>   >   > 石井光太と磯部涼が見た地元の「不良カースト」

 2015年2月20日、神奈川県川崎市の多摩川河川敷で、中学1年生の少年の全裸遺体が発見された。カッターによる裂傷は43カ所に及ぶ。事件から1週間後、3人の少年が殺人の疑いで逮捕されたーー。

 いわゆる「川崎市中1男子生徒殺害事件」は、「川崎」という街を象徴する事件として、瞬く間に日本中に広まった。そこには、川崎が、そして日本が抱えるさまざまな問題が凝縮されていた。昨年12月、そんな事件の背景に迫った2冊のルポーー石井光太『43回の殺意 川崎中1男子生徒殺害事件の深層』(双葉社)、磯部涼『ルポ 川崎』(サイゾー)ーーが奇しくも同日に発売され、話題となっている。これらの著者たちが、現地で取材を重ねる中で見たものとは?

01.jpg
石井光太『43回の殺意』(双葉社)
02.jpg
磯部涼『ルポ 川崎』(サイゾー)

川崎は日本の未来の姿なのか?


Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年6月号

オトナの写真学

オトナの写真学

忍野さら"暗室"グラビア

忍野さら
    • 【忍野さら】の危険な部分にレンズが迫る

インタビュー

連載