>   >   > オトメゴコロ乱読修行【32】/【半沢直樹】夫婦間呼称問題、セレブ妻が見せた女性側の内紛

――サブカルを中心に社会問題までを幅広く分析するライター・稲田豊史が、映画、小説、マンガ、アニメなどフィクションをテキストに、超絶難解な乙女心を分析。

1712_hanzawa_200.jpg

 ここ1年ほど、フェミ界隈の面倒案件のひとつに、「パートナー呼称問題」がある。既婚女性が夫のことを「主人」と呼ぶ習慣について、一部女性が激しく異議申し立てをしている件だ。

「“主人”は相手への隷属・従属を誓う意志が現れた呼称であり、共働きで経済的に対等であるはずの女性がそう呼ぶのはありえない」「仮に夫より収入が低かろうが、専業主婦であろうが、妻は女中でも奴隷でも愛人でもないのだから、夫を“主人”と呼ぶべきではない」。ごもっとも。

 ちなみに「旦那」もNGだ。要するに、上下関係・主従関係の気配が0・1ベクレルでも察知される呼称は、すべて狩られる運命にある。

 とはいえ、昭和世代の年配層でも男尊女卑信奉者でもない20~30代の既婚女性が、自発的に「主人」を使用しているケースは少なくない。『負け犬の遠吠え』(講談社文庫)で知られるフェミ界隈のご意見番・酒井順子女史によれば、「やっと結婚できてうれしくて仕方ない人は、隷属したい気持ちが『主人』という言葉に込められている」「『うちの人はお金持ち』という意味で使っている人もいます」(毎日新聞 2017年8月28日 東京夕刊)とのことだが、さもありなん。

「主人」のなかに、そのような言外の自己主張が、言霊レベルで含まれていることは、テレビドラマ『半沢直樹』(TBS系)で半沢(堺雅人)の妻・花(上戸彩)がイヤイヤ参加する社宅の「奥様会」の様子を見れば、理解できる。地域の支店に勤務する銀行員の妻で構成されたこの会では、当然のように「主人」が飛び交っているが、銀行での夫の地位と奥様会での妻の地位が完全に連動している状況からすれば、当然のこと。自分の主人ならぬ主君の石高によって家臣の態度に差がつくのは、今も昔も変わらない。そんな彼女たちに「なぜ主人と呼ぶのか!」と、市川房枝か平塚らいてうばりに詰め寄ったところで、眉ひとつ動かさず「皆さんそうですし、一番角が立ちませんから」と返ってくるのは目に見えている。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年5月号

ウェブ(禁)新論

ウェブ(禁)新論
    • 【ウェブ編集vs雑誌編集】討論会
    • 【ジャニーズ】動画ビジネスの是非
    • 【元NMB・高野祐衣】が美ボディ披露
    • 動画配信サービスと【JKの本音】
    • 【72歳】のユーチューバーが登場
    • 【Creepy Nuts】がヒップホップ動画を斬る
    • アジア人ラッパーがバズる【88rising】
    • 【88rising】の気鋭アーティスト6選
    • 大手企業が群がる【eスポーツ】
    • 【学者vs業界団体】がガチバトル
    • 検閲とエロの【中国ウェブ文化】
    • 【ライブチャット】が流行る中国
    • スラムと【マフィアとグロ動画】
    • 【Amazon】がテレビ局になる日
    • 【インド市場】で動画配信戦争が勃発
    • 【民泊利権】に群がる宿泊&住宅サイト
    • ネット配信が【AV】に与えた影響
    • 【配信専属AV女優】は何を思う?

マンガで学ぶ「(裏)社会学」

マンガで学ぶ「(裏)社会学」
    • 【実際のヤクザ】に聞いた下半身事情
    • 【ヲタめし】ハロプロヲタのライブ後

華村あすか、19歳のプライベートセクシー

華村あすか、19歳のプライベートセクシー
    • 【華村あすか】クダモノとカラミます。

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【橋本乃依】芸能界1年生が描く青写真
    • 【想田和弘】「観察映画」に託した未来
    • 【桜井莉菜】35歳現役ギャルモデルの提言
    • 【DJ CHARI&DJ TATSUKI】最先端ヒップホップの形

連載

    • 【アンジェラ芽衣】けっこう根暗なんです。
    • 【宮下かな子】森田童子にゾクゾク
    • 【冨手麻妙】映画界に愛された女優の身体
    • 密かに好成績を残した剣の貴公子
    • 【由美子】の夢は夜ひらく
    • 行政法研究者が語る日本の行方
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【品川ヒロシ】が夜通し語る映画愛
    • 継続危機と対峙する【秋田の伝統祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【XXX Tentacion】SNS厄介者たちの続く伝説
    • 【元スパイ襲撃被害】スパイによる本当の諜報活動
    • ナチスの【優生学】が投げかけるもの
    • 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」/『サバービコン』
    • 実話を元に描かれた【映画でわかる】社会の病巣
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/森友ふたたび
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 女はなぜ皆【星野源】を欲するのか?
    • 俺と伝説のラッパーたちとの交遊録
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化系連合赤軍な雑誌の終焉。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』