>   >   > 小西真奈美の歌手活動は2人の大物女優の二の舞?
ニュース
【premium限定ニュース】

ラップにも挑戦!でも…小西真奈美の歌手活動は2人の大物女優の二の舞?

+お気に入りに追加
1709_konishi.jpg
『小西真奈美写真集「27」』(朝日出版社)

 最近、見なくなったと思ったら意外な方向にシフトチェンジしていた!? 女優の小西真奈美が、自身作詞作曲のオリジナル楽曲からなる『I miss you』でシンガーソングライターとしてインディーズデビューするという。

「小西といえば、モデルとして芸能界入りした後、1997年につかこうへい劇団に入団したのを機に、ドラマや映画で順風満帆な女優生活を送っていました。ところが、2010年に福山雅治と結婚間近と週刊誌に報じられ、既成事実を作ろうとした小西サイドがリークしたという疑惑が浮上。恋愛については秘密主義だった福山がそれに激怒し破局に至ったとされています。この一件で干されたのか、その後は露出が激減していきました」(芸能記者)

 そんな小西の歌手転身に、ネット上では「何があった?」「迷走?」と驚きの声が上がっている。

「実は、彼女には過去にも藤木一恵名義で歌手活動をしていた時期がある。昨年頃から再び精力的に音楽活動をするようになり、ラップにもチャレンジしています。日本では話題になっていませんが、海外版YouTubeでは再生回数400万を超え、特にスペイン語圏から大絶賛されているようですね」(音楽ライター)

 女優で活躍した小西の歌手活動は、一歩間違えば「黒歴史」にもなりそうだが、実際、過去にも2人の大物女優が壮絶に爆死した例もある。ベテランの芸能ライターが述懐する。

「1人は深津絵里です。1988年のデビュー以来、女優業と並行しながら『水原里恵』『高原里恵』、そして深津名義で5年間で7枚のシングル、2枚のアルバムを発売する力の入れようでしたが、結局、泣かず飛ばず。ひっそりと完全なる女優業にシフトしています」

 そして、もう一人はデビュー3年目の1998年に日本アカデミー賞を獲ってブレイクした木村佳乃だ。

「芸の幅を広げるためか、同年にシングル『イルカの夏』でCDデビューを果たしています。女優として売れてからの歌手活動のため、CMタイアップ曲に使われるも、同路線の松たか子のようにオリコン上位にはランクインせず。それでもめげることなく新曲を発表し続け、01年に持ち歌の半分を突っ込んだベストアルバムが不発に終わったところで歌手廃業の運びとなりました」(前出・芸能ライター)

 果たして、小西の歌手へのシフトは「黒歴史」となるのか、はたまた「再浮上」のきっかけとなるのか…。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年5月号

ウェブ(禁)新論

ウェブ(禁)新論

マンガで学ぶ「(裏)社会学」

マンガで学ぶ「(裏)社会学」
    • 【実際のヤクザ】に聞いた下半身事情
    • 【ヲタめし】ハロプロヲタのライブ後

華村あすか、19歳のプライベートセクシー

華村あすか、19歳のプライベートセクシー
    • 【華村あすか】クダモノとカラミます。

インタビュー

連載

    • 【アンジェラ芽衣】けっこう根暗なんです。
    • 【宮下かな子】森田童子にゾクゾク
    • 【冨手麻妙】映画界に愛された女優の身体
    • 密かに好成績を残した剣の貴公子
    • 【由美子】の夢は夜ひらく
    • 行政法研究者が語る日本の行方
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【品川ヒロシ】が夜通し語る映画愛
    • 継続危機と対峙する【秋田の伝統祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【XXX Tentacion】SNS厄介者たちの続く伝説
    • 【元スパイ襲撃被害】スパイによる本当の諜報活動
    • ナチスの【優生学】が投げかけるもの
    • 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」/『サバービコン』
    • 実話を元に描かれた【映画でわかる】社会の病巣
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/森友ふたたび
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 女はなぜ皆【星野源】を欲するのか?
    • 俺と伝説のラッパーたちとの交遊録
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化系連合赤軍な雑誌の終焉。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』