>   >   > 30キロダイエット成功の松村邦洋が脱げない理由
1709_matsumura.jpg
『デブの真実』(角川書店)

 お笑いタレントの松村邦洋が今月13日、都内で行われたパーソナルトレーニングジム「ライザップ」の新CM発表会に出席した。

 松村は約8カ月で110キロから80キロまで30キロのダイエットに成功。スーツ姿で登場したものの裸は披露せず、「スーツを着たのは成人式以来。やっぱり健康が一番」とやせた喜びを語った。

「放送中のCMではダイエット前のたるんだボディーをさらけ出している。これまでダイエットの成功者たちは会見やCMでダイエットの“成果”である上半身の裸を披露。しかし、松村は上半身を披露することがなかった。その会見の模様を伝えたワイドショーでは裸を披露しないことについてコメンテーターがつっこんでも良さそうなもの。しかし、宣伝費にかなりの金をつぎ込んでいる『ライザップ』は今や民放キー局にとって優良スポンサー。そのため、コメンテーターたちも“暗黙の了解”を理解しているようで、松村の裸がない件にはつっこまなかった」(会見を取材した記者)

 17日には準レギュラーを務める『アッコにおまかせ!』(TBS系)に生出演。お腹周りもスッキリとしたジーンズ姿の松村は、「体調はいいです。階段も登れるようになりました」などと健康体をアピール。

 しかし、コメントがスベるたびにMCの和田アキ子から「全然!お前、太ってた時と芸は一緒やんけっ」、「中身は変わっていない」などとつっこまれる始末。

 とはいえ松村が絶対服従のはずの和田からも上半身裸を強要されることはなかったが、それには深い理由がありそうだ。

「あくまでも一般的な体作りの観点からですが、肉体改造前の時点で松村さんはかなり皮が余っていましたので、もともと筋肉量は少ないと思われます。あの状態から約8カ月で30キロという、常識外れの減量。それでどうなるかというと、さらに皮が余ってしまう状態になるでしょう。今後、現在の体重をキープして筋肉量を増やし体を引き締めていかないと、とても人前に出せるような体にはならないはず。ライザップ側としても“失敗例”と思われたくないのでまだ上半身の裸を許可していないのでしょう」(大手スポーツクラブのベテラントレーナー)

 リバウンドの可能性もあり本人の努力次第だが、松村の“脱ぎ”はまだまだ先になりそうだ。


Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年11月号

禁断の家電・ガジェット

禁断の家電・ガジェット
    • テック系企業の【経済地理額】
    • 次世代のテック系【注目都市】
    • 世界を席巻する【アジア家電】
    • 【D.O.I.×BERBAL】安室奈美恵論
    • 【アムロ】を支えたPの本音
    • 知られざる地方【テック企業】
    • 米国【大麻用電子たばこ】産業事情
    • 【星名美津紀】家電とエロス
    • 進化し続ける【アダルトVR】の今
    • 最新【バーチャルセックス】のしくみ
    • 【三代目JSB・山下健二郎】スニーカー愛
    • 【三代目Air Jordan Brothers】選出!
    • 【リバタリアン】生んだネットの終焉
    • 各国【ネット規制】の事件簿
    • 【ゲーム依存】はビョーキか否か?
    • 【モノ雑誌】の「読プレ」豪華番付
    • 【景品表示法】を弁護士はどう見るか

防弾少年団がアメリカを制する日

防弾少年団がアメリカを制する日
    • 今さら聞けない【BTS】基礎講座
    • 数字で見る【K-POP】世界進出
    • BTS支持層【アジア系アメリカ人】の連帯

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【忍野さら】友達の財布に私のトレカを入れるんです。
    • 【小林レイミ】デビュー4年目の初グラビア!
    • 振り返れば【芽衣】がいる
    • 【電力業界】に切り込んだ元フィンテック起業家
    • 【新潮45】を潰したのは誰だ!
    • 【阿波踊り】内紛の実情
    • 【中国】を支配する巨大顔認証システム
    • 【88ライジング】がアジアと米国を繋ぐ
    • 町山智浩/『ブラック・クランズマン』アメリカ・ファーストを謳うのは誰か
    • 政権の利益誘致政策に踊らされる【英語教育】の欺瞞
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/黒い水脈
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【おとぎ話みたい】文化系男子が患う恋愛の病
    • ギャング集団に所属するアパレル屋
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ビールの世界を超越し始めた【職人】
    • ひとりぼっちたちを繋ぐ【薔薇族】の誕生
    • 幽霊、雑誌の去勢と俗物主義の衰退。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』