>   >   > ハリウッド版原作レイプの真相【1】/【ハリウッド】で横行する原作改変

――ハリウッドでベストセラー小説が映画化されても、原作と中身が違うということはよくあり、その結果「原作者が映画の出来に激怒」というトラブルも耳にする。なぜ、このような事態は起きてしまうのか? ここでは映画化をめぐってのトラブルと、原作改変が許される理由を探っていこう。

映画会社と出版社はグルだった!?ヒットしても作家に利益なし!?ハリウッド「原作改変」の横行理由の画像1
そもそも女性向けSM官能小説が今、全世界でベストセラーというのが驚き。

 ベストセラーの小説やマンガがもれなく映画化されるのは日本もハリウッドも同じだ。しかし、業界の規模の違いもあって、ハリウッドで生み出される利益は日本のそれとは比べ物にならない。たとえば、邦画では人気マンガを実写化した『テルマエ・ロマエ』(2013年)の興行収入が約60億円であったのに対し、原作者のヤマザキマリ氏が受け取った「原作使用料」は100万円だったと明かされているが、一方のハリウッドにおいては、主婦が書いた女性向け官能小説こと“マミー・ポルノ”の名を広め、世界中で約1億2500万部以上も売り上げたという『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』(15年)をめぐって、映画化の権利だけで500万ドル(5億円)ものカネが動いたという。また、契約金が100万ドル(それでも十分高い)だったにもかかわらず、シリーズ累計の興行成績が世界歴代2位の77億ドルを記録した『ハリー・ポッター』のように、映画が当たればさらに書籍も連動して世界中で売れるため、小説がハリウッドで映画化されヒットすれば、その儲け額は日本と比べ物にならない。

 ただ、利権が巨大であるほど、かかわる人間も多くなっていくのが世の常。それぞれの主張が複雑に絡みあった結果、トラブルを招くケースは多い。映画ライターのキシオカタカシ氏に主なトラブルの事例を聞いた。

「有名なのはジャック・ニコルソン主演の『シャイニング』(1980年)ですね。監督のスタンリー・キューブリックがもともと“他人の小説を触媒にして自分の物語を語る”タイプだったことで、原作者のスティーブン・キングと電話で意見交換はされたというものの、結果的に内容は大幅に改変されました。周知の通り映画は大ヒットしましたが、スティーブン・キングはいまだに映画を批判しています。もうひとつは『ネバーエンディング・ストーリー』(84年)。原作者のミヒャエル・エンデが脚本に参加していたにもかかわらず、ラストを改変されたとして激怒。製作を取り止めるかタイトルを変更するように求めましたが、結局クレジットから自分の名前を外すことで決着しました。また、『地球最後の男』はこれまで3度映画化されましたが、原作者のリチャード・マシスンは懲りない映画化には呆れていたようです。2作目と3作目に関してはこの小説の肝となるエンディングが、原作と丸っきり正反対ですしね(笑)。映画化権を売ったものの、作者の手の離れた所で意に沿わない形になった典型といえます。内容以外でモメた例としては『フォレスト・ガンプ』(94年)が挙げられます。映画の公開後、原作者ウィンストン・グルームは製作会社を相手取り利益配分をめぐる訴訟を起こしました。というのも、世界興収が製作費5500万ドルの12倍以上であったにもかかわらず、映画会社が『宣伝などの経費も計上したら、利益はなかったので払えない』と主張したからです」

 監督の作家性がゆえの原作改変や利益配分など、トラブルの理由としてはうなずける内容だ。しかしそこには、ハリウッド特有の法律構造や文化的背景なども介在する。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年9月号

日本のタブー

日本のタブー
    • 【中国】が目指す究極のディストピア
    • 【韓国人になりたい若者】と美容整形
    • 【オウム真理教】が利用したドラッグ
    • Kダブが語る【愛国ソング】の是非
    • なぜヤバい【大学】は生まれるのか?
    • 危険な【大学図鑑】2018
    • ヤバい【配信ドキュメンタリー】
    • すぐ見られる【ドキュメンタリー】12選
    • 【ジェントリフィケーション】の功罪
    • 【豪雨災害】の裏にある宅地開発
    • 【スピリチュアル】業界の最新事情
    • 流行りの【子宮系】ってなんだ?
    • 衰退する【宗教】にすがる政治家のなぜ
    • 【葬儀ビズ】と首都開教
    • 学問としての【心霊とオカルト】
    • 暴かれた【暴力団】最大のタブー
    • 減少する全国の【暴力団】

美人YouTuber"配信不可"グラビア

美人YouTuber
    • 【うなぎひまわり】禁断の着衣とは?

NEWS SOURCE

    • 活発化する【公安調査庁】のお粗末さ
    • メディアが黙殺した【タモリ】タブー
    • 【小室哲哉】不倫騒動のその後

インタビュー

    • 【湯川ひな】演技に目覚めた17歳
    • 【男劇団青山表参道X】イケメン戦国時代に殴り込み
    • 【なでしこ寿司】女人禁制の世界に波風を立てる

連載

    • 【小倉優香】基本的に不摂生なんです。
    • 【永尾まりや】自然体美女の夏の予定
    • 【朋ちゃん】を慰めるやつはもういない
    • 日本のテレビ局は韓国を見習うべき
    • 高須基仁の「全摘」
    • EZ DO【BON】DANCE爆誕
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ジェイ・パーク】「元2PM」の看板も今は昔
    • 町山智浩/『ソーリー・トゥ・バザー・ユー』労働SFが描く暗黒郷
    • 【新聞社】が抱える病巣と復活への道
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/殺人猛暑2018
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【未来のミライ】酷評から見える、相互理解の絶対的難しさ
    • ロリータの写真を撮るメキシコ人カメラマン
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 映画の世界から【ビール】道へ
    • 幽霊、草食系十字軍と不能者の憎悪。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』