>   >   > なぜ女たちは芸能人との夜を暴露する?【1】/セックス暴露記事】に見るエロス

――これまで数々の芸能人が、そのお相手女性に、夜の営みを告白・暴露されてきた。記事の中で女たちが語る、細かすぎるセックスのディテール。それは時に記事の本質をも忘れさせ、どこまでも我々の淫靡な想像をかき立てる。今回は、そんな暴露記事に見る体験記の不思議なエロさを分析する。

高畑裕太、手越祐也、斎藤工……夜の営みを暴露される男たち 「小出恵介一晩2回中出し」は願望!?セックス暴露記事に見るエロス分析の画像1
毎週たくさんの週刊誌が発行され、コレに加えてウェブニュースも乱立状態。芸能人たちも、気の休まる隙もない?

 先月、俳優・小出恵介の未成年少女との淫行問題が世間を騒がせた。無論、レイプや淫行は犯罪であり、行為として許されるものではない。だが、今回焦点を当てるのは、それらを報じた記事におけるセックス描写だ。近年、芸能人の不祥事に絡む性生活の実態に関する描写が、どんどんと細かくなっている風潮があるように感じられるが、そこに理由はあるのか? 元「週刊現代」編集長の元木昌彦氏は、こう語る。

「いうまでもなく、有名人と関係を持ったと話す女性による暴露記事については、最近始まったことではないです。ただ、ウェブの台頭もあって、単純に記事の数が多くなったというのはあると思います。その分、些末なネタでも取り上げられるわけです。あとは昔よりも女の子が、簡単に暴露するようになってきているみたいですね。現代では、セックス感がライトになってきているのか、事細かなことまで話してくれている傾向はあると感じます」

 暴露記事に登場する女性の多くは、一般女性。時代背景としてセックスについて語ることへの抵抗が、少なくなってきているというのだ。さらに、描写が細かくなまめかしくなったのには、雑誌業界の事情もあるという。

「『週刊文春』に端を発するスクープ合戦が過熱する中で、特に文字ベースの雑誌では写真がない分、描写を過激にするしかないわけです。写真誌にしても、本来は強い写真が1枚あればいいのですが、出版業界の低迷でかつてほどには写真でのスクープにお金をかけられなくなってきている。なので、写真はそこそこの写りのものであっても、そこからさらにどうやって記事を盛り上げていくか。普通に女性からの告白を聞いただけでは、所詮男女の営み。セックスの内容にはあまり差が出ないため、記事の盛り上がりを考えると事細かに聞いて書かないと、ということになる」(元木氏)

 貞操観念や雑誌業界の変化が、より細やかでエロい描写につながっていった。

 では近年の暴露系記事には、どのような描写があるのだろうか? まずは小出恵介や高畑裕太のような“鬼畜系セックス”。ハメ撮りドキュメント作品で人気を博すAVメーカー・HMJMの、監督の梁井一氏が話す。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年11月号

禁断の家電・ガジェット

禁断の家電・ガジェット
    • テック系企業の【経済地理額】
    • 次世代のテック系【注目都市】
    • 世界を席巻する【アジア家電】
    • 【D.O.I.×BERBAL】安室奈美恵論
    • 【アムロ】を支えたPの本音
    • 知られざる地方【テック企業】
    • 米国【大麻用電子たばこ】産業事情
    • 【星名美津紀】家電とエロス
    • 進化し続ける【アダルトVR】の今
    • 最新【バーチャルセックス】のしくみ
    • 【三代目JSB・山下健二郎】スニーカー愛
    • 【三代目Air Jordan Brothers】選出!
    • 【リバタリアン】生んだネットの終焉
    • 各国【ネット規制】の事件簿
    • 【ゲーム依存】はビョーキか否か?
    • 【モノ雑誌】の「読プレ」豪華番付
    • 【景品表示法】を弁護士はどう見るか

防弾少年団がアメリカを制する日

防弾少年団がアメリカを制する日
    • 今さら聞けない【BTS】基礎講座
    • 数字で見る【K-POP】世界進出
    • BTS支持層【アジア系アメリカ人】の連帯

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【忍野さら】友達の財布に私のトレカを入れるんです。
    • 【小林レイミ】デビュー4年目の初グラビア!
    • 振り返れば【芽衣】がいる
    • 【電力業界】に切り込んだ元フィンテック起業家
    • 【新潮45】を潰したのは誰だ!
    • 【阿波踊り】内紛の実情
    • 【中国】を支配する巨大顔認証システム
    • 【88ライジング】がアジアと米国を繋ぐ
    • 町山智浩/『ブラック・クランズマン』アメリカ・ファーストを謳うのは誰か
    • 政権の利益誘致政策に踊らされる【英語教育】の欺瞞
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/黒い水脈
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【おとぎ話みたい】文化系男子が患う恋愛の病
    • ギャング集団に所属するアパレル屋
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ビールの世界を超越し始めた【職人】
    • ひとりぼっちたちを繋ぐ【薔薇族】の誕生
    • 幽霊、雑誌の去勢と俗物主義の衰退。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』