サイゾーpremium  > 特集  > IT  > 【経済アナリスト・森永卓郎】が語る孫正義の読み違い
第1特集
文化人・財界人が語る孫正義の功罪【3】

経済アナリスト・森永卓郎が語る孫正義──自然エネルギーへの進出が最初の読み違いに?

+お気に入りに追加

1205_mirinaga.jpg

経済アナリスト
森永卓郎(もりなが・たくろう)
1957年生まれ。経済アナリスト。東京大学経済学部卒。三和総合研究所などを経て、現在、獨協大学経済学部教授。オタク文化や玩具にも造詣が深い。

[ソフトバンクと孫正義の評価]
【○】携帯・ITに関しては、独特の鋭い嗅覚で、一歩間違えれば倒産しかねない大型の投資・買収を乗り切った。そのセンスはさすが。
【×】自然エネルギーへの進出に関しては、正義感に目が曇って、いつもの鋭い勘が狂っているのでは。初めての大失敗となる可能性大。

■「年収300万円時代」など、経済の動向を先取りして分析してきた経済アナリストならではの視点で、孫正義の虚妄を突く。

 ソフトバンクは、創業以来、時価総額の上昇をもとにしてM&Aを繰り返していました。90年代には、世界最大級のコンピューターの展示会だったコムデックスや、「PC WEEK」というコンピューター主要誌の出版元だったジフ・デービスを次々と買収。それが成功すれば、また時価総額が上がり、新たなM&Aに向かう。企業を拡大させているといえば聞こえはいいですが、自転車操業そのもので、実質的には本体の実業がない企業でした。砂上の楼閣を積み上げていたようなもので、危険極まりない経営をしていたのです。そこで危機感を抱いた孫氏は、彼の持つ資産すべてをかけて、ブロードバンド参入という大勝負にでました。ここで、虚業から実業への転換を図ったのです。ヤフー!BBがスタートしたのは01年ですが、同じ年に崩壊したITバブルの構造は、1920年代のアメリカで、自動車産業の発展と高速道路網の発達がバブルを巻き起こし、29年に崩壊したのと酷似していました。また、情報化の進展と、そのためのインフラストラクチャの構築というビジョンは、通産省(現・経済産業省)によって70年代以降一貫して唱えられてきたものです。そのような古くからある潮流のいわばビッグウェーブにうまく乗って、虚業から実業へと脱皮を遂げた。ここに現在のソフトバンクの成功へと至るターニングポイントがありました。 

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

欲望のグラビア学

欲望のグラビア学
    • 【都丸紗也華】とタピオカのモード撮
    • 三代目JSB【ELLY】の七変化
    • 【西村歩乃果】TikToKのアイドルが魅せる
    • 【MC・DK】ヒップホップの筋肉美
    • 奇跡の三十路【森ニーナ】がB-GIRLに!
    • 【100センチバスト】がウケる理由
    • 【撮影会】の元祖は海女さんだった!?
    • 【#MeToo時代】の問うグラビアの是非
    • 【心霊写真】のグラビア的価値とは

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那
    • 【大和田南那】20歳目前の美ボディ

NEWS SOURCE

    • 【サイゾー×Fresh!】グラドル発掘
    • 【ラウンドガール】圧巻の美脚!

インタビュー

    • 【中村里帆】──変顔が得意なCM美女
    • 【なみちえ】──藝大JDがラップする理由
    • 【DaichiYamamoto】──京都の新世代ラッパー

連載

    • 表紙/【北向珠夕】33歳に見られたんです。
    • なんとなく、【クリステル】
    • 【リクナビ】内定辞退率が法律違反以上にマズイわけ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(前)
    • 高須基仁/年末にブレイクするのは【山里良太と稲垣吾郎】
    • 【盆踊り×SNS】の親和性
    • 世界最強の【麻雀AI】を生んだ中国人研究者
    • 【ライオネル・リッチー】の逆襲
    • 町山智浩/【アメリカン・ファクトリー】中国資本の米工場を追う
    • 【ラグビーW杯】醍醐味はブレークダウン
    • 小原真史「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/笑う全裸監督
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【さよならミニスカート】を読む娘へ
    • アッシュ・ハドソン「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子「佳子様偏愛採取録」義
    • ビールと人を作る!【ブルワーを育てるブルワー】
    • 更科修一郎/幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』