サイゾーpremium  > 特集  > アダルト  > なぜ女たちは芸能人との夜を暴露する?【1】/セックス暴露記事】に見るエロス

――これまで数々の芸能人が、そのお相手女性に、夜の営みを告白・暴露されてきた。記事の中で女たちが語る、細かすぎるセックスのディテール。それは時に記事の本質をも忘れさせ、どこまでも我々の淫靡な想像をかき立てる。今回は、そんな暴露記事に見る体験記の不思議なエロさを分析する。

高畑裕太、手越祐也、斎藤工……夜の営みを暴露される男たち 「小出恵介一晩2回中出し」は願望!?セックス暴露記事に見るエロス分析の画像1
毎週たくさんの週刊誌が発行され、コレに加えてウェブニュースも乱立状態。芸能人たちも、気の休まる隙もない?

 先月、俳優・小出恵介の未成年少女との淫行問題が世間を騒がせた。無論、レイプや淫行は犯罪であり、行為として許されるものではない。だが、今回焦点を当てるのは、それらを報じた記事におけるセックス描写だ。近年、芸能人の不祥事に絡む性生活の実態に関する描写が、どんどんと細かくなっている風潮があるように感じられるが、そこに理由はあるのか? 元「週刊現代」編集長の元木昌彦氏は、こう語る。

「いうまでもなく、有名人と関係を持ったと話す女性による暴露記事については、最近始まったことではないです。ただ、ウェブの台頭もあって、単純に記事の数が多くなったというのはあると思います。その分、些末なネタでも取り上げられるわけです。あとは昔よりも女の子が、簡単に暴露するようになってきているみたいですね。現代では、セックス感がライトになってきているのか、事細かなことまで話してくれている傾向はあると感じます」

 暴露記事に登場する女性の多くは、一般女性。時代背景としてセックスについて語ることへの抵抗が、少なくなってきているというのだ。さらに、描写が細かくなまめかしくなったのには、雑誌業界の事情もあるという。

「『週刊文春』に端を発するスクープ合戦が過熱する中で、特に文字ベースの雑誌では写真がない分、描写を過激にするしかないわけです。写真誌にしても、本来は強い写真が1枚あればいいのですが、出版業界の低迷でかつてほどには写真でのスクープにお金をかけられなくなってきている。なので、写真はそこそこの写りのものであっても、そこからさらにどうやって記事を盛り上げていくか。普通に女性からの告白を聞いただけでは、所詮男女の営み。セックスの内容にはあまり差が出ないため、記事の盛り上がりを考えると事細かに聞いて書かないと、ということになる」(元木氏)

 貞操観念や雑誌業界の変化が、より細やかでエロい描写につながっていった。

 では近年の暴露系記事には、どのような描写があるのだろうか? まずは小出恵介や高畑裕太のような“鬼畜系セックス”。ハメ撮りドキュメント作品で人気を博すAVメーカー・HMJMの、監督の梁井一氏が話す。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年2月号

日本のタブー

日本のタブー
    • 【芸能界】権力構造とパワハラの闇
    • 【女性の社会進出】で浮き彫りになった問題
    • 【ヤフーニュース】という怖い権力
    • 【ヤフトピ】が抱える懸念点
    • 【GREEN KIDS】が紡ぐ移民の歌
    • 【共産圏】らで禁忌化するラップ
    • 風水が後押しする【タッキー】社長就任
    • 【豊川稲荷とメリー喜多川】の共鳴
    • 不正入試で揺れる【医学部】の闇
    • 米国の【大麻解禁】と処方薬汚染
    • 【処方薬】の犠牲になったポップスター
    • 塗り替えられた【五輪ユニフォーム】
    • 【原発と精神病院】そして戦後日本
    • 慰めとしての百田尚樹【日本国記】
    • 【ストロング系チューハイ】レビュー
    • ストロングゼロが霞む【米国】ヤバい酒

小阪有花、危険なエロス

小阪有花、危険なエロス
    • 元祖タブーグラドル【小阪有花】

NEWS SOURCE

    • ヤリ手社長の徹底管理!【米津玄師】の実態
    • 【官邸ポリス】と警察官僚内紛の点と線
    • 【ネットフリックス】でテレビ業界崩壊?

インタビュー

    • 【宮下かな子】姉御肌女優の管理術
    • 【舐達磨】シーンをかき回す熊谷のラッパー
    • 【金属バット】劇場出禁!? 異端漫才師の生き様

連載

    • 【長澤茉里奈】ストロング系なんです。
    • 【犬童美乃梨】筋トレ女子、秘密の習慣
    • いとしの【戸田恵梨香】
    • 自由な【インターネット】は終わった
    • 一茂、良純【中年ジュニア】の時代が到来
    • 知られざる【北島三郎】まつり話
    • 【スタバ】を襲う謎のコーヒー起業家
    • 【Zapp】ロボット声の魔力
    • 町山智浩『運び屋』
    • 【ゴーン前会長逮捕】から考える社会の劣化
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/憎みきれないハゲダルマ
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【ちびまる子ちゃん】がその他大勢に与えた救済
    • 【スヌープドッグ】のローライダーを塗った男
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 不死鳥のごとく蘇った【天才ブルワー】
    • 【ゲイメディア史】群雄割拠時代の幕開け
    • 幽霊、呪われた平成と世直しの幻想。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』