サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 宮崎あおいの出産で気になる元夫・高岡蒼佑の動向「暴露本出版のウワサも……」
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

宮崎あおいの出産で気になる元夫・高岡蒼佑の動向「暴露本出版のウワサも……」

+お気に入りに追加
1810_miyazaki.jpg『宮崎あおい写真集 20TH ANNIVERSARY 「光」』(ネコ・パブリッシング)

 そういえば、あの人は今何をしている?

 昨年12月に結婚し、今年5月に妊娠を発表したV6・岡田准一と宮崎あおい夫妻に第1子となる男児が誕生。10月16日に2人は連名で「産声を聞いたときは、『生きる!』という強い力と、人生が始まる尊さを感じました」と喜びのコメントを寄せた。

 ネット上ではファンからの祝福コメントが寄せられているが、その中で少なからず書き込まれていたのが、宮崎に対する「前の旦那さんの気持ちを考えてあげて」という意見。07年に宮崎と結婚、11年12月に離婚した高岡蒼佑のことだ。

「高岡といえば、2011年にTwitterにてフジテレビを批判したことで大きく騒がれ、その後すぐに事務所を離れることに。現在はフリーとして活動し、10月13日公開の映画『止められるか、俺たちを』に出演しています。『孤狼の血』の白石和彌監督が師匠である故・若松孝二監督の若き日を描いた同作で、高岡は13年に亡くなった大島渚を演じているのですが、舞台挨拶に登壇した高岡の頭はものすごいアフロヘアーになっていたので驚きました。彼のインスタグラムによると、アパレルブランド『LAMPS』のディレクターも務めているようですね」(芸能記者)

 高岡は離婚後の12年にはTwitterで「あんなCMバンバン出してこっちの気を逆なでするとは思わないのか。本当に奴の周りはどうしようもない。不快極まりないし、本人も本人。薄っぺらい表面的だけの人間性にただ呆れる」などと宮崎を猛批判。彼女が再婚した際にも、「#いいのいいの」「#人は人」といったハッシュタグを付けていたことが話題を呼んだものだった。

「今のところ、宮崎の出産にはノーリアクションですが、一時は暴露本の出版もウワサされただけに、出産のニュースを耳にして何らかのアクションを起こすのでは、と期待しているマスコミ関係者もいるようですね」(同)

 何かといわくつきの再婚と言われた宮崎だけに、元夫の動向には神経を尖らせているかもしれない。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ
    • 【情弱】という言葉の変遷史
    • 【あなたにおすすめ】広告のカラクリ
    • 進化する【情報商材】の最新手口
    • 蔓延する【コンサル】の誘惑
    • 【携帯ショップ店員】ぶっちゃけ座談会
    • 女性たちを惑わす【化粧品】の情報戦
    • 【セレブ】たちのSNSビジネスの裏
    • 世界のお騒がせ【インフルエンサー】
    • 【カニエ・ウエスト】は情弱か?
    • 【裏稼業】と情弱の摂取構造
    • 【ソシャゲ】開発者が語る炎上の裏側
    • 統計目線で考える【占い】の真価
    • 【診断アプリ】の危険な手口
    • 【不動産投資】詐欺まがいの手口
    • 【消費者庁】は被害者を救えるか?

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』