>   > 【きらら】異形の地下アイドルの正体
インタビュー
“異形の人”は、澄んだ瞳で何を思う――

【きらら】39歳、性同一性障害、借金450万円の“彼女”が地下アイドルを続けるワケ

+お気に入りに追加

――ドキュメンタリー番組で取り上げられた壮絶な生きざまが話題となった“異形の人”は、澄んだ瞳で夢を語った─。

1705_kirara_520.jpg
(写真/永峰拓也)

 異形の人である。見た目はいわゆるオカマさん。しかし新宿二丁目感はない。眼がピュアである。観客わずか数人の小さなライブハウスで、鯉のぼりを体中に巻き付け「めだかの兄妹」を歌う。あるいは松葉杖のサンタクロース姿で「あわてんぼうのサンタクロース」を歌う。トチって松葉杖を落とす。借金は一時450万円を超えた。カネがないからと、本来は家畜の餌であるくず米をヤフオクで落札、大量のタバスコをかけて食べる。ガス契約をするのが苦しく、熱帯魚用のヒーターでバケツにくんだ水を沸かして湯浴みをする。外国人労働者に混じって解体作業現場で働き、大怪我をしてショーパブに勤務、絶望して自殺未遂にいたる……。

 そんなさまが、2月に放送された『ザ・ノンフィクション』(フジテレビ系)にて取り上げられ、その壮絶さが話題を呼んだ。懸命に生きてはいるが、あまりにも不器用。胸が苦しくなるほどの切迫感。いたたまれないが、なぜか目をそらせない──。

 彼女の名はきらら。本名は大浦忠明、39歳の性同一性障害者。理系の有名大学を卒業するも、その障害ゆえ普通には就職できなかったという。

「私の場合、性同一性障害と自覚したのが遅くて、24歳のときなんです。デパートでたまたまかわいいワンピースを見かけて、『着たい!』と衝動的に思って。それまでも違和感を抱いたことはありましたし、そういう欲求は心の奥底にあったんですが、どこか無意識に押さえつけていたんですよね」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年6月号

オトナの写真学

オトナの写真学

忍野さら"暗室"グラビア

忍野さら
    • 【忍野さら】の危険な部分にレンズが迫る

インタビュー

連載

    • 【日向カリーナ】筑前煮が好きなんです。
    • 【優木まおみ】アイドルから教わる初心
    • 【原あや香】モグラ女子の謎の習慣
    • パラリンピック1964-2020
    • 【彩芽】とスキャンダル
    • 漫画村が開けた「ブロッキング」のヤバさ
    • 高須基仁の「全摘」
    • 異様な空気が高揚を促す【奇祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ミシェル・ンデゲオチェロ】丸刈り才女の面目躍如
    • 【森友文書改ざん】法務省が抱えた積年の恨み
    • 統合失調症や自閉症は【母親】のせい!?
    • 町山智浩/『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』正義のラケットで女生憎悪を打ち砕け!
    • 【フェイスブック】個人情報商用利用の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/燃える宇船
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【星野源】ドラえもんの歌詞の妙技
    • ガンズ・アンド・ローゼズTシャツをめぐる裏話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、性からの逃走に聖痕の闘争を。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』