サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 吉田鋼太郎、『おっさんずラブ』効果で“そっち系”のファンが急増⁉
1807_yoshida.jpg『吉田鋼太郎 写真集』(ホリプロ)

 6月2日に最終回を迎えたドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)。深夜ドラマでありながら、ツイッターのトレンド1位を獲得するなど大きな話題を呼んだものだったが、放送終了後もその熱はいまだ冷めやらぬようだ。

「主演を務めた田中圭が特集されたテレビ誌『TV Bros.』8月号は、注文が殺到したことにより異例の増刷が決定。また、出演者の林遣都は2010年に刊行された写真集『Clear』がAmazonのタレント写真集ランキングで3位に返り咲くなど、ドラマ効果で人気はうなぎのぼりとなっています」(芸能ライター)

 そしてもう一人の立役者、同作で“乙女なゲイ”を演じた吉田鋼太郎の周辺にも“異変”が起きているという。

「役柄の影響でゲイのファンが急増しているそうです。とある仕事現場では、周囲に“それっぽい”男たちが大勢押しかけていたこともあったようで、本人も『アレは演技なんだが…』と当惑しきりだったとか。吉田といえば、2016年に22歳年下の銀座のママと4度目の結婚。ギョーカイでは女好きとして知られ、高嶋政宏の妻と知らずに、シルビア・グラブを飲み屋で延々と口説いていたり、以前の結婚生活の中で別の女性が自宅に来て修羅場を迎えたというエピソードもあるほど。新たなファン獲得は嬉しいことでしょうが、“ガチ”と思われることには複雑な胸中でしょうね(笑)」(前出・芸能ライター)

 こうした現象が起きるのもある意味、吉田の演技力の高さゆえだろう。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』