>   >   > 芸能マネが語るゴシップ誌の現在【1】/芸能週刊誌の【バーニング】忖度報道

不倫報道に明け暮れる文春砲に怯えながら、自社タレントのプロモーションに日々汗を流す芸能プロのマネージャー陣。そんな彼らの目から見た「芸能ゴシップ誌」の有り様とは? そしてその種の雑誌との“お付き合い”の仕方とは?

1803_geinouzasshi_200.jpg
「週刊文春」2018年 2/22号(文藝春秋)

A… 40代・大手芸能事務所チーフマネージャー
B… 20代・中堅芸能事務所マネージャー
C… 30代・有名週刊誌の元記者

A 今回は、芸能プロダクションから見た週刊誌について「サイゾー」さんが語ってくれってことなんだけど、やっぱり業界的には「週刊文春」の小室哲哉の看護師との不倫報道(「週刊文春」2018年1月25日号『小室哲哉“裏切りのニンニク注射”』)はインパクトが大きかったですね。

B 文春砲がきっかけで引退してしまったわけですからね。

A 聞くところによると、エイベックスは「別に引退宣言なんかする必要ないですよ」って止めたらしいんだけど、小室が「もういい、どうしても引退する」って聞かなかったらしい。

B わざわざ引退宣言しなくても、なんとなくフェードアウトもできただろうにねえ。

A エイベックスとしても、青山に新社屋を建てて最初の記者会見が文春砲を受けての引退会見っていうのは、あんまり縁起がよくない(笑)。だから小室にも、「ホテルの会見場所を確保するから2日くらい待ってくれ」って言ったらしい。でも、小室は「もうやだ、今日すぐに会見する」って、結局新社屋でやることになった、っていう。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年6月号

オトナの写真学

オトナの写真学

忍野さら"暗室"グラビア

忍野さら
    • 【忍野さら】の危険な部分にレンズが迫る

インタビュー

連載

    • 【日向カリーナ】筑前煮が好きなんです。
    • 【優木まおみ】アイドルから教わる初心
    • 【原あや香】モグラ女子の謎の習慣
    • パラリンピック1964-2020
    • 【彩芽】とスキャンダル
    • 漫画村が開けた「ブロッキング」のヤバさ
    • 高須基仁の「全摘」
    • 異様な空気が高揚を促す【奇祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ミシェル・ンデゲオチェロ】丸刈り才女の面目躍如
    • 【森友文書改ざん】法務省が抱えた積年の恨み
    • 統合失調症や自閉症は【母親】のせい!?
    • 町山智浩/『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』正義のラケットで女生憎悪を打ち砕け!
    • 【フェイスブック】個人情報商用利用の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/燃える宇船
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【星野源】ドラえもんの歌詞の妙技
    • ガンズ・アンド・ローゼズTシャツをめぐる裏話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、性からの逃走に聖痕の闘争を。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』