> 連載  > 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第22回

病気・肥満・貧困を生む食ビジネスの"負の連鎖"

―― 【今月の映画】『フード・インク』「病気・肥満・貧困」の一因は食品業界にあり。アメリカ人が食べているモノの多くは、大企業と政府機関によるコントロール下で製造される"工業製品"であるという、食ビジネスのお...

病気・肥満・貧困を生む食ビジネスの
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第21回

悲劇を映してしまった親友の遺児へのビデオ

―― 【今月の映画】『親愛なるザカリー(Dear Zachary)』監督のカート・クインは、親友の遺児であるザカリーのためにこのビデオを撮り始めた。つまり、これはザカリーのためだけに撮り始められたプライベー...

悲劇を映してしまった親友の遺児へのビデオ
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第20回

発明を盗まれた男と大企業との執念の戦い

―― 【今月の映画】『天才のひらめき』(原題:Flash Of Genius)カーンズ家の大黒柱・ロバートは間欠ワイパーを発明し、ある日、フォード社に売り込むも採用してもらえず。しかし、後にそのアイデアが同...

発明を盗まれた男と大企業との執念の戦い
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第19回

カード社会アメリカの笑えない借金地獄ぶり

―― 【今月の映画】『マックスト・アウト』(原題:Maxed Out)学生でも、失業者でも、カード破産者でも、いまや誰でも簡単にローン契約ができてしまうアメリカ社会。カード業界が潤う一方で、クレジットカード...

カード社会アメリカの笑えない借金地獄ぶり
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第18回

危機に揺れるデトロイト その誇りは永遠に

―― 【今月の映画】『グラン・トリノ』(C)2009 Warner Bros. Entertainment Inc. and Village Roadshow Films (BVI) Limited. Al...

危機に揺れるデトロイト その誇りは永遠に
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第17回

米国民が待ち続けた大統領の謝罪の言葉

―― 【今月の映画】『フロスト×ニクソン』 (C)2008 Universal Studios. All RIGHTS RESERVED 政界復帰を狙う元大統領リチャード・ニクソンから"謝罪"を引き出すこ...

米国民が待ち続けた大統領の謝罪の言葉
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第16回

水ビジネスの民営化は人類を破滅させる行為!?

―― 【今月の映画】 『007/慰めの報酬』ダニエル・クレイグを主演に迎えた前作『007/カジノ・ロワイヤル』のエンディングから、1時間後の設定。心から愛した女を自殺に追いやった組織への復讐心と、任務のはざ...

水ビジネスの民営化は人類を破滅させる行為!?
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第15回

ゲイのために戦い殺された、伝説の英雄

―― 【今月の映画】『ミルク』 同性愛者への差別が激しかった70年代。ゲイであることを公言し、サンフランシスコ市の市会議員となった活動家のハーヴェイ・ミルク。セクシャルマイノリティの地位向上のために命懸けで...

ゲイのために戦い殺された、伝説の英雄
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第14回

ただパパに愛されたくて大統領になったダメ男

―― 【今月の映画】『W.』『JFK』でケネディ、『ニクソン』でニクソンと、米大統領の伝記映画を手がけてきた監督が、現大統領ブッシュの"実像"に迫った最新作。ブッシュを戦争に駆り立てた"本当の理由"はなんだ...

ただパパに愛されたくて大統領になったダメ男
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第13回

アメリカを愛しすぎた伝説の"愚か者"

―― 【今月の映画】『ゴンゾ/ハンター・S・トンプソンの生涯と作品』 05年、コロラド州の自宅で頭に銃をぶっ放し、自ら命を絶ったノンフィクション作家のハンター・S・トンプソン。アメリカ国民を驚愕させ、魅了し...

アメリカを愛しすぎた伝説の
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第12回

史上最悪の借金地獄で大国がマジで大ピンチ!

―― 【今月の映画】『I.O.U.S.A.』財政赤字、貿易赤字、貯蓄不足、指導者不足で、いまやアメリカは政府も国民も、史上最悪の借金まみれ! 一般の納税者をはじめ、政府の役人、投資家らが、アメリカの金融危...

史上最悪の借金地獄で大国がマジで大ピンチ!
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第11回

瀕死のハリウッドからバカ映画が消える日

―― 【今月の映画】『WALL・E/ウォーリー』人類がゴミだらけの地球を捨て、巨大移民船で外宇宙に旅立ってから700年後の29世紀。ひとりぼっちのゴミ処理ロボット・ウォーリー(♂)は、ある日、ピカピカの最新...

瀕死のハリウッドからバカ映画が消える日
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第10回

人は30日間ハッパを吸い続けたらどうなる!?

―― 【今月の映画】『スーパーハイ・ミー(Super High Me)』医療目的でのマリファナの使用が合法化されている、カリフォルニア州。そこに住むコメディアン、ダグ・ベンソンが、30日間マリファナをスッパ...

人は30日間ハッパを吸い続けたらどうなる!?
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第9回

アイアンマンは本当に正義のヒーローなのか?

―― 【今月の映画】『アイアンマン』日本では認知度はイマイチだが、全米で大人気のアメコミ作品の映画化。巨大軍事企業の社長スターク(ロバート・ダウニーJr.)が、自ら開発した究極のパワードスーツを装着して巨悪...

アイアンマンは本当に正義のヒーローなのか?
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第8回

ハリウッドが認めたアジア系ヒーローって?

―― 【今月の映画】『ハロルド&クマー/グアンタナモからの脱出』 クソ真面目な韓国系アメリカ人・ハロルドと、超だらしないインド系アメリカ人・クマー、まったく正反対の性格の親友2人が、ひょんなことからテロリス...

ハリウッドが認めたアジア系ヒーローって?
サイゾープレミアム

2019年12月号