サイゾーpremium  > 連載  > 林賢一の「ライク・ア・トーキングストーン」  >  林賢一の「ライク・ア・トーキングストーン」/【ヤリマン】のトークに無限の可能性
連載
林賢一の「ライク・ア・トーキングストーン」【33】

出演者の総経験人数、なんと3万人――【ヤリマン】のトークに無限の可能性

+お気に入りに追加

――元放送作家で、現在は脚本家として心機一転活動する林賢一が、生のトーク現場に裸一貫突入! 事務所の大看板・古舘伊知郎を始めとした先達たちが繰り広げるトークライブをレポートする。

『経験人数三万人超!! 東京ヤリマン五輪! ~プレ冬季大会』

1802_IMG_6795_230.jpg

人物:ヤリマンたち 日時場所:2017年12月19日 @阿佐ヶ谷ロフトA
数万のセックスを越えてなお肉食をやめぬ女傑たちが、その神髄を明かす“性のトーク祭典”。一億草食化時代における突然変異種“YARIMAN”が、暮れゆく年の瀬に集結。


 2020年の東京五輪が迫りつつある中、阿佐ヶ谷の片隅で「東京ヤリマン五輪」が開催されたのをご存じの方は少なかろう。「東京ヤリマン五輪」と、いきなり言われても、それが何であるかをすぐに認識するのは難しい。正直、自分もまだよくのみ込めていない。ざっくりいうと、性交渉への打診を断らない女たち、奇跡のヤリマン銀河系軍団によるトークイベント。とはいえ、エッジが効きすぎているイベントゆえに、そのトークを聞く前から頭がクラクラしてくる。この日、集結するヤリマン出演者の総経験人数は、なんと3万人。五輪的にいえば、新国立競技場の半分の席が埋まる人数ではないか! ヤリマンという存在自体は珍しいわけではないが、それをきちんと自認し名乗っているというのは貴い感じがするから不思議だ。一周して、もはや粋ですらある。そんなヤリマンたちは、どんなトークを繰り広げるのだろうか?

 そう待ち構えていると、司会の編集者さんがまず壇上に呼び込んだのは、作家・石丸元章さんだった。今回は“ヤリマン審査員”という謎のポジションで、ヤリマンたちに茶々を入れる役目のようだ。マイクを持つなり石丸さんは「ここに来る前にさぁ、店長が盗撮で捕まって休業していた銭湯が営業再開したから行ってきたんだけどさぁ」と、ヤリマンとは無関係のエピソードを披露。抜群に面白いからまったく構わないのだが、その話が長引き、いっこうにヤリマンが登場しない。気がつくと30分ほどたっており「ヤリマンはやく出せよ!」と叫びたい気持ちになったが、今となってみれば、石丸さんの脱線トークはヤリマンを焦らす作戦だったのかもしれない。「早くヤリマンに会いたい」そんなふうに思ってしまった自分は、まんまと罠にはまっていたのだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ
    • 【情弱】という言葉の変遷史
    • 【あなたにおすすめ】広告のカラクリ
    • 進化する【情報商材】の最新手口
    • 蔓延する【コンサル】の誘惑
    • 【携帯ショップ店員】ぶっちゃけ座談会
    • 女性たちを惑わす【化粧品】の情報戦
    • 【セレブ】たちのSNSビジネスの裏
    • 世界のお騒がせ【インフルエンサー】
    • 【カニエ・ウエスト】は情弱か?
    • 【裏稼業】と情弱の摂取構造
    • 【ソシャゲ】開発者が語る炎上の裏側
    • 統計目線で考える【占い】の真価
    • 【診断アプリ】の危険な手口
    • 【不動産投資】詐欺まがいの手口
    • 【消費者庁】は被害者を救えるか?

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』