>   >   > なぜ女たちは芸能人との夜を暴露する?【1】/セックス暴露記事】に見るエロス

――これまで数々の芸能人が、そのお相手女性に、夜の営みを告白・暴露されてきた。記事の中で女たちが語る、細かすぎるセックスのディテール。それは時に記事の本質をも忘れさせ、どこまでも我々の淫靡な想像をかき立てる。今回は、そんな暴露記事に見る体験記の不思議なエロさを分析する。

高畑裕太、手越祐也、斎藤工……夜の営みを暴露される男たち 「小出恵介一晩2回中出し」は願望!?セックス暴露記事に見るエロス分析の画像1
毎週たくさんの週刊誌が発行され、コレに加えてウェブニュースも乱立状態。芸能人たちも、気の休まる隙もない?

 先月、俳優・小出恵介の未成年少女との淫行問題が世間を騒がせた。無論、レイプや淫行は犯罪であり、行為として許されるものではない。だが、今回焦点を当てるのは、それらを報じた記事におけるセックス描写だ。近年、芸能人の不祥事に絡む性生活の実態に関する描写が、どんどんと細かくなっている風潮があるように感じられるが、そこに理由はあるのか? 元「週刊現代」編集長の元木昌彦氏は、こう語る。

「いうまでもなく、有名人と関係を持ったと話す女性による暴露記事については、最近始まったことではないです。ただ、ウェブの台頭もあって、単純に記事の数が多くなったというのはあると思います。その分、些末なネタでも取り上げられるわけです。あとは昔よりも女の子が、簡単に暴露するようになってきているみたいですね。現代では、セックス感がライトになってきているのか、事細かなことまで話してくれている傾向はあると感じます」

 暴露記事に登場する女性の多くは、一般女性。時代背景としてセックスについて語ることへの抵抗が、少なくなってきているというのだ。さらに、描写が細かくなまめかしくなったのには、雑誌業界の事情もあるという。

「『週刊文春』に端を発するスクープ合戦が過熱する中で、特に文字ベースの雑誌では写真がない分、描写を過激にするしかないわけです。写真誌にしても、本来は強い写真が1枚あればいいのですが、出版業界の低迷でかつてほどには写真でのスクープにお金をかけられなくなってきている。なので、写真はそこそこの写りのものであっても、そこからさらにどうやって記事を盛り上げていくか。普通に女性からの告白を聞いただけでは、所詮男女の営み。セックスの内容にはあまり差が出ないため、記事の盛り上がりを考えると事細かに聞いて書かないと、ということになる」(元木氏)

 貞操観念や雑誌業界の変化が、より細やかでエロい描写につながっていった。

 では近年の暴露系記事には、どのような描写があるのだろうか? まずは小出恵介や高畑裕太のような“鬼畜系セックス”。ハメ撮りドキュメント作品で人気を博すAVメーカー・HMJMの、監督の梁井一氏が話す。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年9月号

日本のタブー2017

日本のタブー2017
    • 【ハクソー・リッジ】はなぜ炎上?
    • 【フリーメイスン】ビジネスの裏側
    • 【ネタ消費】されるフリーメイスン
    • 世間を洗脳する【PR会社】の実像
    • 有名事案で暗躍した【PR会社】の功績
    • 【世界遺産】乱立の真相
    • 【福岡・北九州】相克の近代100年史
    • 九州で蠢く【闇ビジネス】の実相
    • 【七社会と麻生グループ】の癒着
    • 【ナマモノBL】は本当にタブーなのか?
    • 【福山雅治】もハマったBL妄想
    • 【音楽業界】の歌詞"自主規制"問題
    • キスもNG?保険ありきの【MV】事情
    • 【ぱちんこ】出玉規制強化に見る警察の本音
    • 【ぱちんこ】は北朝鮮の資金源か!?
    • 急増する【仮想通貨】詐欺の最前線
    • 【仮想通貨】誕生の背景
    • 【優生学】の歴史的背景と真実
    • 日本国内外の【優生保護法】
    • 【うんこドリル】から考えるミソジニー
    • 【うんこドリル】に見る哲学的例文集

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 園都「B90センチGカップを隠しながら」

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ
    • 【18歳の現役JD女優】禁断のカラみ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【小倉優香】運気上がってるんです。
    • 【早乙女ゆう】食品サンプルとカラむ!
    • 【萩原みのり】ゆずの「いつか」に涙する
    • プロで日本王座も獲ったボクシング選手
    • 俺が大丈夫って言えば【すず】はきっと大丈夫で
    • 日本の遅れた【IT】事情を改善する最後のチャンス
    • サブカルチャーの終焉を見た
    • 【田原総一朗】というジャンルが見せるトークの妙
    • 祭りと【フリースタイル】の相性
    • デイヴィッド・ヒュームの【人性論】を読む
    • 【モブ・ディープ】黄金期を支えた巨星墜つ
    • 世界はいま本当に【テロ】の時代か?
    • 謎の【スメリズム】は18世紀欧州の"気功法"!?
    • 『この世に私の居場所なんかない』義憤に燃える介護士の血みどろコメディ
    • 【ポスト安倍候補】が語る自民党の「これまで」と「これから」
    • 戦死者たちの肖像(上)
    • もやもや籠池劇場
    • 男にはマネできないこの回転!まわるバイブで未知の体験を
    • 【サプリ】「こじらせ女子」とは社会に立ち向かう女性たち
    • 「フェティポップ」とはなんぞや?
    • 【紀宮様の婚約会見】を振り返り、眞子様と小室さんの未来を占う
    • タブーすぎる野球裏話…幽霊、興行は清濁併せ呑む暇つぶし
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』