サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > ニッポンのマンガ業界最新動向【1】/「週刊少年ジャンプ」の売り上げが1/3に激減!

ここ数年マンガアプリが雨後の筍のごとく増え続け、電子コミックスの売り上げも右肩上がりだ。実はインターネット上でのマンガを取り巻く状況は、かなり活性化してきているのではないか?そんな、紙だけではなく、インターネットという市場がやっと回りはじめた、ニッポンのマンガ業界の今を徹底分析!

1802_CCW_0980-2_520.jpg
1802_P038-041_Graph01_300.jpg

■紙のマンガが過去最大の落ち込みへ
雑誌と単行本の年間売り上げ
2963億円

2016年のマンガ単行本の売り上げは1947億円、マンガ雑誌の売り上げは1016億円。06年に両方合わせて5000億円を割り込み、そこから5年後の11年には4000億円割れ。そして、ついに3000億円を割ってしまったのだ。また、「出版月報」2017年12月号によると17年の単行本の売り上げはここから12%減の見込みだという。
(「出版月報」2017年2月号/出版科学研究所)

■紙の赤字を補填できるか?
電子コミックスの年間売り上げ
1491億円

紙とは対照的に成長著しい電子コミックス(作品単体として配信されている電子コミック)。紙と電子のコミック市場は4454億円で、前年比よりも売り上げは増えたことになる。ちなみに、「出版月報」2017年7月号によれば、17年上半期の時点で電子コミックスは777億円を売り上げている。
(「出版月報」2017年2月号/出版科学研究所)

■50周年記念でも、売れない!
「週刊少年ジャンプ」発行部数
184万部

「ついに200万部割れ」――最盛期を迎えていた1994年には発行部数653万部を公称していた少年マンガの王者が、3分の1以下の部数に落ち込んでしまった。ちなみに、「週刊少年マガジン」は88万部、「週刊少年サンデー」は31万部と、どこも明るくない。
(日本雑誌協会/2017年7月~9月間発行部数)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ
    • 【情弱】という言葉の変遷史
    • 【あなたにおすすめ】広告のカラクリ
    • 進化する【情報商材】の最新手口
    • 蔓延する【コンサル】の誘惑
    • 【携帯ショップ店員】ぶっちゃけ座談会
    • 女性たちを惑わす【化粧品】の情報戦
    • 【セレブ】たちのSNSビジネスの裏
    • 世界のお騒がせ【インフルエンサー】
    • 【カニエ・ウエスト】は情弱か?
    • 【裏稼業】と情弱の摂取構造
    • 【ソシャゲ】開発者が語る炎上の裏側
    • 統計目線で考える【占い】の真価
    • 【診断アプリ】の危険な手口
    • 【不動産投資】詐欺まがいの手口
    • 【消費者庁】は被害者を救えるか?

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』