>   > 【神田松之丞】絶滅危惧種"講談師"の野望
インタビュー
講談復興を目論む、天才講談師にして気鋭の戦略家

【神田松之丞】『電話の折り返しが遅い人は講談師にはなれません』話芸の天才から学ぶ“仕事術”

+お気に入りに追加

――不忍池の真ん中で睨みを利かすこの男、天才講談師でありながら、絶滅寸前の“講談”を広めるべく、テレビにラジオにと緻密に戦略を立て露出を増やしていく野心家でもあり……。

1806_ARI0034_CMYK_520.jpg
(写真/有高唯之)

「右手に鎖を操ると、その先についた分銅をブンブンブン、ブンブンブンブン唸りを生じて振り回し始めた そのうちに、ビャァーンと打ち込んでくるこの早いのなんの……」木製の机を前に、着物姿の男が宮本武蔵と虚無僧の対決を額に汗して物語る。テレビに釘付けになった。4月7日、『ENGEIグランドスラム』(フジテレビ)を観ていた時のことだ。

「自分で放送を観て、『青臭い芸だな』と思いましたけど、印象に残るとは思いましたね」

 しれっと言うこの男、講談師・神田松之丞という。自前の「釈台」と呼ばれる机を「張り扇」で叩き、調子を取りながら軍記物など歴史物語を語る「講談」は、落語と同じように寄席で披露される演芸の一種である。江戸時代から続く伝統芸能の世界で松之丞は今、二ツ目ながら「最も独演会のチケットが取れない男」と言われる存在だ。

「以前(三遊亭)円楽師匠が『ENGEIグランドスラム』に出た時、すごく評判がよかったのをツイッターで見ていました。世の中が、昔みたいに『伝統芸能?』って斜めから見る感じじゃなくなってきているんだろうな、と。なので、オファーをもらったときには、失敗しなければハネるだろう、と思いました」

 そして実際にそうなった。放送後、ツイッターのフォロワー数は3000人近く増え、独演会や出演のオファーが次々舞い込んだ。

「出演者の中では、僕が一番得したなと思いますね。講談って、“笑い”で勝負してないんですよ。漫才やコントの人たちと同じ土俵で争っていないのもよかったんでしょうね」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年9月号

日本のタブー

日本のタブー
    • 【中国】が目指す究極のディストピア
    • 【韓国人になりたい若者】と美容整形
    • 【オウム真理教】が利用したドラッグ
    • Kダブが語る【愛国ソング】の是非
    • なぜヤバい【大学】は生まれるのか?
    • 危険な【大学図鑑】2018
    • ヤバい【配信ドキュメンタリー】
    • すぐ見られる【ドキュメンタリー】12選
    • 【ジェントリフィケーション】の功罪
    • 【豪雨災害】の裏にある宅地開発
    • 【スピリチュアル】業界の最新事情
    • 流行りの【子宮系】ってなんだ?
    • 衰退する【宗教】にすがる政治家のなぜ
    • 【葬儀ビズ】と首都開教
    • 学問としての【心霊とオカルト】
    • 暴かれた【暴力団】最大のタブー
    • 減少する全国の【暴力団】

美人YouTuber"配信不可"グラビア

美人YouTuber
    • 【うなぎひまわり】禁断の着衣とは?

NEWS SOURCE

    • 活発化する【公安調査庁】のお粗末さ
    • メディアが黙殺した【タモリ】タブー
    • 【小室哲哉】不倫騒動のその後

インタビュー

    • 【湯川ひな】演技に目覚めた17歳
    • 【男劇団青山表参道X】イケメン戦国時代に殴り込み
    • 【なでしこ寿司】女人禁制の世界に波風を立てる

連載

    • 【小倉優香】基本的に不摂生なんです。
    • 【永尾まりや】自然体美女の夏の予定
    • 【朋ちゃん】を慰めるやつはもういない
    • 日本のテレビ局は韓国を見習うべき
    • 高須基仁の「全摘」
    • EZ DO【BON】DANCE爆誕
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ジェイ・パーク】「元2PM」の看板も今は昔
    • 町山智浩/『ソーリー・トゥ・バザー・ユー』労働SFが描く暗黒郷
    • 【新聞社】が抱える病巣と復活への道
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/殺人猛暑2018
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【未来のミライ】酷評から見える、相互理解の絶対的難しさ
    • ロリータの写真を撮るメキシコ人カメラマン
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 映画の世界から【ビール】道へ
    • 幽霊、草食系十字軍と不能者の憎悪。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』