> 201205の検索結果

201205 の検索結果

連載
DANDY長瀬ハワイのセクハラAV問答【8】

ズボン越しの勃起アピールはアリ!? 股間見せつけは彼氏なしの娘に行うべし!!

―― 今月のセクハラ問答相手 アパレル系OL・U子(26歳)アパレル関連会社に勤める3年目のOL。4カ月前に合コンで知り合った彼氏とアツアツ交際の真っただ中。

ズボン越しの勃起アピールはアリ!? 股間見せつけは彼氏なしの娘に行うべし!!
連載
写真時評~モンタージュ 現在×過去~

鬼才・荒木経惟が撮る現在進行形の3・11

―― 写真はあらゆるものを撮った先から過去にしていくから、厳密に言えば現在や未来を写すというのは不可能なメディウムだ。しかし一枚の写真に別の写真や言葉をモンタージュすることで浮かび上がってくる現在というのも...

鬼才・荒木経惟が撮る現在進行形の3・11
連載
キングオブコメディ・高橋健一とアイドルライター・小明の「卑屈の国の格言録」第1回

執念でアイドルを続ける女と、明確な目標のない芸人が語る「格言なんて、ぶっちゃけ結果論」

―― どんなに立派なお言葉も、決して素直に受け取らない卑屈家が2人。そのこじれた思考に、偉人たちの格言を浴びせてみると……?

執念でアイドルを続ける女と、明確な目標のない芸人が語る「格言なんて、ぶっちゃけ結果論」
第2特集
女子アナと報道番組【5】

食べ顔でわかる次世代女子アナの品格──テレビで不快感を与えない品格の女王は誰だ?

―― ここまで、現在の報道番組を船頭する女子アナたちについて見てきたが、いずれ、世代は交代する。そこで、各キー局の報道番組を担うであろう、次世代の女子アナたちが見せた”食べている時の顔(=食べ顔)”から、彼...

食べ顔でわかる次世代女子アナの品格──テレビで不快感を与えない品格の女王は誰だ?
連載
萱野稔人の"超"現代哲学講座 第21回

財政、行政、経済の仕組み……民主主義が実現すると、諸制度が破綻する!?

―― 東日本大震災から一年が経ちました。大震災とそれにつづく福島第一原子力発電所の事故は、日本社会にいくつもの大きな問題を突きつけましたが、そのなかの一つに「専門家はどこまで信頼できるのか」という問題があり...

財政、行政、経済の仕組み……民主主義が実現すると、諸制度が破綻する!?
第2特集
女子アナと報道番組【4】

小宮悦子の侵食で地方局アナピンチ!? 報道番組における本当の女子アナ需要

―― ここまで、各報道番組における女子アナの”テクニック”について分析してきたが、現役の女子アナたちから見たとき、彼女たちはどう映るのか? 3人の現役アナウンサーにお集まりいただき、言いたい放題の品評会を...

小宮悦子の侵食で地方局アナピンチ!? 報道番組における本当の女子アナ需要
連載
花くまゆうさく

「カストリ漫報★」

―― 花くまゆうさく「カストリ漫報★」

「カストリ漫報★」
第1特集
女子アナと報道番組【3】

東大生なら鈴江アナの『NEWS ZERO』!? ニュース番組”実力偏差値”ランキング

―― ニュース番組に信頼性が強く求められている昨今だからこそ、女子アナのルックスだけでなく、能力まで含めてきちんと評価したいもの。というわけで、ニュース番組における女性アナウンサーを、技術力を中心に採点。大...

東大生なら鈴江アナの『NEWS ZERO』!? ニュース番組”実力偏差値”ランキング
第2特集
女子アナと報道番組【2】

専門家たちが辛口チェック!サイゾー式女子アナ偏差値に見る人気報道番組の真価

―― 先の見えないテレビ不況の中、各局が報道番組における女子アナの起用をめぐって試行錯誤を続けていることは当特集【1】で述べた通りだが、その一方で、視聴者が報道番組や女子アナに向ける目も変わってきている。メ...

専門家たちが辛口チェック!サイゾー式女子アナ偏差値に見る人気報道番組の真価
第2特集
女子アナと報道番組【1】

もう”アイドル”女子アナではやっていけない!? 女子アナ力で見る人気報道番組の偏差値

―― これまで本誌では、公共電波を使ったビジネスを展開するテレビ局に対し、女子アナのアイドル化と軽薄化を売りにした番組制作に苦言を呈してきた。だが昨今の女子アナは、お堅いイメージの報道番組に出演し、社会問題...

もう”アイドル”女子アナではやっていけない!? 女子アナ力で見る人気報道番組の偏差値
連載
「はてなブックマークニュース」編集長が選ぶネット事件簿

人気エントリー定点観測@はてな 「ネットに残り続ける平和な日常の記録」

―― 東日本大震災発生後のはてなブックマークが、地震や原発事故、放射線など、震災に関連したエントリーでいっぱいだったことを今でもよく覚えています。あれから1年がたち、はてなブックマークには震災前と同じように...

人気エントリー定点観測@はてな 「ネットに残り続ける平和な日常の記録」
連載
アダルトグッズのすゝめ【2】

【吉村卓】──性技の達人が”嫌がられない”グッズの使い方を伝授!

―― 草食系男子ではないが、淡泊なセックスで満足している男子諸君に「性」への関心を深めてもらうため、エースゼロワンの担当がオススメのアダルトグッズを引っさげて登場。今回は、女性の気分を盛り上げ、快感度をアッ...

【吉村卓】──性技の達人が”嫌がられない”グッズの使い方を伝授!
インタビュー
孫正義に振り回された男が激白!?

元・総務相原口一博特別インタビュー マスコミが伝えない「光の道」構想の本質

―― 今月の「ソフトバンクと孫正義」特集では、孫正義氏とその事業について論を進めてきたが、そんな孫氏に振り回された男がいる。元・総務大臣の原口一博、その人だ。原口氏が09年に掲げた「光の道」構想は、孫氏のプ...

元・総務相原口一博特別インタビュー マスコミが伝えない「光の道」構想の本質
連載
神保哲生×宮台真司 「マル激 TALK ON DEMAND」 第64回

東大話法が生んだ聖域とタブー

―― 福島原発事故以降、これについて発言する多くの専門家や政治家の言い回しに違和感をもった人は少なくないはずだ。東京大学教授・安冨歩氏の著書『原発危機と「東大話法」』では、こうした違和感を丁寧に解説している...

東大話法が生んだ聖域とタブー
第1特集
孫正義の”信仰”とは?

ルポマンガ家・村田らむが直撃!孫正義の「やりましょう」のルーツ(?)新宗教団体・善隣教に迫る!!

―― 2010年、孫正義と新宗教団体・善隣教の教主との対談を掲載した同団体の広報誌を、ある情報誌が紹介した。しかしその真相は、いまだにつかめていない。孫正義と善隣教の関係はどのようなものなのか。彼の仕事にも...

ルポマンガ家・村田らむが直撃!孫正義の「やりましょう」のルーツ(?)新宗教団体・善隣教に迫る!!
第1特集
孫さんより三木谷さんを尊敬してます!

ITベンチャーへの転職は起業への踏み台? “SBの転職事情”を楽天と比較してみた

―― 企業好感度も上がり続けているというソフトバンク。今から転職したい人は、何をもって採用に臨めばいいのか? 異業種ながら、ソフトバンクと同じくITベンチャーとして成功を収めている、楽天との比較でその実態を...

ITベンチャーへの転職は起業への踏み台? “SBの転職事情”を楽天と比較してみた
第1特集
ソフトバンク社員覆面座談会

孫社長の朝令暮改にうんざり……『やりましょう』は不安のタネです! 社員たちが語るソフトバンク

―― 孫正義社長の朝令暮改的な業務命令に振り回される、ノルマがきつくてまるでブラック企業状態など、時にさまざまな噂が流れるソフトバンクだが、その社員たちは、日夜なにを考えどんな志で働いてるのか? 特に情報管...

孫社長の朝令暮改にうんざり……『やりましょう』は不安のタネです! 社員たちが語るソフトバンク
連載
お騒がせ男の“最初で最後の懺悔録”―高須基仁の「全摘」 新連載No.01

志のないグラビア界へ、これが私の遺言状だ!長澤まさみの撮影秘話暴露!

―― 2011年12月号の本誌コラムで「今はヘアヌードではなく、無毛が礼賛されている」と書いた。実は、これと同じ話を、フォーシーズンズホテルの日本料理店で「週刊現代」(講談社)の鈴木章一編集長にも話していた...

志のないグラビア界へ、これが私の遺言状だ!長澤まさみの撮影秘話暴露!
連載
──短歌と写真が奏でる「新しい報道」のカタチ

念力事報 第46回「洗脳と絆のあいだ」

―― ──短歌と写真が奏でる「新しい報道」のカタチ

念力事報 第46回「洗脳と絆のあいだ」
第1特集
人気のソフトバンクCMの裏側【3】

実写版『荒川アンダー ザ ブリッジ』監督・飯塚健が勝手に提案する白戸家CMの最終回とは?

―― 2011年、史上初の5年連続CM好感度No.1を獲得したソフトバンク。そのメインCMのひとつが、上戸彩らが出演する、白戸家シリーズだ。日本史上最長の放送時間を記録するなど、話題を呼び続ける同CMはこれ...

実写版『荒川アンダー ザ ブリッジ』監督・飯塚健が勝手に提案する白戸家CMの最終回とは?
第1特集
人気のオリジナルグッズを検証

ストラップ、湯のみ、折りたたみ自転車にラーメンまで!白戸家お父さんグッズ大カタログ

―― ソフトバンクのCMに登場するお父さんをモチーフにしたお父さんグッズ。これらのグッズはキャンペーンと連動しており、作りも内容も凝っていて、とても魅力的だ。販促のためのストラップやぬいぐるみと言うと、ただ...

ストラップ、湯のみ、折りたたみ自転車にラーメンまで!白戸家お父さんグッズ大カタログ
連載
女のからみ酒【2】

泥酔ゲロ女はモテない

―― どうすれば男にモテるかなんて、よい子のみんなはもう知っているよね! 「すごーい(ハート) えらーい(ハート) こんなの初めて……(ハート)」とか適当に言っておけばいいんです。知ってる。でもやらない。だ...

泥酔ゲロ女はモテない
第1特集
人気のソフトバンクCMの裏側【2】

CM好感度はソフトバンクが1位!広告・CMに見るケータイキャリア3社の各種評判徹底比較

―― 業界3位の強みを活かして戦うソフトバンクモバイルと、その猛追を受けるドコモ・auの2社。それぞれの広告は、どれくらい世間に”効いている”のか? 関連・影響の反映される5分野のデータから比較してみた。

CM好感度はソフトバンクが1位!広告・CMに見るケータイキャリア3社の各種評判徹底比較
第1特集
人気のソフトバンクCMの裏側【1】

お父さん犬人気はますます加熱中? SMAP起用には孫さんの対抗意識が?──コストパフォーマンス最高!の広告戦略

―― 広くお茶の間に知られるところとなったソフトバンクのCM。さぞかし莫大なお金をかけて投下されている……と思いきや、実はここ数年、広告費はドコモやauよりもお安い計算になっていた。費用対効果バツグンの広告...

お父さん犬人気はますます加熱中? SMAP起用には孫さんの対抗意識が?──コストパフォーマンス最高!の広告戦略
連載
「テクノロジーから見る! 業界アウトルック」No.01

自分撮りブログから現場写真のGoogle+へアイドルたちがITの進化で手に入れたもの

―― 旬の女優から読者モデル、インディーズバンドまで、あまねく芸能活動(めいたもの含む)を行う人間なら、猫もしゃくしもブログを持つのが当たり前。そしてこの状況をさらに一歩推し進めたのは、ほかならぬAKB48...

自分撮りブログから現場写真のGoogle+へアイドルたちがITの進化で手に入れたもの
第1特集
サービスとプロダクトの戦略【4】

「ITmedia」に偏向報道はあらずや? 孫さんに都合の悪い情報は掲載しないソフトバンク系メディアの中立性を検証

―― 総合出版社のソフトバンク クリエイティブやネットニュース大手の「ITmedia」など、ソフトバンクグループはメディア事業においても、その存在感を誇示している。しかし、そこでの報道に親会社であるソフトバ...

「ITmedia」に偏向報道はあらずや? 孫さんに都合の悪い情報は掲載しないソフトバンク系メディアの中立性を検証
第1特集
サービスとプロダクトの戦略【2】

ヤフー、ホークス、WILLCOM、サイバー大学……教育にも手を伸ばしたソフトバンクの事業展開

―― ソフトバンクHDが35・45%の株式を保有し、グループ会社の中で強い関係性を持つヤフー。創業以来代表を務めた井上雅博氏が退任を発表し、後任の宮坂学氏が4月1日にCEO、 6月には社長に就任する。「宮坂...

ヤフー、ホークス、WILLCOM、サイバー大学……教育にも手を伸ばしたソフトバンクの事業展開
第1特集
サービスとプロダクトの戦略【1】

ソフトバンクが頼り続ける”モバイル戦略”の危うさ──グループのビジネス戦略を徹底分析!

―― ソフトバンクグループの事業は、実に多岐にわたる。一大コングロマリットとなった同グループの真の狙いはなんなのか──肥大した全貌を見通し、その先行きを占ってみた。

ソフトバンクが頼り続ける”モバイル戦略”の危うさ──グループのビジネス戦略を徹底分析!
第1特集
評伝から読み解く孫正義

『あんぽん』著者・佐野眞一が語る「“うさんくささ”が生んだ孫正義のカリスマ性の本質」

―― 「週刊ポスト」(小学館)の連載時より大反響を得た、ソフトバンク・孫正義の評伝『あんぽん』(同)。ノンフィクション不毛の時代といわれる中、版を重ね、今や15万部を達成、現在も売れ続けているという。毀誉褒...

『あんぽん』著者・佐野眞一が語る「“うさんくささ”が生んだ孫正義のカリスマ性の本質」
ニュース
精神科の患者ひとり当たりの平均診察時間5分

“劣悪”精神医療と製薬会社の思惑が自殺者量産!?

―― 昨今、「日本の精神医療のあり方が、自殺者数の高止まりに繋がっているのでは?」と危惧する声が、自殺防止に取り組む関係者の間で囁かれている。十分な診察がされないまま必要量以上の薬が処方され、患者が大量服薬...

“劣悪”精神医療と製薬会社の思惑が自殺者量産!?
連載
宇野常寛の批評のブルーオーシャン 第24回

ポスト・前田敦子のAKB48

―― 3月25日、さいたまスーパーアリーナで行われた3日連続コンサートの最終日、AKB48の前田敦子が同グループからの「卒業」を宣言した。創設時からAKB48の「不動のセンター」として活躍してきた前田の「卒...

ポスト・前田敦子のAKB48
第1特集
文化人・財界人が語る孫正義の功罪【9】

反原発アイドル・藤波 心が語る孫正義──孫正義のリツイートが14歳に与えた衝撃

―― 原発事故が起こって10日余り過ぎた11年の3月23日に、自分のブログ「ここっぴーのへそっぴー」に、『批難覚悟で…』というタイトルの記事を書いたんです。原発事故の汚染について、その危険性を伝えることが”...

反原発アイドル・藤波 心が語る孫正義──孫正義のリツイートが14歳に与えた衝撃
第1特集
文化人・財界人が語る孫正義の功罪【8】

関東学院大学准教授・岡嶋裕史が語る孫正義──情報の流れを掌握して再配布、吉と出るか?

―― ソフトバンクという会社が何を目的としているかというと、情報を一回掌握して個人がアクセスしやすい形にして再配布すること、そして、情報の流れをすっきりさせるということに、極めて高いモチベーションを持ってい...

関東学院大学准教授・岡嶋裕史が語る孫正義──情報の流れを掌握して再配布、吉と出るか?
ニュース
専属契約は結んでもらえない!

芸能リポーターは”絶滅種”になる? 井上公造 氏がテレビに出続けるワケ

―― 今、テレビ界で芸能リポーターが”絶滅危機”だと揶揄されているという。彼らの主戦場といえば、昼帯番組を中心に民放各局がしのぎを削る「ワイドショー」。中でも不動の人気コーナーとして茶の間に定着している芸能...

芸能リポーターは”絶滅種”になる? 井上公造 氏がテレビに出続けるワケ
第1特集
文化人・財界人が語る孫正義の功罪【7】

ジャーナリスト・安田浩一が語る孫正義──差別から這い上がった強い精神が弱者を見放す?

―― 『あんぽん』を上梓するにあたって、私も佐野眞一さんと一緒に、孫正義さんのインタビューに同席していました。孫さんは、柔らかい物腰でありながら、なんとも言えないすごみがあり、対峙していて緊張しました。

ジャーナリスト・安田浩一が語る孫正義──差別から這い上がった強い精神が弱者を見放す?
連載
脱力・ニュースジャパン No.77

【今月の教訓】ごめんで済んだら警察いらん

―― 人の家に強盗に入ったうえに「きちんと戸締まりしなきゃいかん」などと説教するのが”説教強盗”。大正末から昭和初期に活躍(?)した妻木松吉という男が元祖らしい。風俗で一発ヌイておいて「こんなところで働いて...

【今月の教訓】ごめんで済んだら警察いらん
第1特集
文化人・財界人が語る孫正義の功罪【6】

元日本原子力産業協会参事・北村俊郎が語る孫正義──自然エネルギー礼賛の陰に見え隠れする不安

―― 孫さんは、3・11以降、原子力発電から太陽光などの自然エネルギーへの転換を目指すとして、私費10億円を投じて「自然エネルギー財団」を設立。さらに、メガソーラー(大規模太陽光発電所)構想を発表し、2万キ...

元日本原子力産業協会参事・北村俊郎が語る孫正義──自然エネルギー礼賛の陰に見え隠れする不安
第1特集
文化人・財界人が語る孫正義の功罪【5】

東京新聞論説副主幹・長谷川幸洋が語る孫正義──自然エネルギー事業を貶める”政商”批判に異議あり!

―― 孫正義氏が自然エネルギー事業の推進を打ち出していることなどに対して、「政商である」などといって批判する人がいるようですが、その批判は立脚している前提自体が不確かなものだと言わざるを得ません。つまり、「...

東京新聞論説副主幹・長谷川幸洋が語る孫正義──自然エネルギー事業を貶める”政商”批判に異議あり!
インタビュー
「実録モノは警察からニラまれる!」

【村上和彦】──『アウトレイジ』だけ全国公開は理不尽! 暴排条例で消える“実録映画”

―― 2011年、暴力団排除条例が全都道府県で施行され、ヤクザへの締め付けが厳しくなった。ヤクザを描くVシネマの脚本家・村上和彦に、暴排条例の影響を聞いた。2011年10月、東京都と沖縄県で暴力団排除条例(...

【村上和彦】──『アウトレイジ』だけ全国公開は理不尽! 暴排条例で消える“実録映画”
第1特集
文化人・財界人が語る孫正義の功罪【4】

カレル・ヴァン・ウォルフレンが語る孫正義──彼は歴史的な起業家(アントレプレナー)だ!

―― 私は最新刊の『日本を追い込む5つの罠』(角川oneテーマ21)の中で、TPP、財政緊縮、原発、沖縄、国民の無関心という5つの問題に潜む罠を取り上げました。中でも原発問題に潜む罠は「多種多様な再生可能エ...

カレル・ヴァン・ウォルフレンが語る孫正義──彼は歴史的な起業家(アントレプレナー)だ!
第1特集
文化人・財界人が語る孫正義の功罪【3】

経済アナリスト・森永卓郎が語る孫正義──自然エネルギーへの進出が最初の読み違いに?

―― ソフトバンクは、創業以来、時価総額の上昇をもとにしてM&Aを繰り返していました。90年代には、世界最大級のコンピューターの展示会だったコムデックスや、「PC WEEK」というコンピューター主要誌の出版...

経済アナリスト・森永卓郎が語る孫正義──自然エネルギーへの進出が最初の読み違いに?
ニュース
キンドル発売でどうなる?

キンドル発売の狂騒に隠れたアマゾンの”出版社格付け”問題

―― 日本経済新聞(2月11日付)の記事によると、世界最大のインターネット通販サイト「アマゾン・ドット・コム」が、4月に電子書籍端末「c」を日本で発売すると発表した。周知の通り、2000年11月に日本上陸を...

キンドル発売の狂騒に隠れたアマゾンの”出版社格付け”問題
連載
佐々木俊尚の「ITインサイド・レポート」 第47回

アップルが中国で生む雇用は、アメリカでの約10倍! 労働のフラット化が止まらない──

―― フェイスブックがとうとう株式上場を果たした。その時価総額は約8兆円。この数字には、ただ単に莫大なだけではない意味がある。そこから見えてくるのは、労働市場のとらえ直しの必要性だ──。

アップルが中国で生む雇用は、アメリカでの約10倍! 労働のフラット化が止まらない──
インタビュー
「孫さんみたいにテレビとUstreamをただ融合してもダメ!」

【伊集院光】──“黒”伊集院が見せる、自らのタレント性をダメにする地上波NG番組

―― 地上波テレビと、ラジオ、自らが企画・構成・編集まで行うDVDと、出演するメディアによってさまざまな顔を見せる伊集院光に、本当に”面白い番組”について聞いた。

【伊集院光】──“黒”伊集院が見せる、自らのタレント性をダメにする地上波NG番組
連載
田中圭一の[ビジネススキル向上SFマンガ]未来からのシナン~目指せ!アタリーマン~

【第一回】ビジネスの救世主 働気指南登場! 取引先のムチャぶりを回避せよ!!

―― 田中圭一の[ビジネススキル向上SFマンガ]未来からのシナン~目指せ!アタリーマン~ 第1回

【第一回】ビジネスの救世主 働気指南登場! 取引先のムチャぶりを回避せよ!!
第1特集
在日韓国人から見た『あんぽん』

韓国では国賓扱いの”孫正義”、評判差別に悩み、貧困に翻弄された幼少期──在日コリアンは『あんぽん』をどう読んだのか?

―― ノンフィクション作家の佐野眞一氏が書いた孫正義伝『あんぽん』。同書にはこれまで知らなかった等身大の孫正義が随所に描かれている。孫には”ソフトバンクの創業者””情報革命の伝道師””「脱原発」推進派”など...

韓国では国賓扱いの”孫正義”、評判差別に悩み、貧困に翻弄された幼少期──在日コリアンは『あんぽん』をどう読んだのか?
ニュース
長澤まさみが主演予定だった期待のドラマが白紙に!

NHKが講談社に激怒!長澤まさみ主演ドラマをめぐる”原作モノ”の罠

―― NHKが講談社を訴える──そんな話が舞い込んできた。 2010年に放送された浅田次郎原作の『蒼穹の昴』や、10年の池井戸潤原作『鉄の骨』など、これまでも講談社刊の小説を原作に、数々のテレビドラマを制作...

NHKが講談社に激怒!長澤まさみ主演ドラマをめぐる”原作モノ”の罠
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第55回

戦争が人間を変える傷痍軍人の癒えない傷

―― フォトジャーナリストのダンファン・デニスは、アメリカ海兵隊と共に、アフガニスタンの戦地へと赴いた。彼はそこで、兵士のネイサン・ハリスと出会う。戦地で被弾したネイサンは故郷へと戻るのだが、平和な日常の中...

戦争が人間を変える傷痍軍人の癒えない傷
第1特集
文化人・財界人が語る孫正義の功罪【2】

元アスキー社長・西和彦が語る孫正義──唯一無二のベンチャー精神を脅かすのは”取り巻き”と”海外戦略”

―― 孫さんの立派なところはいくつもあるけど、一番目にすごいと思ったのは、95年に、まだ社員が5~6人しかおらず、利益も上がっていなかったヤフーという会社に100億円もの投資を行ったことです。当時ヤフーにそ...

元アスキー社長・西和彦が語る孫正義──唯一無二のベンチャー精神を脅かすのは”取り巻き”と”海外戦略”
第1特集
文化人・財界人が語る孫正義の功罪【1】

[iモード設立者・現ドワンゴ取締役]夏野剛が語る孫正義──ドコモもauも自分の土俵に引きずり込んだ勝負師の3つの功績とは?

―― ──かつてNTTドコモでiモードを立ち上げ、現在はドワンゴ等の取締役として活躍する夏野剛氏。ケータイ業界を熟知し、孫氏とはドコモ時代からの付き合いだという夏野氏に、3つのキーワードでソフトバンク躍進の...

[iモード設立者・現ドワンゴ取締役]夏野剛が語る孫正義──ドコモもauも自分の土俵に引きずり込んだ勝負師の3つの功績とは?
サイゾープレミア

2017年8月号

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 椿原愛「和製ミランダ・カーのチラリズム」

連載