>   >   > 成功するためのセックスシンボル【3】/ゲイのセックスシンボル像
第1特集
成功するためのセックスシンボル【3】

カミングアウトはシンボル化を促す!?――セバスティアヌスが元祖?ゲイのセックスシンボル像

+お気に入りに追加

たわわな胸や大きな尻のセックスアピール、堂々としたアティチュードが求められる女性アーティストのファクターとは打って変わり、ゲイ男性の間で求められるセックスシンボルの要素とは?

1801_01_st_400.jpg
史上最古のゲイ・アイコンと呼ばれる聖セバスティアヌスと、2パックが生前にマキャベリ名義でリリースした『The Don Killuminati: The 7 Day Theory』(96年)を並べて見てみると……。

「女の子たちが俺のことを魅力的だって思ってくれるのなら、それは素晴らしいことだよ。男連中も俺のことを魅力的だと感じてくれるのなら、それも素晴らしい。すっごくいいじゃん。賛辞だよね。俺に憧れてるとか、俺と同じことができそうだって考えてる人がいてくれることが。ホント、そう思うよ」――16年に米『ペーパー』誌で、こう語るのは、日本でも超人気の男性アイドル・グループ、ワン・ダイレクションの元メンバー、ゼイン・マリクだ。自分がゲイにとってのセックスシンボルであることを、素直に受け止めて喜んでいる。

 思えば16年は、「男性にとってのセックスアピールとはなんなのだろうか?」と、改めて考えさせてくれたアーティストが、なぜだかそろって逝ってしまった年だった。デイヴィッド・ボウイ、プリンス、そしてジョージ・マイケル――。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年5月号

ウェブ(禁)新論

ウェブ(禁)新論

マンガで学ぶ「(裏)社会学」

マンガで学ぶ「(裏)社会学」
    • 【実際のヤクザ】に聞いた下半身事情
    • 【ヲタめし】ハロプロヲタのライブ後

華村あすか、19歳のプライベートセクシー

華村あすか、19歳のプライベートセクシー
    • 【華村あすか】クダモノとカラミます。

インタビュー

連載

    • 【アンジェラ芽衣】けっこう根暗なんです。
    • 【宮下かな子】森田童子にゾクゾク
    • 【冨手麻妙】映画界に愛された女優の身体
    • 密かに好成績を残した剣の貴公子
    • 【由美子】の夢は夜ひらく
    • 行政法研究者が語る日本の行方
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【品川ヒロシ】が夜通し語る映画愛
    • 継続危機と対峙する【秋田の伝統祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【XXX Tentacion】SNS厄介者たちの続く伝説
    • 【元スパイ襲撃被害】スパイによる本当の諜報活動
    • ナチスの【優生学】が投げかけるもの
    • 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」/『サバービコン』
    • 実話を元に描かれた【映画でわかる】社会の病巣
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/森友ふたたび
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 女はなぜ皆【星野源】を欲するのか?
    • 俺と伝説のラッパーたちとの交遊録
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化系連合赤軍な雑誌の終焉。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』