サイゾーpremium  > 連載  > 【岡田サリオ】ラテン系女子に秘められた素顔
連載
チラリと見える和モノ写真進化考

【岡田サリオ】時代は巨乳から巨尻へ!? ラテン系女子に秘められた素顔

+お気に入りに追加

【拡大画像はグラビアギャラリーでご覧いただけます。】

1802_171226_cyzo_0549_520.jpg
(写真/オノ ツツム)

 もぎたての高級フルーツが満載のバスケットから飛び出した“桃尻”。岡田サリオちゃんは、スペイン系フィリピン人を母に持つ、95センチの迫力満点ヒップが自慢の女の子。お尻にまつわる幾多の逸話があるとか……?

「高校生の時には、アルタ前で『今の子のお尻ヤバくね?』って振り返られたり、グラビアの撮影ではお尻が大きすぎて水着のひもの部分がはじけ飛んだこともありました(笑)」

 その巨尻は“巨乳推し”で知られるグラビアアイドルの仕掛人・野田義治会長をも“改宗”させた。

1802_171226_cyzo_0233_520.jpg
(写真/オノ ツツム)

「今、所属事務所・サンズの会長が野田さんで、今までは胸派だったらしいですけど、『これからは肉感的なケツの時代だ!』って、いろんなところで言ってくれてるみたいです」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年4月号

マニアックすぎる業界(裏)マンガ

マニアックすぎる業界(裏)マンガ
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【田中圭一】SNS時代のマンガ編集者へ
    • 【中西やすひろ】お色気コメディマンガの今
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【浦田カズヒロ】連載したのに単行本が出ない!
    • 【大橋裕之】ウマくてヤバい「グルメ 川崎」
    • 【見ル野栄司】スナックに現れるヤバい怪人
    • 【熊田プウ助】ゲイのハッテン場リアル放浪記

インタビュー

連載