サイゾーpremium  > 特集2  > エコナだけじゃない!!【トクホスキャンダル】年鑑

1303_tokuho_4.jpg
巨大利権からやや低迷!? トクホ市場の推移
(公益財団法人 日本健康・栄養食品協会調べ)

──制度開始から20年以上を経て、その信頼が揺らぎつつあるトクホ。果たして、トクホコーラのブームで、再び勢いを取り戻すことができるのだろうか? トクホ商品の歴史を振り返った。


1303_tokuho_3.jpg
トクホスキャンダル年鑑↑画像をクリックすると拡大します。

1303_tokuho_5.jpg

【1】トクホのダシに使われた……
ヤクルト400(ヤクルト)
効能:腸内の環境を改善し、おなかの調子を整える
成分:Lカゼイシロタ株

元から人気商品であるヤクルトがトクホを取得した裏には、当時低かったトクホの認知度向上のため、行政からの働きかけがあったといわれる。真偽は定かではないが、以降、トクホの名前は徐々に浸透し、市場が拡大する結果となった。しかし「トクホマークが付いても、販売は増えなかった」とヤクルト。おなかの調子ではなく、“トクホの市場”を整えるために使われた。


1303_tokuho_6.jpg

【2】発がん物質配合でも健康にいい!
エコナクッキングオイル(花王)
効能:食後の血中中性脂肪が上昇しにくく、体に脂肪がつきにくい
成分:ジアシルグリセロール

99年の発売以来、ヘルシアと並びトクホ業界を牽引してきたエコナ。年間200億円余りの売り上げがあったものの、09年、発がん性物質を含んでいることが発覚し、花王が自主回収する事態に。商品は生産中止となり、トクホも取り消しになった。ただ、この疑惑は03年頃より指摘されており、花王は6年間にわたって無視し続けていた。



ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【河合優実】「森永 in ゼリー」CMで話題の若手女優
    • 【ACE COOL】「本当の己」と「ラッパーである己」を見極める
    • 【BALLISTIK BOYZ】EXILE TRIBEの末っ子、世界への跳躍

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』