>   >   > 【芸能ニュース】綾瀬、新垣を否定!?吉岡里帆の“不一致言動”に批判
ニュース
【premium限定ニュース】

綾瀬、新垣を否定!? 吉岡里帆の“不一致言動”に批判噴出か?

+お気に入りに追加
1710_yoshioka.jpg
『吉岡里帆コンセプトフォトブック「13 notes#」 (TOKYO NEWS MOOK)』(東京ニュース通信社)

 今年最もブレイクした女優の一人である吉岡里帆が女性向けサイト『She is』内で行った、シンガーソングライター・吉澤嘉代子との対談での発言が物議を醸している。

「吉岡は自身のグラビア時代を振り返っているのですが、水着姿を雑誌で披露することについて、『ワンコインで買える週刊誌で披露して、1週間後には廃棄処分されて』と悩んでいたことや、『人は、脱いだ人を“脱いでる人が芝居している”って見るんですよ』と女優としてもマイナスに働くと力説しながら、グラビアの仕事がいかに嫌だったかをまくし立てています」(芸能ライター)

 しかし、グラビアでの涙目顔が男心をくすぐりファンを急増させた吉岡だけに、発言を知ったネット民からは大ブーイング。「グラドルを下に見ていて不愉快」「グラビアは自分をアピールできる武器とは考えられないのか」「グラビアで人気を得たことが今の仕事に繋がっているのに」といった批判コメントが殺到する事態となっている。アイドル誌編集者も呆れ顔で言う。

「現在第一線で活躍している綾瀬はるか、深田恭子、新垣結衣ら人気女優も過去には水着グラビアを、菅野美穂、吉高由里子、栗山千明らはヌードも披露していますが、彼女たちを“脱いでる人が芝居している”という視点で見ている視聴者はいないはず。また、吉岡の所属するエーチームおよび系列グループには、酒井若菜、ほしのあきといったグラビアから地位を築いたタレントや、村上友梨といった現役グラドルも所属しています。そんなにグラビアが嫌だったらなぜそこに入ったのかという疑問もありますし、グラビアで頑張っている後輩にも失礼ですよ」

 ほかにも吉岡の行動には矛盾があると指摘する声もある。前出の芸能ライターが続ける。

「吉岡は対談でカラダをさらすことに抵抗があった理由について、両親から『本当に結婚するような人にしか見せちゃだめ』という教育を受けてきたことを挙げています。真面目な性格をアピールしようとしたのでしょうが、過去にはバラエティ番組で『15歳から恋人がいる』と明かしたり、芸能界きってのモテ男である佐藤健のマンションへ通う様子をスッパ抜かれていますから、イマイチ説得力がない。しかも10月10日に更新した自身のインスタグラムではみずから肩をはだけさせるセクシーショットをアップして男性ファンを歓喜させています。お色気アピールしている点ではグラビアと大差ありませんから、どうも言動が一致していないように感じてしまいますね」

 最近は様々なメディアで「下積み時代」を“ネタ”にしている吉岡だが、過去を否定することでファン離れが起きなければいいが・・・。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年2月号

マンガ(禁)大全2018

マンガ(禁)大全2018
    • 【マンガ業界】最新動向
    • ネット時代【リイド社】の戦略
    • 【韓国】ウェブトゥーンが凄い
    • 【韓国マンガ】傑作6選
    • 【しらほしなつみ】コミケで見られない素顔
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【お笑い芸人・おたけ】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【田中考】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【辛酸なめ子】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【精神科医・岩波明】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【クロサカタツヤ】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【磯部涼】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【小林雅明】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【更科修一郎】
    • 【井出智香恵】背筋も凍るレディコミ
    • 【リバーズ・エッジ】映画化のナゼ
    • 肉食系女子が読む【岡崎京子】座談会
    • 【少女マンガ】のファッション研究
    • プロが見る【風早くん】の服装
    • 服部昇太【80年代】マンガへの礼賛!
    • 【ナチス描写】の海外規制事情
    • 【エロ描写】は海外でこう扱われる!
    • 本家を超える【スピンオフ】を探せ!
    • マンガの神様の【スピンオフ】作品
    • ポスト【ウシジマ】貧困マンガ
    • 【藤子・F・不二雄】の変態的な性癖
    • マンガ家【下半身ゴシップ】

基礎教養としてのフリーメイソン

基礎教養としてのフリーメイソン
    • 【橋爪大三郎×フリーメイソン幹部】陰謀論の基礎知識

酒井萌衣「卒業」と「初体験」

酒井萌衣「卒業」と「初体験」
    • 【酒井萌衣】元SKE48が初水着!

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • マルサの女/【わちみなみ】
    • 【柳ゆり菜】初めてジャネットで踊った日
    • 【岡田サリオ】時代は巨乳から巨尻へ
    • 【沙月とわ】海に行ったことがない女
    • 巨人のコーチになった異色の陸上選手
    • 私と【美玲】を連れてって
    • 2018年は本格的なIT制度の見直しが始まる
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【ヤリマン】のトークに無限の可能性
    • 【アイドル】が音頭に没頭する背景
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【AV出演強要問題】女優たちの悲痛な願い
    • 【新型うつ病】が隆盛する生きづらい日本
    • 町山智浩「映画でわかる アメリカがわかる」/『スリー・ビルボード』
    • 【ポスト・トゥルース時代】の保守とリベラルの役割
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/UFO入門2018
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • なぜ女芸人は「ブス」をネタにするのか?
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」/span>
    • 幽霊、それでもマンガは楽しき商売。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』