>   >   >  林賢一の「ライク・ア・トーキングストーン」/【綾小路きみまろ】誠実すぎるプロの漫談
連載
『林賢一の「ライク・ア・トーキングストーン」』【25】

5秒に1回客を笑わせ、ぴったり80分でライブ終了――【綾小路きみまろ】の誠実すぎるプロの漫談

+お気に入りに追加

――元放送作家で、現在は脚本家として心機一転活動する林賢一が、生のトーク現場に裸一貫突入! 事務所の大看板・古舘伊知郎を始めとした先達たちが繰り広げるトークライブをレポートする。

『綾小路きみまろ 笑撃ライブ2017』

5秒に1回客を笑わせ、ぴったり80分でライブ終了――【綾小路きみまろ】誠実すぎるプロの漫談の画像1

人物:綾小路きみまろ 日時場所:2017年4月25日 @草加市文化会館

日本全国各地を爆笑の渦に巻き込み続ける、綾小路きみまろの笑撃ライブに突撃! 現在進行形の毒舌漫談とは!? 66歳のきみまろをウォッチングしてみた。


 綾小路きみまろが観客を1分間で何回笑わせているか、数えてみた。結果、1分間に12回の笑いが生まれていた。1分間に12回人を笑わせることができるのはプロだけだ。1分に12回とは、つまり5秒に1回笑わせている計算になる。例えばM-1グランプリのような、規定時間内にどれだけ笑いを取れるかというコンテストであれば、そこに猛烈な手数を打つのは当然だ。だが、自身のライブでそれをやるとなると、簡単ではない。綾小路きみまろは1000人を越える地方の文化会館でそんなトークを定期的に行っている66歳。冷静に考えると、超人かもしれない、とライブを体感して思った。

 埼玉県草加市文化会館で行われた「綾小路きみまろ笑撃ライブ2017」は中高年の観客で溢れ、異様なハイテンションで包まれていた。中年女性2人連れ、後期高齢者夫婦、老人母&中年息子など、さながら中高年の見本市のようであった。

 上演前には、そんな観客たちがケミカルライト(光る棒)を振りながら、きみまろの出番を待っている。一瞬、「ここはジャニーズのライブか?」と勘違いしてしまうほど、みなさまお元気のようだ。

 きみまろが登場すると、会場が揺れる。これがロックバンドのライブならわかる。だが、観客はほとんどが60歳オーバー。しかも、平日の14時である。普通の勤め人は来ることなんてできない。草加市が揺れた。この事実に興奮してしまった。そして、きみまろが歌う、踊る、跳ねる。観客のグルーヴが上がりきったところで、いきなり客いじりが始まる。

「前のほうの席はあんまり元気ないけど、ここはデイサービス?(笑いドッカーン)あれ、奥さん。あの人に似てない? 籠池元理事長(ドッカーン)。あー、ところどころ席が空いてますね。日にちを間違えてるんですね、ボケちゃって(ドッカーン)。奥さんのファッションすごいね、エルメスのようなしまむら(ドッカーカーン)。いや、シルクのようなポリエステル(ドッカーン)」

 オープニングからこの調子で延々、客いじりが続く。5秒に1度笑いを取っていた証拠がコレである。とにかくテンポが速いのだ。しかも、きみまろは笑いの後に間を取る、いわゆる「笑い待ち」をしない。間髪入れず、すぐさま次のギャグをかましてくるのだ。この連続攻撃はハードドラッグのように中高年を酩酊させてゆく。

 いつまで客いじりが続くんだ? と心配になっていると、続いて始まったのが「綾小路きみまろのライブに行こうとする夫婦の1人コント」だ。2人暮らしの老夫婦のやりとりをきみまろが1人で演じていく。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年9月号

日本のタブー

日本のタブー
    • 【中国】が目指す究極のディストピア
    • 【韓国人になりたい若者】と美容整形
    • 【オウム真理教】が利用したドラッグ
    • Kダブが語る【愛国ソング】の是非
    • なぜヤバい【大学】は生まれるのか?
    • 危険な【大学図鑑】2018
    • ヤバい【配信ドキュメンタリー】
    • すぐ見られる【ドキュメンタリー】12選
    • 【ジェントリフィケーション】の功罪
    • 【豪雨災害】の裏にある宅地開発
    • 【スピリチュアル】業界の最新事情
    • 流行りの【子宮系】ってなんだ?
    • 衰退する【宗教】にすがる政治家のなぜ
    • 【葬儀ビズ】と首都開教
    • 学問としての【心霊とオカルト】
    • 暴かれた【暴力団】最大のタブー
    • 減少する全国の【暴力団】

美人YouTuber"配信不可"グラビア

美人YouTuber
    • 【うなぎひまわり】禁断の着衣とは?

NEWS SOURCE

    • 活発化する【公安調査庁】のお粗末さ
    • メディアが黙殺した【タモリ】タブー
    • 【小室哲哉】不倫騒動のその後

インタビュー

    • 【湯川ひな】演技に目覚めた17歳
    • 【男劇団青山表参道X】イケメン戦国時代に殴り込み
    • 【なでしこ寿司】女人禁制の世界に波風を立てる

連載

    • 【小倉優香】基本的に不摂生なんです。
    • 【永尾まりや】自然体美女の夏の予定
    • 【朋ちゃん】を慰めるやつはもういない
    • 日本のテレビ局は韓国を見習うべき
    • 高須基仁の「全摘」
    • EZ DO【BON】DANCE爆誕
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ジェイ・パーク】「元2PM」の看板も今は昔
    • 町山智浩/『ソーリー・トゥ・バザー・ユー』労働SFが描く暗黒郷
    • 【新聞社】が抱える病巣と復活への道
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/殺人猛暑2018
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【未来のミライ】酷評から見える、相互理解の絶対的難しさ
    • ロリータの写真を撮るメキシコ人カメラマン
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 映画の世界から【ビール】道へ
    • 幽霊、草食系十字軍と不能者の憎悪。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』