>   >   > “お浜”浜崎あゆみの「バックコーラス男」に視聴者仰天! 「体型隠し作戦か?」
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

“お浜”浜崎あゆみの「バックコーラス男」に視聴者仰天!「体型隠し作戦か?」

+お気に入りに追加
1804_hamasaki.jpg『ayu』(講談社)

 視聴者は、どちらに視点を合わせていいか戸惑ったようだ。

 4月7日放送の『CDTV祝25周年SP』(TBS系)に、浜崎あゆみが久々に登場。真っ白のウエディングドレスに身を包み、ヒット曲「SEASONS」「SURREAL」を熱唱した。

 しかし、まるまると肥え太った姿に、ファンからは「お浜さん、太ましい」「バツ2なのにウェディングドレスって……」「お浜さん、デブすぎて声が志村けんみたいで怖かった」などと悲鳴が上がった。

「かつてギャルのカリスマと言われた“あゆ”ですが、ネット上では新愛称の“お浜さん”がすっかり定着しています。SNSにアップされた写真が大幅に修正されていたことが確定しましたね。声にも伸びがなく、サビの部分が途切れ途切れ。見ていて痛々しかったですね」(芸能ライター)

 ところが、この日はそんな“お浜”の背後にいた謎の男にも視聴者の視線がクギ付けになったのだ。パンツ一丁の半裸で、乳首をハートのシールで隠し、腰まで伸びた金髪ロングヘア、筋肉は隆々でレスラーのようなガタイの良さ。この異様な出で立ちに、ネット上では「まるで『北斗の拳』に出てきそうな世紀末感がヤバすぎ」「カズレーザーの亜種が登場」「太った自分から視聴者の意識を逸らすお浜の作戦?」などと主役級に注目を浴びることとなった。

「バックコーラスを務めたその男性は英国出身の『ティミーさん』です。浜崎のライブではおなじみですが、さすがに初見の視聴者は仰天したでしょうね。普段はアーティストとしても活躍しているのですが、そのキャラに浜崎が惚れて、一緒に活動するようになった。ちなみに、ティミーは浜崎がつけたあだ名で、本名は『ティモシー』さんです。放送後、彼のホームページは閉鎖しているのですが、アクセスが殺到したのかもしれませんね」(音楽ライター)

 ティモシーとの珍コンビで、“お浜”がお笑い枠として再ブレークしそうな予感だ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年7月号

タブーな本150冊

タブーな本150冊
    • 【出版業界】やっぱり死す!?業界裏話
    • 【EXILE】が熱く語る自己啓発本の世界
    • 【AI本】が説く人類の幸福論
    • 【サッカーとカネ】を暴く書籍群
    • 【鈴木ふみ奈】Hカップが本まみれ
    • 【人気声優】の新書が増えたナゼ
    • 【現役声優】話題の新書を辛口批評
    • 【韓国】の近代化を知るための1冊
    • 【脱北者】たちの告白本の中身
    • 【アメリカ人種差別】の今をえぐる本
    • 【LGBT】と日本近代文学(秘)史
    • 【アメリカ】文学とLGBT
    • ヤバい【SF小説】の耽美な世界
    • エキサイティングな【米国】の書評
    • 【ミチコ・カクタニ】のアートな書評
    • 【校閲者】が語る言葉狩り

SKE48・惣田紗莉渚 封印入浴グラビア

SKE48・惣田紗莉渚 封印入浴グラビア
    • 【惣田紗莉渚】の未公開セクシーショット

インタビュー

連載

    • 【RaMu】週5でラーメン行っちゃうんです。
    • 【池田美優】浜崎あゆみの歌が響く
    • 【森田ワカナ】吉木りさに憧れる童顔巨乳
    • 多額の強化費の先を見た飛込選手
    • 文春砲を食らった?【七瀬】ふたたび
    • 通信の理想と現実の狭間で揺れる中立性
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【曽我部恵一】がFUCK YOU音頭を作る
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ジャネール・モネイ】アンドロイドから人間へ
    • 【広島脱走事件】開放刑務所の奇跡的大成功
    • 【サヴァン症候群】なる局所的能力
    • 町山智浩/『ウインド・リバー』先住民保留地とアメリカの闇
    • 【タバコ規制】を妨げる利権たち
    • 小原真史の「写真時評」
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【恋は雨上がりのように】日本男性のロリコン趣向
    • エロティック画像でメイクマネー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元米軍兵が【ビール】を使って町おこし
    • 幽霊、大人にならない老人の軽小説。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』