サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 吉田鋼太郎、『おっさんずラブ』効果で“そっち系”のファンが急増⁉
1807_yoshida.jpg『吉田鋼太郎 写真集』(ホリプロ)

 6月2日に最終回を迎えたドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)。深夜ドラマでありながら、ツイッターのトレンド1位を獲得するなど大きな話題を呼んだものだったが、放送終了後もその熱はいまだ冷めやらぬようだ。

「主演を務めた田中圭が特集されたテレビ誌『TV Bros.』8月号は、注文が殺到したことにより異例の増刷が決定。また、出演者の林遣都は2010年に刊行された写真集『Clear』がAmazonのタレント写真集ランキングで3位に返り咲くなど、ドラマ効果で人気はうなぎのぼりとなっています」(芸能ライター)

 そしてもう一人の立役者、同作で“乙女なゲイ”を演じた吉田鋼太郎の周辺にも“異変”が起きているという。

「役柄の影響でゲイのファンが急増しているそうです。とある仕事現場では、周囲に“それっぽい”男たちが大勢押しかけていたこともあったようで、本人も『アレは演技なんだが…』と当惑しきりだったとか。吉田といえば、2016年に22歳年下の銀座のママと4度目の結婚。ギョーカイでは女好きとして知られ、高嶋政宏の妻と知らずに、シルビア・グラブを飲み屋で延々と口説いていたり、以前の結婚生活の中で別の女性が自宅に来て修羅場を迎えたというエピソードもあるほど。新たなファン獲得は嬉しいことでしょうが、“ガチ”と思われることには複雑な胸中でしょうね(笑)」(前出・芸能ライター)

 こうした現象が起きるのもある意味、吉田の演技力の高さゆえだろう。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2018年11月号