> 精神科の検索結果

精神科 の検索結果

第1特集
精神障害者を描いたマンガ群

描く者、読む者を癒やすタブーなきメンヘルマンガの世界

―― うつ病やアルコール依存症の体験を赤裸々に描いた『失踪日記』(イースト・プレス)。2005年に出版された往年の人気マンガ家・吾妻ひでおによるこの作品は、文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞、手塚治虫文化賞...

描く者、読む者を癒やすタブーなきメンヘルマンガの世界
第2特集
現代医療とビジネス【4】

製薬会社の利権渦巻くイガクムラの実態 患者を薬漬けにする不可解な薬ビジネス

――  精神科に対する理解が深まる一方で、その中には、効能の薄い薬を高額で処方している医師などもいるようだ。では、実際にどんな薬が金儲けに使われているのか? 医師に処方された薬を飲んでいれば間違いないという...

製薬会社の利権渦巻くイガクムラの実態 患者を薬漬けにする不可解な薬ビジネス
第1特集
医療業界の"闇"精神病院のタブーはなぜ生まれたのか?【2】

突然死は約28倍、自殺も約15倍のリスクがあるとも……精神病患者に処方される薬の副作用

―― 精神病の治療には薬が欠かせないが、その一方で、これらの薬物はさまざまな副作用を身体にもたらすことが明らかになっている。

突然死は約28倍、自殺も約15倍のリスクがあるとも……精神病患者に処方される薬の副作用
第1特集
医療業界の"闇"精神病院のタブーはなぜ生まれたのか?【1】

半世紀にも及ぶ長期入院患者やついには暴行による死亡事件まで……精神病院のタブー

―― 症状は落ち着いているのにもかかわらず、退院することができず、一生を精神病院の中で終える──。精神病患者のそのような不幸な状況を生み出し続けてきた背景には、この国独自の精神保健政策の歴史があった。

半世紀にも及ぶ長期入院患者やついには暴行による死亡事件まで……精神病院のタブー
第2特集
雅子妃の本当のご病状【5】

雅子妃ご病気の経緯とともに考察 「24時間電話相談」はかえって悪影響の可能性あり!?

―― 前章までで論じた、雅子妃の「ご病状」に関するメディア分析。本章ではそれを踏まえ、現役精神科医に雅子妃の症状を分析してもらった。雅子妃の担当医である大野裕医師による治療の妥当性も含め、雅子妃ご回復の可能...

雅子妃ご病気の経緯とともに考察 「24時間電話相談」はかえって悪影響の可能性あり!?
第2特集
雅子妃の本当のご病状【4】

「適応障害」なる語が意味するものとは? 現役精神科医が徹底分析する「雅子妃の”気分変調症”と皇室の未来」

―― メディアが雅子妃をどう報じ、雅子妃にどんな影響を及ぼしてきたかについては前ページまでで論じた通りだ。雅子妃を今日のような苦境に追い込んだ責任と批判を、メディアは回避し得ないだろう。

「適応障害」なる語が意味するものとは? 現役精神科医が徹底分析する「雅子妃の”気分変調症”と皇室の未来」
サイゾープレミアム

2019年7月号

乃木坂46・斉藤優里「7秒のしあわせ」

乃木坂46・斉藤優里「7秒のしあわせ」
    • 【斉藤優里】卒業記念写真集