>   >   > 【オウムとドラッグ】噂の真相

――90年代、一連の事件で世の中を震撼させたオウム真理教。教団の修行でLSDを使用していただけでなく、自ら製造したLSDや覚醒剤を販売していた!? オウムとドラッグをめぐる噂の真相を改めて探りたい。

1809_201809_14_300.jpg
(絵/小笠原徹)

 2018年7月26日、オウム真理教による一連の事件で死刑が確定していた6人の刑が執行された。同月6日には教団の元代表・麻原彰晃死刑囚(本名:松本智津夫)ら7人の死刑も執行されており、1995年3月に始まった教団への強制捜査から23年余りを経て、13人の死刑囚全員が刑に処せられたことになる。

 これを受けて、各メディアではオウム真理教を総括する企画が展開されたが、本誌ではあえてオウムとドラッグの関係に迫りたい。そのドラッグとは、覚醒剤とLSDである。オウムはこれら違法薬物を密造し、信者の洗脳や“イニシエーション”(本来は“秘技伝授”を意味する宗教用語だが、教団内では「解脱者のエネルギーを伝授することで弟子を成就、解脱させる」という意味で使用)に用いていた。また、当時の週刊誌などではドラッグの密売が資金源の一部となっていたと報じられた。

 実際、オウム製のドラッグはどの程度流通していたのだろうか? 裏社会に精通し、『実録 ドラッグ・リポート』(彩図社/03年)などの著書を持つ作家・編集者の草下シンヤ氏は、こう話す。

「オウム製のドラッグをやっていた人間に何人か取材したことがありますが、流通していたのは、やはり主に覚醒剤とLSD。ただ、両者の評価がまったく違う。まず、LSDは評判が非常によく、ばっちりキマって、きっちり6時間で抜けると仲間内でも重宝していたそうです」

 LSDは通常、液状のLSDを染み込ませた紙にミシン目を入れた切手シートのような形状で流通しており、ミシン目に沿って切り取った数ミリ四方の紙片を舌の裏に挟んで摂取する。その紙片にはさまざまなイラストが印刷してあり、オウム製のLSDには教団のシンボルマークが印刷されていたという。

「オウム製のLSDは6枚綴りのシートで、2万円前後で売られていたそうです。これはワンヒット(紙片1枚)あたり3000~4000円なので、当時の相場と大体一致する。オウムはイニシエーションと称してLSDを溶かした水を信者に飲ませていたようですが、何も知らない信者はLSDによる幻覚作用を神秘体験だと錯覚してしまうでしょうね。普段とはまったく違う世界が見えるわけですから」(草下氏)

オウム製の覚醒剤でゴジラになれる!?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年10月号

最強のグラビア

最強のグラビア
    特別グラビア(1)
    • 【TikTok】で話題の美人姉妹が水着に!
    ピタピタのヨガウェアがエロい!?
    • ヌケる【筋トレ】グラビア雑誌
    • 【Tarzan】はエロい? 厳選グラビア
    特別グラビア(2)
    • 【山地まり】女性も悶えるセクシーショット
    グラビアを支える縁の下の力持ち
    • 表舞台に立てない!【レタッチャー】のトホホ話
    特別グラビア(3)
    • イメージビデオ界の新星【安位薫】18歳の肉体
    グラドルの登竜門!秋葉原イベントの裏側 声優のグラビア的価値とは?
    • グラビア業界を席巻する【声優】ブームの危険性
    • この【声優】の写真集がすごい!
    特別グラビア(4)
    • 【青山ひかる】がヒップホップなセクシーコス
    女性も楽しめるエンターテイメント空間
    • グラビアで見る【バーレスク】文化概論
    • 【バーレスク東京】オーナーが語る歴史
    奥深い遺影の世界
    • 人生最期のグラビア【遺影】研究
    極楽とんぼ・加藤浩次も大炎上
    • 過激すぎる【AbemaTV】のお色気番組

EXILE・関口メンディーの肉体美

EXILE・関口メンディーの肉体美
    • 【関口メンディー】特別グラビア

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【小瀬田麻由】大失恋したんです。
    • 【本郷杏】美しすぎるポンコツ
    • 【吉岡里帆】を脱がさないで
    • 【ニッポンのサラリーマン】のポテンシャル
    • 特別対談【横浜銀蝿・翔×高須基仁】
    • 【ボン・ジョヴィ】とボンダンス
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【オークワフィナ】女優?芸人?なフィメールラッパー
    • 町山智浩/『クレイジー・リッチ』ハリウッドで起きたアジア人革命
    • 【移民】を認めない世界第4位の移民大国日本
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/平成さくらももこ絵巻
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【オーシャンズ8】肩肘張ったフェミからの脱出
    • 陰毛に執着するオーストラリア人アーティスト
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • クラフトビールを仕込む異色の【ラーメン屋】
    • マスターベーションの悩みから生まれた【薔薇の種】
    • 幽霊、グラビアの美少女よもやま話。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』