サイゾーpremium  > 特集2  >  "貧乏"アイドルvs"ドS"アイドル ...
第2特集
2009年ブレイク必至!要注目アイドルBEST50【1】

"貧乏"アイドルvs"ドS"アイドル 「私たち、こうやって売れたい!!」

+お気に入りに追加
0902_2toku_uehara.jpg
貧乏話が面白い、とテレビや雑誌にひっぱりだこの上原美優

 アイドル特集【1】の記事では、ファンから見た「ブレイク」の持つ意味、そしてここ最近のアイドル業界の流れを大まかに眺めてみた。さらに具体名を挙げてオススメアイドルを紹介していく前に、アイドルの側から見た"ブレイク"についても考察してみたい。

 そこで、アイドル特集【1】の記事で本企画トップ写真にも登場してもらった、目下プチブレイク中の2人のアイドルに、アイドル業界について語ってもらった。

 ひとりは、「大家族貧乏アイドル」という新たなジャンルを切り開き、『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ)、『サンデー・ジャポン』(TBS)などに出演するなど、現在バラエティ番組で名を上げつつある上原美優。もうひとりは、Iカップのバストで「日テレジェニック2008」に選出された美巨乳グラビアアイドルながら、最近は『さまぁ~ず式』(TBS)などで見せる"Sキャラ"が好評を博し、バラエティでもその名を知られつつある手島優。ともに、若槻千夏や木下優樹菜を生んだ芸能プロ・プラチナムプロダクションの所属である。


 タイプは少々異なれど、09年はブレイク必至と本誌が見込んだこの2人。彼女たちにとって、「ブレイク」なる言葉はどのような意味を持つのか?

──08年は、お2人ともブレイクの予兆を感じさせる1年でしたね。

手島 優(以下、) 去年の6月に「日テレジェニック」に選んでいただき、それをきっかけにグラビアやバラエティのお仕事が増えました。それまではホント、毎日がヒマで(笑)。

上原美優(以下、)  私の場合は、夏に出演させていただいた『踊る! さんま御殿!!』がきっかけですね。そこで披露した家族の貧乏話がウケて、それからいろんな番組に呼んでいただけるようになったんです。

 美優ちゃんの貧乏話は、ホント衝撃だったよね。家の中で傘を差しながらご飯を食べてた話とか。

 種子島にいる頃は、それが普通だったから......マネージャーさんに「面白いから書きためておいて」と言われるまで、それが珍しい話だとすら思っていなかったし。

 そのネタ帳、ある意味うらやましいかも。私、今度バラエティ番組の企画で、なぜか「R-1ぐらんぷり」に出場することになったの。

 すごい! ピンのお笑い芸人じゃない!

 うん。お笑いは大好きだし、楽しいんだけどね。ひとりでコントとかやってると、ふと「自分はどこへ向かっているんだろう?」とか考えちゃう瞬間もあったりして......。

 私も、貧乏話で人を笑わせることに快感を覚えるようになっちゃって。アイドルって自覚を忘れそうになるときすらあるかも。

──2人にとって、「ブレイク」とはどんなイメージ?

 ブレイクか、なんだろう。でもやっぱり、『笑っていいとも!』(フジテレビ)のテレフォンショッキングに呼ばれることかなあ。あの扉から出てきて、タモリさんに「思ってたより狭いんですね〜」とか話しかけてる自分をよく妄想してます(笑)。

 私は昔から、紅白出演に憧れています。そんなお仕事ができたら、確実にブレイクですよね!!

 そしたらもう「大家族貧乏アイドル」じゃなくなっちゃうじゃん。

 あ、いま、噂の「Sキャラ」が出ましたね(笑)。でも実際、街ですれ違う人に「あ、貧乏のコだ」とか言われるから、ちょっと複雑な気分になる。

Sキャラが人気の手島優

 私も、さまぁ~ずさんの番組で「Sキャラ」を見いだされて以来、「Sの人だ」とか「巨乳のコだ」とか呼ばれることが増えた。でも、街中で気づいてもらえるのは、すごくうれしいよね。

 そう! 以前は気づかれることすらなかったから。次は、「貧乏のコ」じゃなくて「上原美優」と認識されることが目標かな。

 ステップアップといえば、水着撮影のときにもちょっと感じたかも。簡単にいうと、エロいポーズを要求されることが減った(笑)。

 そんなことあるんだ~。私もテレビ局の待合室でダウンタウンの浜田(雅功)さんと隣の席になったときは、「芸能人になった感」がありました。しかも、「がんばれよ」って声をかけていただいて......ホント感激でした。


 私もみのもんたさんと隣の楽屋になったことがあるんだけど、隣にいるってだけでミョーに緊張しちゃって、ひとり部屋なのに正座してたもん。でも、楽屋を用意してもらえるようになったのもうれしいよね。

 私も、自分の名前が書いてある紙とか、いちいち写メしちゃいます。さっきから、「気づかれた」とか「楽屋もらえた」とか、小さな話ばかりしてるような気もするね(笑)。でも、そういう実感の積み重ねが、ブレイクにつながっていくのかも。

 ホントだね。私はひとり暮らしなんだけど、今年の「日テレジェニック」に選んでいただく前はホントにヒマで、ずっ~と部屋にこもってたからなー。しかも栄養士の免許持ってるから、料理を作っては食べ、作っては食べ、の繰り返しで、体重もかなりいっちゃってて。その頃に比べれば、今はものすごく充実してるな。

 東京に来て一番ビックリしたのは、水道料金だったの。種子島では井戸の水を使ってたから。最初に支払い通知が来たときは、詐欺だと思ってクレーム電話かけちゃいました。今はちゃんと水道代を払うことも覚えたし、だいぶ成長したってことかな。

 そんな美優ちゃんの感覚のほうが確実にビックリだけど......これからも、ますますがんばらなきゃだよね。

09年の大きな目標はノーパンを改める!!

──ブレイクを目指す2人にとって、09年の目標とは?

 今年も「貧乏アイドル」に磨きをかけ、もっと皆さんに知ってもらえるようになりたいですね。今は、記憶をたどったり家族に聞き込み調査したりして努力しているところです(笑)。

 さっきの「R-1ぐらんぷり」もそうですが、「笑いのとれるグラビアアイドル」を目指して、もっと勉強していきたいですね。もちろん、「爆乳戦隊パイレンジャー」【註/手島優、愛川ゆず季などの5人で結成されたグラビアアイドルユニット。ユニット名義でDVDも発売されている】など、おっぱいを強調した水着仕事も、引き続きがんばっていくつもりです。

 それにしても、「爆乳戦隊」ってまたスゴイ名前だね......。

 5人の爆乳による「パイエナジー」で、地球の平和を守ります。今年も我々に任せてください!!(笑)

 アイドル業界ってほんと、なんでもありの時代だよね。

 美優ちゃんの貧乏ネタも、相当スゴイとこまでいってると思うよ。

 最近、『サンデー・ジャポン』(TBS)によく出演させていただいてるんだけど、私の地元の種子島では映らないみたいで。だから私が出演した番組はビデオに録画して実家に送ってて、母がパチンコでゲットしたデッキで見てるみたい。それはさておき、種子島はホントにいいところなので、PRのためにもがんばります!!

 親孝行に島孝行。偉い! 私も、芸能活動には反対だった父から最近ようやく認めてもらえて、ホントにうれしかったな。ちなみに美優ちゃんは目標のタレントさんとかいる?

 ベッキーさんとか、事務所の先輩でもある若槻千夏さんとかかな。トークもできて、マルチに活動できるようなタレントになりたいです。

 私も、マルチな活動には憧れる。目標は小池栄子さん。グラビア、バラエティ、女優と複数のスイッチを持っていて、それを上手に切り替えながらお仕事なさってますよね。あんなタレントになりたいなあ。

 今年こそ、ノーパンでコンビニに行くクセを直さなきゃ。

 最後にまたスゴイ話するね(笑)。

(構成・文/エリンギ・岡島紳士・清田隆之(BLOCKBUSTER))
(写真/菅野ぱんだ)

上原美優(うえはら・みゆう)
1987年、鹿児島県種子島生まれ。10人きょうだいの大家族に育ち、父は現在76歳。「出生場所はパチンコ屋の駐車場」「7枚のパンツを4姉妹で取り合っていた」などの逸話をバラエティ番組で披露し、一躍有名となる。

手島 優(てじま・ゆう)
1984年、栃木県生まれ。バストは95cmのIカップ。「日テレジェニック2008」に選出される。特撮DVD『爆乳戦隊パイレンジャー』レッド役。セクシーからお笑いまで幅広くこなすマルチアイドルとして、人気上昇中。2人の最新情報については、プラチナムプロダクション公式携帯サイト「ぴ写っ!」にて。〈http://ptptpt.jp〉


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

欲望のグラビア学

欲望のグラビア学
    • 【都丸紗也華】とタピオカのモード撮
    • 三代目JSB【ELLY】の七変化
    • 【西村歩乃果】TikToKのアイドルが魅せる
    • 【MC・DK】ヒップホップの筋肉美
    • 奇跡の三十路【森ニーナ】がB-GIRLに!
    • 【100センチバスト】がウケる理由
    • 【撮影会】の元祖は海女さんだった!?
    • 【#MeToo時代】の問うグラビアの是非
    • 【心霊写真】のグラビア的価値とは

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那
    • 【大和田南那】20歳目前の美ボディ

NEWS SOURCE

    • 【サイゾー×Fresh!】グラドル発掘
    • 【ラウンドガール】圧巻の美脚!

インタビュー

    • 【中村里帆】──変顔が得意なCM美女
    • 【なみちえ】──藝大JDがラップする理由
    • 【DaichiYamamoto】──京都の新世代ラッパー

連載

    • 表紙/【北向珠夕】33歳に見られたんです。
    • なんとなく、【クリステル】
    • 【リクナビ】内定辞退率が法律違反以上にマズイわけ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(前)
    • 高須基仁/年末にブレイクするのは【山里良太と稲垣吾郎】
    • 【盆踊り×SNS】の親和性
    • 世界最強の【麻雀AI】を生んだ中国人研究者
    • 【ライオネル・リッチー】の逆襲
    • 町山智浩/【アメリカン・ファクトリー】中国資本の米工場を追う
    • 【ラグビーW杯】醍醐味はブレークダウン
    • 小原真史「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/笑う全裸監督
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【さよならミニスカート】を読む娘へ
    • アッシュ・ハドソン「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子「佳子様偏愛採取録」義
    • ビールと人を作る!【ブルワーを育てるブルワー】
    • 更科修一郎/幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』