>   >   > 広瀬すず『anone』爆死の余波続く……“女優評価”ダダ下がりで、エロ解禁へ!?
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

広瀬すず『anone』爆死の余波続く……“女優評価”ダダ下がりで、エロ解禁へ!?

+お気に入りに追加
1804_hirosesuzu.jpg『広瀬すずフォトブック「ぜんぜん、はじめてです。」 (TOKYO NEWS MOOK)』(東京ニュース通信社)

 人気凋落で、あの広瀬すずが一大決心!?

 6月で20歳を迎える広瀬だが、10代最後の主演連ドラとなった1月期の『anone』(日本テレビ系)は平均視聴率6.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)の大爆死で幕を閉じ、事実上の“日テレ出禁”とも言われている。また、ヒロインを務めた昨年10月公開の映画『先生!、、、好きになってもいいですか?』も大コケと、主演する来年前期のNHK朝ドラ『夏空』に暗雲が漂っている状況だ。

 女優としての評価を下げている広瀬だが、20歳を機に、重大な方向転換に踏み切るようだ。映画関係者が明かす。

「吉高由里子のような大胆な“艶技”もできる女優を目指していくようです。吉高はデビュー作となった映画『蛇にピアス』で、初主演で初ヌードも披露していますが、広瀬も乳首までは見せないまでも、衣服を脱いだ濡れ場など“エロ解禁”で演技力をアピールしていきたいようです」

 もともと清純派と言われながらも、演技とあれば過激なシーンもいとわないのが広瀬だった。16年公開の映画『怒り』では、レイプシーンにも挑戦。このときは悲鳴ではなく、横顔の表情で辛い場面を表現していたが、いよいよボディを見せるカットにも踏み切るというなら、ファンならずとも大歓迎だが……。

「朝ドラの放送前なら特に縛りもないため、現在、映画のシナリオを選定しているところだといいます。候補に挙がっているのが、園子温監督で『二重人格』の女性をテーマにした作品。昼は貞淑で夜になるとハプニングバーに通うという内容なんだとか」(同)

 広瀬が一皮むけた艶技で、「CMタレント」から「女優」に化けるのか注目だ。


Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年5月号

ウェブ(禁)新論

ウェブ(禁)新論

マンガで学ぶ「(裏)社会学」

マンガで学ぶ「(裏)社会学」
    • 【実際のヤクザ】に聞いた下半身事情
    • 【ヲタめし】ハロプロヲタのライブ後

華村あすか、19歳のプライベートセクシー

華村あすか、19歳のプライベートセクシー
    • 【華村あすか】クダモノとカラミます。

インタビュー

連載

    • 【アンジェラ芽衣】けっこう根暗なんです。
    • 【宮下かな子】森田童子にゾクゾク
    • 【冨手麻妙】映画界に愛された女優の身体
    • 密かに好成績を残した剣の貴公子
    • 【由美子】の夢は夜ひらく
    • 行政法研究者が語る日本の行方
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【品川ヒロシ】が夜通し語る映画愛
    • 継続危機と対峙する【秋田の伝統祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【XXX Tentacion】SNS厄介者たちの続く伝説
    • 【元スパイ襲撃被害】スパイによる本当の諜報活動
    • ナチスの【優生学】が投げかけるもの
    • 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」/『サバービコン』
    • 実話を元に描かれた【映画でわかる】社会の病巣
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/森友ふたたび
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 女はなぜ皆【星野源】を欲するのか?
    • 俺と伝説のラッパーたちとの交遊録
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化系連合赤軍な雑誌の終焉。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』