サイゾーpremium  > 特集  > アダルト  > 成功するためのセックスシンボル【2】/セックスシンボル・アートワーク
第1特集
成功するためのセックスシンボル【2】

胸をさらけ出し、臀部を突き出し、裸になるのは定番――即理解!セックスシンボル・アートワーク

+お気に入りに追加

売れている事実だけでは知り得ない。噂を耳にしただけではわかり得ない。しかし、シングルやアルバムのアートワーク(ジャケット写真)を見れば、彼女たちがいかにセックスシンボル然としているかが即わかる好例をピックアップしてみました。

1801_P056-061_image001_400.jpg

 前記事「“性的対象”から“自ら性を売りもの”にする時代へ――マドンナが概念を覆した!?米音楽業界セックスシンボル学」で触れた通り、ジェニファー・ロペスがもたらした“お尻革命”以降、女性アーティストたちは、自慢のボディに磨きをかけ、シングルやジャケットのアートワークで披露してきた。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年4月号

マニアックすぎる業界(裏)マンガ

マニアックすぎる業界(裏)マンガ
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【田中圭一】SNS時代のマンガ編集者へ
    • 【中西やすひろ】お色気コメディマンガの今
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【浦田カズヒロ】連載したのに単行本が出ない!
    • 【大橋裕之】ウマくてヤバい「グルメ 川崎」
    • 【見ル野栄司】スナックに現れるヤバい怪人
    • 【熊田プウ助】ゲイのハッテン場リアル放浪記

インタビュー

連載