>   >   > 【芸能ニュース】ソニー内紛の弊害か? 元乃木坂・橋本奈々未密会疑惑の真相
ニュース
清楚系アイドルの熱愛スキャンダル?

ソニー内紛の弊害か? 元乃木坂・橋本奈々未密会疑惑の真相

+お気に入りに追加

清楚系アイドルの熱愛スキャンダル?

AKB48グループ同様、押しも押されもせぬ国民的アイドルにまでのし上がった乃木坂46。清楚系をウリにする乃木坂ではあるが、卒業したあるメンバーのスキャンダルが報じられた。だが、その内容に疑義を唱える声もチラホラ。所属レーベルの社内抗争に使われたという向きもあるが、その真相をリポート!

ソニー内紛の弊害か?元乃木坂・橋本奈々未密会疑惑の真相の画像1
音楽情報サイト『ミュージックマン』に掲載された、村松氏のインタビュー。

 今年2月にアイドルグループ乃木坂46を卒業し、芸能界を引退した橋本奈々未。先日、50代の男性との“密会疑惑”が「週刊文春」(文藝春秋/5月4日・11日号)で報じられた。お相手は乃木坂が所属する大手レコード会社、ソニー・ミュージックエンタテインメントの取締役の村松俊亮氏。同誌は、橋本がグループ卒業&芸能界引退後も村松氏とプライベートで会食するなど、密会を繰り返していることをカメラに収め、橋本を自宅マンションへ見送り、建物内に入る姿も確認、橋本の“私物化”に苦言を呈している。

 この報道に対して運営側は、乃木坂の公式サイトで「すでに、専属契約は終了(本年3月31日付)しておりますが、撮影された日時が契約期間中であったため、本サイトに掲出させていただきます」と前置きしたうえで、橋本の談話を掲載、「隠さなければならない事実は何もありません」「父親のいない私に本当の父親のように親身になって相談に乗って頂いていた」など、村松氏との恋愛関係を完全否定した。

 スポーツ紙デスクは語る。

「橋本個人のブログなどではなく、公式サイトで報道を完全否定したところに強い意思が感じられる。万が一、2人の関係に記事にあるようなやましいところがあれば、他のメンバーやグループ全体にネガティブなイメージが飛び火しかねません。それだけ、自信をもって身の潔白を証明したかったのでしょう」

 文春といえば、数々のスクープを手がけて、“文春砲”が昨年の新語・流行語大賞にノミネートされるなど存在感を放っているが、そもそも今回の橋本の記事に関してはその強引さに掲載号発売前から編集部内でも疑問の声があがっていたというから穏やかではない。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

人気記事ランキング
  1. 1やっぱり不倫はアウト! 全CMが放送中止で渡辺謙が大ピンチ!2017.5.17
  2. 2結局は国内向けのプロモーションに過ぎない!? 日本人アーティスト海外進出の皮算用とは!?2017.5.24
  3. 3あばれる君、イモトアヤコ、平野ノラ…生き残るのは誰だ? キャラ芸人を乱発するナベプロ――ブルゾンも使い捨て!? の育成戦略2017.5.17
  4. 4恐喝、根回し、ケタはずれのパワーゲーム……エージェント同士の殴り合いも!? ドンが牛耳った米国の芸能界2017.5.23
  5. 5佐々木希と渡部建の結婚に希望を見いだしている独身中年男性は、身のほどをわきまえるべきである。【佐々木】は希の風が吹く2017.5.23
  6. 6日本テレビの内定を断ったフジテレビのスーパールーキー・久慈暁子アナ“唯一の弱点”とは?2017.5.11
  7. 7お台場は今日も火事……河本準一の「生ポ」ネタでくりぃむ有田とフジがまた炎上2017.5.8
  8. 8【クロサカタツヤ×角 勝】“不作為”こそ罪 勘違いされたオープンイノベーションのまっとうな始め方2017.5.22
  9. 9成功の鍵は、圧力、妨害、そして根回し?マイケル・オーヴィッツによるハリウッド支配術2017.5.23
  10. 10【鈴木信也】ジャンプから消えたマンガ家はどうなる? 元ジャンプ作家が仕掛ける“穏やかな反撃”2017.5.24
Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年6月号

「教育勅語」とはなんだったのか?

「教育勅語」とはなんだったのか?
    • 【教育勅語】の歴史学
    • 【教育勅語】と天皇
    • 【教育勅語】口語訳全文

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」
    • 三上悠亜「アイドルになりたかった」

インタビュー

連載