> 健康の検索結果

健康 の検索結果

第1特集
ピタピタのヨガウェアがエロい!?【1】

土屋太鳳に桐谷美玲、菅野美穂まで!――さや姉のエロいグラビアも!? ヌケる“筋トレグラビア”考

―― ここ数年の健康ブームもあってか、筋トレやヨガをテーマにした雑誌はたくさんある。その中で見られるヨガウェアがエロいという男性の目線もあるようだ。実際に、AVでもこのジャンルは存在する。筋トレ雑誌の“エロ...

土屋太鳳に桐谷美玲、菅野美穂まで!――さや姉のエロいグラビアも!? ヌケる“筋トレグラビア”考
第1特集
ピタピタのヨガウェアがエロい!?【2】

水着から着衣グラビアへの中間ポイント?――やっぱりエロい雑誌の筋トレグラビア

―― 水着はもうやらないけど、トレーニングウェアなら……脱ぐ方と脱がす方、双方の目論見が合致したと思われる禁断の筋トレ雑誌を紹介!

水着から着衣グラビアへの中間ポイント?――やっぱりエロい雑誌の筋トレグラビア
第1特集
実録!あの健康器具は今【1】

元祖は息絶え、類似品が生き長らえる皮肉! ぶら下がって効果はある!? パクってナンボの健康器具の今

―― ネットの普及により、今や影響力が失われた感のあるテレビの通販番組。しかし、ぶら下がり健康器から始まったといっても過言でない“健康器具バカ売れムーブメント”は、高齢者を中心に地味ながらも根強い人気だが…...

元祖は息絶え、類似品が生き長らえる皮肉! ぶら下がって効果はある!? パクってナンボの健康器具の今
第1特集
実録!あの健康器具は今【2】

「一家に一台!」から粗大ゴミへの悲しき道のり――一時代を築き上げた名器たちの今!

―― 「ああ、懐かしい」と思える既視感ある健康器具の数々。そこには、類似品が本家の売り上げを超える下克上物語があった!

「一家に一台!」から粗大ゴミへの悲しき道のり――一時代を築き上げた名器たちの今!
第1特集
改めてサプリメントの真価を問う【1】

安倍内閣が後押しする“健康増進産業9兆円”の産物――なぜ、DHCの商品は安いのか? サプリをめぐる政治と効用の謎

―― テレビやインターネットの広告で見かける機会も増加し、健康意識の高まりから利用者も増えているように見えるサプリメント。だが「健康への効果は?」と問われると、微妙なもののほうが多いのが現状だ。ではなぜ売れ...

安倍内閣が後押しする“健康増進産業9兆円”の産物――なぜ、DHCの商品は安いのか? サプリをめぐる政治と効用の謎
第1特集
改めてサプリメントの真価を問う【2】

大麻医療はもう古い!? アメリカのトンデモ美容・健康法最前線

―― アメリカは新しい美容や健康の発信源だが、中には「新しい」を通り越して斬新、奇抜、狂気の沙汰といえるようなモノもある。そんな同国の最新動向をチェック!

大麻医療はもう古い!? アメリカのトンデモ美容・健康法最前線
第1特集
筋肉と女子の新たな関係【1】

キレてる!キレてる!【筋肉アイドル・才木玲佳】の"マッスル恋ダンス"を見よ!女子と筋肉と写真の美学

―― バラエティやグラビアなどで活躍中の筋肉アイドル・才木玲佳が本誌初登場!鍛え上げまくったビッグな筋肉によるスペシャルプロポーションを細かく見せながら、「Tarzan」では見られない、ちょっとエロくて可愛...

キレてる!キレてる!【筋肉アイドル・才木玲佳】の
第1特集
筋肉と女子の新たな関係【2】

筋トレ女子はインスタにコミットする? 最大の火付け役はライザップ! 筋トレは今や自己啓発である

―― こちらの記事ではでみなぎる筋肉グラビアを堪能していただいたことと思うが、ここからは、「なぜ女子が筋トレに走るのか?」を考察していきたい。じわじわとブームになりつつある背景には、ある意味では納得の理由が...

筋トレ女子はインスタにコミットする? 最大の火付け役はライザップ! 筋トレは今や自己啓発である
第1特集
国家機関が童貞を数えていた!【3】

【厚労省に埋もれた資料の読み方・3】体外受精が童貞・処女増加の対策になるか?

―― 体外受精とは、卵巣内から取り出した卵子を体外で受精させ、その受精卵を培養した後に子宮に戻す治療法。夫婦のセックスレスや、童貞・処女増加の対策になるか?

【厚労省に埋もれた資料の読み方・3】体外受精が童貞・処女増加の対策になるか?
第1特集
国家機関が童貞を数えていた!【2】

【厚労省に埋もれた資料の読み方・2】将来の高齢者医療が不安…国民の保険料は今後どうなっていくのか?

―― 社会保障の中で、大きな国民負担となっているのが介護費用と医療費。総額については新聞などでもたびたび報道されている。

【厚労省に埋もれた資料の読み方・2】将来の高齢者医療が不安…国民の保険料は今後どうなっていくのか?
第1特集
国家機関が童貞を数えていた!【1】

ゆりかごから墓場まで、官公庁の資料でわかる真実  25歳童貞はほぼ一生そのまま!?厚労省に埋もれた資料の読み方

―― 人口の減少は国家の一大事であり、国としても手をこまねいているわけではない。厚労省では、結婚までの童貞・処女の数や夫婦間交渉の実数など、普通では聞きにくい情報まで仔細に調査しているのだ。ここでは、官公庁...

ゆりかごから墓場まで、官公庁の資料でわかる真実  25歳童貞はほぼ一生そのまま!?厚労省に埋もれた資料の読み方
第2特集
"トクホ"ビジネスの闇【6】

トクホの"仕掛人"に直撃!無責任団体(!?)日健栄協の実態に迫る!

―― ここまで、関係者たちの話をもとに、トクホビジネスの現状を見てきたが、当の管理団体、日本健康・栄養食品協会とはどんな団体なのか──。疑問をぶつけるべく、直撃してきた。

トクホの
第2特集
"トクホ"ビジネスの闇【5】

キユーピーのせいで無機能食品ばかり!? メーカー社員が漏らす商品の無意味さ

―― では、トクホ業界全体で実際に商品を開発しているメーカー側にとって、トクホビジネスにはどんな旨味があるのだろうか──。開発に携わる社員たちの声をもとに、日本健康・栄養食品協会(以下、日健栄協)の内実と、...

キユーピーのせいで無機能食品ばかり!? メーカー社員が漏らす商品の無意味さ
第1特集
"トクホ"ビジネスの闇【4】

「体重が激増した」韓国から日本市場に進出中「健康機能食品」の実態

―― ところで、昨今の韓流ブームにより、高麗人参や紅酢など、韓国の健康食品にも注目が集まっている。そして実は、その中に、日本の「トクホ」に位置づけられる商品も存在しているようで……。

「体重が激増した」韓国から日本市場に進出中「健康機能食品」の実態
第2特集
"トクホ"ビジネスの闇【3】

トクホコーラの実態をサイエンスライターが解説 一週間毎日2本飲んでやっと効果が…

―― トクホコーラには、難消化性デキストリンという物質が入っているためにトクホの認可を受けているのだが、一体これはどんな効果のある物質なのか? 生化学に詳しいサイエンスライターのへるどくたークラレ氏にその成...

トクホコーラの実態をサイエンスライターが解説 一週間毎日2本飲んでやっと効果が…
第2特集
"トクホ"ビジネスの闇【2】

ヤバイのはエコナだけじゃない!! トクホスキャンダル年鑑

―― ──制度開始から20年以上を経て、その信頼が揺らぎつつあるトクホ。果たして、トクホコーラのブームで、再び勢いを取り戻すことができるのだろうか? トクホ商品の歴史を振り返った。

ヤバイのはエコナだけじゃない!! トクホスキャンダル年鑑
第2特集
"トクホ"ビジネスの闇【1】

"トクホ"コーラのバカ売れに踊らされる消費者 無機能トクホブームの利権

――  この健康志向時代において、新商品が発売されるたびにブームとなる特定保健用食品(トクホ)。12年に2社が発売したトクホコーラも1億本以上売り上げており、まさに現在、ブームの渦中にあるといえよう。

第1特集
医療業界の"闇"精神病院のタブーはなぜ生まれたのか?【2】

突然死は約28倍、自殺も約15倍のリスクがあるとも……精神病患者に処方される薬の副作用

―― 精神病の治療には薬が欠かせないが、その一方で、これらの薬物はさまざまな副作用を身体にもたらすことが明らかになっている。

突然死は約28倍、自殺も約15倍のリスクがあるとも……精神病患者に処方される薬の副作用
第1特集
医療業界の"闇"精神病院のタブーはなぜ生まれたのか?【1】

半世紀にも及ぶ長期入院患者やついには暴行による死亡事件まで……精神病院のタブー

―― 症状は落ち着いているのにもかかわらず、退院することができず、一生を精神病院の中で終える──。精神病患者のそのような不幸な状況を生み出し続けてきた背景には、この国独自の精神保健政策の歴史があった。

半世紀にも及ぶ長期入院患者やついには暴行による死亡事件まで……精神病院のタブー
サイゾープレミア

2018年11月号

禁断の家電・ガジェット

禁断の家電・ガジェット
    • テック系企業の【経済地理額】
    • 次世代のテック系【注目都市】
    • 世界を席巻する【アジア家電】
    • 【D.O.I.×BERBAL】安室奈美恵論
    • 【アムロ】を支えたPの本音
    • 知られざる地方【テック企業】
    • 米国【大麻用電子たばこ】産業事情
    • 【星名美津紀】家電とエロス
    • 進化し続ける【アダルトVR】の今
    • 最新【バーチャルセックス】のしくみ
    • 【三代目JSB・山下健二郎】スニーカー愛
    • 【三代目Air Jordan Brothers】選出!
    • 【リバタリアン】生んだネットの終焉
    • 各国【ネット規制】の事件簿
    • 【ゲーム依存】はビョーキか否か?
    • 【モノ雑誌】の「読プレ」豪華番付
    • 【景品表示法】を弁護士はどう見るか

防弾少年団がアメリカを制する日

防弾少年団がアメリカを制する日
    • 今さら聞けない【BTS】基礎講座
    • 数字で見る【K-POP】世界進出
    • BTS支持層【アジア系アメリカ人】の連帯

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【忍野さら】友達の財布に私のトレカを入れるんです。
    • 【小林レイミ】デビュー4年目の初グラビア!
    • 振り返れば【芽衣】がいる
    • 【電力業界】に切り込んだ元フィンテック起業家
    • 【新潮45】を潰したのは誰だ!
    • 【阿波踊り】内紛の実情
    • 【中国】を支配する巨大顔認証システム
    • 【88ライジング】がアジアと米国を繋ぐ
    • 町山智浩/『ブラック・クランズマン』アメリカ・ファーストを謳うのは誰か
    • 政権の利益誘致政策に踊らされる【英語教育】の欺瞞
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/黒い水脈
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【おとぎ話みたい】文化系男子が患う恋愛の病
    • ギャング集団に所属するアパレル屋
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ビールの世界を超越し始めた【職人】
    • ひとりぼっちたちを繋ぐ【薔薇族】の誕生
    • 幽霊、雑誌の去勢と俗物主義の衰退。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』