サイゾーpremium  > 特集  > 女子アナ  > ニュース番組の【実力偏差値】ランキング

──ニュース番組に信頼性が強く求められている昨今だからこそ、女子アナのルックスだけでなく、能力まで含めてきちんと評価したいもの。というわけで、ニュース番組における女性アナウンサーを、技術力を中心に採点。大学偏差値ランキングばりに徹底分析してみた。

「サイゾー式女子アナ偏差値」とは?
テキトーに作ったように見えるかも知れないが、実は偏差値を求めるためのれっきとした計算式。基本的にはこれを用いて、編集部が独自に採点した女子アナ総勢75名(!)の得点から各人の偏差値を算出した。ただし、報道担当の女子アナを評価するならキャスター能力を重視するのが当然ということで、キャスター能力点のみ2倍換算とした。

1205_hensachi.jpg

A=基礎能力点(発声、滑舌、語彙力、知識、教養などを10点満点で評価)
B=キャスター能力点(即応力、番組進行力、報道姿勢などを10点満点で評価)
C=好感度点(容姿、異性・同性受け、真摯さ、信頼性などを10点満点で評価)

なんかソコソコ

【日東駒専レベル】

■なんか情緒不安定
井上あさひ(30)
NHK『ニュースウオッチ9』 (平均視聴率10.4%)
偏差値59

1205_inoue01.jpg

81年、岡山県生まれ。お茶の水女子大学文教育学部卒。04年入局。
放送/平日21時~22時 メインキャスター/大越健介、井上あさひ スポーツキャスター/廣瀬智美 気象キャスター/井田寛子

某女子アナの評価では「声質は低音で非常に良く、ナレーションは絶品」と技術面では太鼓判だが、信頼性の面では「常に黒目が震えていて情緒不安定な感じ。視聴者を不安にさせる」と手厳しい。人の心を落ち着かせるのもアナの重要な仕事であり、しかも子どもから高齢者までが視聴する公共放送の看板報道番組だけに大きなマイナス点だ。同じくプライム帯の『報道ステーション』に視聴率で大きく水をあけられているひとつの要因かもしれない。

たいしたものです

【MARCHレベル】

■滝クリのお色気を継承
秋元優里(28)
フジテレビ『LIVE2012 ニュースJAPAN』 (平均視聴率5.1%)
偏差値65

1205_akimoto.jpg

83年、東京都生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒。06年入社。
放送/月~木23時30分~23時55分、金23時58分~24時23分、土25時~25時15分、日24時30分~24時45分 メインキャスター/秋元優里 コメンテーター/和田圭(フジテレビ解説委員)ほか 

09年、滝川クリステルの後任に立候補して抜擢された秋元アナ。発声面でも滝クリ流を継承し、「あまり口をパクパク開けず、夜のバーカウンターで『ンねぇ、聞いてよン』みたいな感じの、この時間帯の視聴者層と雰囲気に合わせた読み方」(某女子アナ)だ。報道番組とはいえ、フジテレビらしいエンターテインメント性を重視した、キャスターの能力とキャラ次第という構成のため、秋元アナが意外なほどすんなりと番組になじんで人気を獲得したことは高く評価されるべきだろう。

■安心感ある変わり身ぶり
久保田智子(33)
TBS『Nスタ』 (平均視聴率5.1%)
偏差値64

1205_kubota.jpg

77年、広島県生まれ。東京外国語大学外国語学部卒。00年入社。
放送/平日16時53分~19時、日17時30分~18時 メインキャスター/堀尾正明、久保田智子(平日)

多くの番組への出演経験を持つ久保田アナだが、難しいのは番組ごとのキャラの演じ分け。「コロコロ変えすぎると、ニュースを読むときに視聴者の信頼を得られない。彼女はそのあたりが非常にうまい」(原元氏)。ワイドショー的側面の強い同番組は、練達の技を持つそんな彼女に支えられているのだ。

■異色の経歴が開花する
倉野麻里(32)
テレビ東京『NEWSアンサー』 (平均視聴率1.6%)
偏差値62

1205_kurano.jpg

80年、東京都生まれ。上智大学理工学部卒。02年入社。
放送/平日16時52分~17時20分 メインキャスター/大浜平太郎 サブキャスター/倉野麻里

テレ東女子アナの多くが経験する『WBS』内「トレンドたまご」の担当を5年間務めて積み重ねたマニアックな取材経験と、数学科出身とい異彩を放つ経歴を持つ。現状サブに甘んじているが、「話題を絞って独自の視点から深く掘り下げていく」をコンセプトとする同番組にはうってつけの人材かも。

私大のツートップ

【早慶レベル】

■存在感と気高さ
膳場貴子(37)
TBS『NEWS23X』 (平均視聴率5.9%)
偏差値69

1205_zenba.jpg

75年、東京都生まれ。東京大学医学部卒。97年NHK入局。06年フリーに転身。
放送/月~木22時54分~23時45分、金23時30分~24時15分 メインキャスター/膳場貴子 スポーツキャスター/出水麻衣 コメンテーター/播摩卓士(TBS解説委員) 

原元氏が「視聴者を安心させる存在感のある読み方で、気高さがある」と分析するように、視聴者は彼女にアナとしての信頼性と能力の高さを感じるようだ。ただ「被災地からメッセージを述べようとして一瞬言葉に詰まったとき、おもむろに手メモを取り出したのにはガッカリした」(某女子アナ)というように、ジャーナリストとしての真の能力には疑問符も。良くも悪くも筑紫哲也ありきだった前番組からのイメージを塗り替えられるかは、ひとえに彼女のジャーナリスト能力の有無にかかっている。

■ヘタウマなバルセロナ
陣内貴美子(48)
日本テレビ『news every.』 (平均視聴率3.9%)
偏差値67

1205_jinnai.jpg

64年、熊本県生まれ。92年、女子バドミントン日本代表として五輪出場。
放送/月~木16時53分~19時(金17時~) メインキャスター/藤井貴彦 キャスター/陣内貴美子ほか 

アナ出身ではないが、「一種のヘタウマで、『私、世の中のことがよくわかってないんです~』というポジション取りが最高にうまい」(某女子アナ)。空気を読む力、肌感覚の鋭さはさすが体育会系出身。「ミンナが、生きやすく」という主婦や高齢者を意識した番組コンセプトにも合致した人選といえる。

■一歩下がって男を立てる
上山千穂(36)
テレビ朝日『スーパーJチャンネル』(平均視聴率4.3%)
偏差値69

1205_kamiyama.jpg

75年、兵庫県生まれ。聖心女子大学文学部卒。98年入社。
放送/平日16時53分~19時(土日放送もあり) メインキャスター/渡辺宜嗣、上山千穂 サブキャスター/加藤真輝子ほか

「スタンダードなハキハキとした話し方で、とても聞き取りやすい」と原元氏絶賛のニュース読み。小宮悦子アナでさえ台本読みに終始させたテレ朝だけに、上山アナも番組内では「一歩下がって男性アナを支える」という立ち位置だが、受け答えの端々に能力の高さがにじみ出ている。

総合力が必要

【旧帝大レベル】

■深みのある発声
小郷知子(33)
NHK『NHKニュース7』 (平均視聴率15.2%)
偏差値71

1205_kogou.jpg

78年、東京都生まれ。早稲田大学商学部卒。02年入局。
放送/月~日19時~19時30分 メインキャスター/武田真一(平日)、小郷知子(土日祝) サブキャスター/久保田祐佳ほか 

「週末のお茶の間を意識してか、語りかけるような深みのある発声でくつろいだ空気を作るのが上手」(原元氏)な小郷アナ。公共放送の看板ニュースとして全報道番組中トップクラスの認知度と視聴率を誇る同番組において、彼女の微笑を絶やさない落ち着きある態度は、国民に安心感と信頼感とを抱かせる大きな要因になっているはず。NHKだけに意見を述べることは皆無だが、地方局で揉まれた経験を基礎にどんな時事問題にも反応できるだけの底力を折々で感じさせる。

■場数が違うぜ
安藤優子(53)
フジテレビ『FNNスーパーニュース』(平均視聴率7.0%)
偏差値71

1205_ando.jpg

58年、千葉県生まれ。上智大学国際学部卒。80年デビュー。
放送/平日16時50分~19時 メインキャスター/安藤優子、大島由香里(隔週)、ほか コメンテーター/木村太郎ほか 

技術力は高くないが、「ガツガツした読み方だからこそ、現場の感覚を伝えられるし説得力も増す」(原元氏)、「踏んでいる場数の多さが『彼女なら信用できる』という安心感につながっている」(稲増教授)等、称賛の声多数。彼女の存在こそが、同時間帯の民放番組中トップの視聴率を維持し続ける原動力なのだ。

■テレ朝の次期エース
小川彩佳(27)
テレビ朝日『報道ステーション』(平均視聴率12.8%)
偏差値74

1205_ogawa.jpg

85年、東京都生まれ。青山学院大学国際政治経済学部卒。07年入社。
放送/平日21時54分~23時10分 メインキャスター/古舘伊知郎 サブキャスター/小川彩佳ほか 

入社時から高い意欲と能力を発揮し、「わずか3カ月間の研修で番組に配属され、ディレクター志望の同期らを蹴散らして企画が採用されていた」(原元氏)という小川アナ。古舘メインで構成されている同番組においてその能力を活かす場面は限られるが、今後、テレ朝の報道を引っ張っていくのは間違いない。

文句なしの最高学府

【東大京大レベル】

■圧倒的エース
鈴江奈々(31)
日本テレビ『NEWS ZERO』 (平均視聴率7.1%)
偏差値76

1205_suzue.jpg

80年、神奈川県生まれ。慶應義塾大学経済学部卒。03年入社。
放送/月~木22時54分~23時58分、金23時58分~24時58分 メインキャスター/村尾信尚 サブキャスター/鈴江奈々 その他出演者/櫻井翔(嵐)、桐谷美玲(モデル)、ホラン千秋ほか

「『私という人間が伝えます』という存在感を重視した発声で、エースの風格が漂う」(原元氏)鈴江アナ。のみならず「官僚出身でアナウンスメント力の低い村尾キャスターや、嵐の櫻井、カンペ丸読みの桐谷らを彼女ひとりで支えて、なんとか番組の体を保っている」(某女子アナ)等々、専門家の間でベタ褒め。ドラマ・バラエティ班のスタッフが制作に携わり、エンタメ色の強い同番組においては必然ともいえる負の側面を独力で穴埋めできる力量の持ち主だ。

■才能と努力の稀有な合体例
下平さやか(39)
テレビ朝日『Sunday!スクランブル』(平均視聴率4.3%)
偏差値76

1205_shimohira.jpg

73年東京都生まれ。早稲田大学法学部卒。95年入社。
放送/日12時~12時55分 男性司会/小木逸平 女性司会/下平さやか 

スキャンダル続きの下平アナだが、実は「実力は尋常でなく、現場では完全にエース」(原元氏)とか。雰囲気作りから間の取り方、質問の振り方等、キャスター能力が高いだけでなく、空き時間に自ら出稿部へ出向いて原稿を書く努力家でもあるという。報道系アナの主戦場たるプライム帯への進出が待たれる。

■大物相手に切り込む豪胆
小谷真生子(47)
テレビ東京『ワールドビジネスサテライト』(平均視聴率3.9%)
偏差値75

1205_kotani.jpg

65年、大阪府生まれ。平安女学院短期大学英文科卒。98年『WBS』のメインキャスターに就任。
放送/平日23時~23時58分 メインキャスター/小谷真生子 経済キャスター/森本智子 

短大卒の元スッチーという異色の経歴ながら、「女性らしさで話しやすい雰囲気を作りつつ、財界の大物相手でも切り込んでいく手腕は見事」(原元氏)等、司会能力は高い。時代を先取りして世界経済の分野に取り組み、他局にも信奉者の多い同番組において、彼女の専門性の高さは必須の要素となっている。

【駐】「平均視聴率」は、ビデオリサーチの関東地区視聴率データをもとに、3月1日~25日の平均視聴率を算出したもの。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

サイゾーパブリシティ