サイゾーpremium  > ニュース  > カルチャー  > チバユウスケが口を開く、詞、音楽、変わら...
0812_chiba.jpg

日本のロックシーンの最前線に立ち続けるチバユウスケ。96年のデビュー以来、自身のバンドの詞の大半を書き、歌ってきた彼が言う、「結局俺は変わらない」。その言葉の真意とは?

 初めて歌詞を書いたのは高校生のとき。あんま言いたくないけど『it's only rock'n roll』ってやつ。まんまストーンズだよな(苦笑)」

 thee michelle gun elephant、ROSSO、Midnight Bankrobbers、The Birthday──。これまで幾多のバンドを率いてきたチバユウスケの言葉が、あのしゃがれ声でマイクを通して放たれてきた言葉の数々が、1冊の詩集になった。1994年のデビューから約15年分、自らがセレクトした125曲が収録された処女詩集『ビート』(フォイル)。直筆歌詞ノートやイラスト、そしてそれぞれに「サキソフォンと蛇はとてもよく似てる」(『サキソフォン・ベイビー』)と、ぶっきらぼうな書き下ろしのサイドストーリーがついている。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年8・9月号

衝撃のアート論

衝撃のアート論
    • タブー表現で魅せる【若手アーティスト】
    • 漢 a.k.a. GAMIとD.Oが【リヒター展】へ
    • 現代アートグッズ【転売事情】
    • 唯一無二の【B-BOY彫刻家】
    • 【ビジネス書×アート】の功罪
    • 【芸能人アート】原色使いがち問題
    • ヒップホップと【NFT】の邂逅
    • 【仏画】という芸術論
    • 今、見るべき【戦争写真集】
    • 【排除アート】と都市の美化
    • 排除アートの【アート】
    • 【Adobe】“帝国”研究

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【マルサの女】雪平莉左
    • 【後藤直義】GHOST IN THE TECH
    • 【丸屋九兵衛】バンギン・ホモ・サピエンス
    • 【雨宮純】現代怪事廻説
    • 【クロサカタツヤ】ネオ・ビジネス・マイニング
    • 【神保哲生×宮台真司】マル激 TALK ON DEMAND
    • 【萱野稔人】超・人間学
    • 【辛酸なめ子】佳子様偏愛採取録
    • 【笹 公人×江森康之】念力事報
    • 【小原真史】写真時評
    • 【七瀬アリス】下着と水着の考証学
    • 【田澤健一郎】体育会系LGBTQ
    • 【澁川祐子】味なニッポン戦後史
    • 【AmamiyaMaako】スタジオはいります
    • 【脳内パステル みさき】シラナイマチトワタシ
    • 【DJ DARUMA(PKCZ(R))& JOMMY】BLACK PAGE
    • 【町山智浩】映画でわかるアメリカがわかる
    • 【更科修一郎】批評なんてやめときな?
    • 【花くまゆうさく】カストリ漫報
サイゾーパブリシティ