>   >   > 「ファンキー・ホモ・サピエンス」【47】/【エド・シーラン】エミネムに救われたホビットの叫び
連載
「ファンキー・ホモ・サピエンス」【47】

【エド・シーラン】エミネムに救われたホビットの叫びが胸を打つ!

+お気に入りに追加

『÷』

【エド・シーラン】エミネムに救われたホビットの叫びが胸を打つ!の画像1

エド・シーラン(販売元:ワーナーミュージック)

UKでのリリース週に70万枚近く売れるとともに、全曲がUKシングル・チャートにランク入りした怪物アルバム(ストリーミング再生が凄まじかったため)。先行シングル「Shape of You」は、TLCの「No Scrubs」を引用。続くシングル「Galway Girl」は、かき鳴らすギターとヒップホップなビートが合体した逸品、エリゾンド制作。


 死地に赴く若きドワーフのつもりで歌いました。

 自曲についてそう語った青年は、しかし、ドワーフよりホビットに見える。なんにせよ、小柄な体格といい、やや幅広な顔といい、「中つ国の住人」色が濃厚だ。

 ところが、「ビルボ」「フロド」「ギムリ」といったトールキン直系な名前ではなく、彼の名は「エドワード」だ。人間と考えると、ステレオタイプなアイリッシュの外見ともいえる……特にその赤毛は。おまけに姓も典型的なアイルランド名。だが、その青年が、実はイングランド生まれ、イングランド育ちとは。当方の予想はまたも裏切られるのだった……。

 今回の主役、「エド」の愛称で知られるエドワード・クリストファー・シーランのことである。

 私を打ちのめしたのは、エド・シーランが歌う映画『ホビット 竜に奪われた王国』の主題歌「I See Fire」だ。

 ほとばしるトールキン魂は、身も心もホビット化したかのごとし! それもそのはずで、幼き日のエドが父に初めて読んでもらった本も、自分自身で初めて読破した本も、共に『ホビットの冒険』。「生まれて以来、ずっと愛読してます」と言い切るトールキン信奉者なのだ。

 しかし、トールキン魂だけなら、私はここまで入れ込まない。デビュー・アルバム『+』が“白いブルーノ・マーズ”と評されたことからもわかる通り、エド・シーラン=「R&Bやヒップホップを自然に呼吸してきた、新世代の白人」と思えることが大きな要因だ。

「I See Fire」は、『ホビット』の世界に寄り添う曲調、生ギターがポロロンと響くフォーク・バラードだ。だが、要所要所でリズムが際立つ上に、R&Bリスナー(私)の琴線に触れる歌唱が、なによりもいい。

 いわば、「メタリカ meets フランキー・J」。バラード「Nothing Else Matters」あたりを演奏するときのメタリカに通じるヨーロッパ直系の叙情性と、歌そのものから香り立つR&B/ヒップホップ的センス、その類い稀なミクスチャーなサウンドがエド・シーランなのではないか。

 このアーティスト性はどう育まれたのだろう?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年11月号

ファッション(禁)コレクション2017

ファッション(禁)コレクション2017

本誌特選!8人の(サ)な女たち

本誌特選!8人の(サ)な女たち
    • 歴代カバーガールグラビア傑作選

山地まり、大人Kawaiiレトロモダン水着

山地まり、大人Kawaiiレトロモダン水着
    • 【山地まり】Fカップとレトロ

インタビュー

連載

    • 【今野杏南】これで最後なんです。
    • 【佐藤江梨子】政治性が響くモンパチの歌
    • 【長澤茉里奈】合法ロリ生春巻き
    • 【斉藤由貴】スローな由貴でいてくれ
    • 【インターネット】への誤解がもたらす日本の危機
    • 【特別編】九州に格闘技界旋風起こす男
    • 【元・モー娘。】歌よりも正直なトーク
    • 【三波春夫】が2017年に蘇る
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【フレンチ・モンタナ】モロッコ系最強ラッパー
    • 【電通過労死事件】から考える労災
    • 【治療共同体】で精神病院を開放せよ!?
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」/『バリー・シール』
    • 世界一災害に弱い【東京】備えなき首都大災害
    • 小原真史の「写真時評」
    • 赤い屍と緑のタヌキ
    • ジャングルポケット/フェラペチーノで自分好みのプレイを!
    • 【最高の離婚】夫婦の溝を埋める最良のテキストドラマ
    • ボディペインティングが導く愉楽
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、政治と信仰と破綻の円環構造。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』