>   >   > 『クロサカタツヤのネオ・ビジネス・マイニング』第40回【マーケティング】の最進化系が誕生
連載
『クロサカタツヤのネオ・ビジネス・マイニング』第40回

【クロサカタツヤ×伊藤友博】人工知能でどんな小さな不満をも可視化する。マーケティングの最進化系が誕生

+お気に入りに追加

通信・放送、そしてIT業界で活躍する気鋭のコンサルタントが失われたマス・マーケットを探索し、新しいビジネスプランをご提案!

【クロサカタツヤ×伊藤友博】人工知能でどんな小さな不満をも可視化する。マーケティングの最進化系が誕生の画像1
提供:(株)不満買取センター

これまでの“マス”が崩壊した昨今。商品・サービスを企業側から押し付けるものではなく、生活者の細かなニーズやウォンツを拾い上げるような動きが活発になってきた。こうした中、マーケティングの手法として、ビッグデータやAIの活用に注目が集まっているが、一方で、企業側では生活者の「インサイト(本音、潜在欲求)」を拾い上げることに苦労をしている。そこで、生活者のインサイト情報を活用した新しいビジネスに取り組む伊藤氏に話を聞いた。

クロサカ 企業にとって顧客のニーズを把握することはマーケティング活動の一環であり、ビジネスにおいて不可欠なプロセスです。特に生活者者向けの製品やサービスを扱っている企業ならば、常に顧客の声から新製品のヒントを探したり、サービスの改善に活用したりしています。そんな生活者の声のなかでも「不満」に注目し、その不満を買い取ってくれる「不満買取センター」というサービスがあります。その名もズバリの運営元である(株)不満買取センターの社長を務める伊藤さんは、実は私の前職である三菱総研での同僚でした。まずは、どんなサービスか教えてください。

伊藤 ウェブやスマホアプリからユーザー登録して、日常生活のなかで製品やサービスに感じた不満を投稿するとポイントがもらえ、ある程度貯まるとギフト券に交換できます。投稿された不満を分析して、企業のマーケティングに生かすというビジネスモデルです。今では35万人のユーザーから、累計500万件もの不満が集まっています。

クロサカ なるほど。不満という形で、生活者の生の声を集めているんですね。伊藤さんはビッグデータの専門家ですが、どうしてこの会社に参画したんですか。

伊藤 前職ではコンサルタントとして、ビッグデータ活用による企業のマーケティング高度化を支援していました。昨今、プロダクトアウトからマーケットイン【1】という言葉があるように、企業側のニーズ起点ではなく生活者のニーズを起点とする流れがあります。でも現実は、どうしても企業の先入観や枠組みの中でしかデータからの示唆が読み解かれないことが多かったんですね。それゆえ、ひとりの生活者としてもどかしく感じていました。

クロサカ マーケティングの目的は「製品・サービスを売る」ことですが、企業も社会の一員である以上、その先に「生活や社会を良くする」という真のゴールがあるはずですよね。

伊藤 はい。その中で「本当に生活者に寄り添ったマーケティングをどうすればいいのか」と考えたときに、企業側からのアプローチでは変えられないという思いが強くなりました。そして、生活者の側に立って、生活者の声自体を資産にする企業ならば可能性があるんじゃないかと考え、思い切って挑戦することにしたんです。

クロサカ 企業側に立つと、本当のマーケティングのゴールにたどり着かないというのは、どういうことですか。

伊藤 決して今の企業やマーケティングを否定しているわけじゃありません。ただ、企業にはできることの範囲が決まっていて、その中で考えざるを得ません。そうするとせっかくの情報が生かされなかったり、実際の打ち手に繋がらなかったりして、チャンスを逃していると感じていました。つまり、従来のマーケティング活動って、わからないことを発見するんじゃなくて、わかっている範囲のことを、わかっている箱に整理して並べていくことなんです。日々のビジネスでは、それがおそらく正しい姿ですが、一方で時代は多様化し、変化のスピードが猛烈に速いので、今までの知見や手法だけでは競争に勝ち抜けなくなってるのも事実です。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年3月号

ヤバい!雑誌50!!

ヤバい!雑誌50!!
    • 反逆の【若手雑誌編集者】座談会
    • 【海外音楽雑誌】の"裏シノギ"
    • 雑誌が激写した【タブーな1枚】
    • 【下着モデル】グラビア初登場
    • 芸能週刊誌の【バーニング】忖度報道
    • 【芸能マネ】が戦々恐々する9誌
    • 大企業の【企業広報誌】クロニクル
    • 【丁寧な暮らし】雑誌の実と虚
    • ライフスタイル誌【1週間】妄想
    • 【バブル期】の雑誌は何を残したか?
    • 【dマガジン】が雑誌に与えた衝撃
    • 【dマガジン】セクシー写真の基準
    • 【TIME】も買収!アメリカ雑誌の今
    • 【週刊誌記者】違法スレスレの取材
    • 密着【週刊誌記者】の1週間
    • 【クリッピング】から見る雑誌の今
    • 【精神科専門誌】の怪しい魅力
    • 【処方薬】のキケンな広告たち

SKE48・惣田紗莉渚の「うらばなし」秘蔵写真

SKE48・惣田紗莉渚の「うらばなし」秘蔵写真
    • 【SKE48・惣田紗莉渚】未公開セクシーショット

NEWS SOURCE

    • 【小室と小泉】不倫報道を繋ぐ点と線
    • 【新聞業界】の働き方改革とは?
    • 【卓球プロリーグ】を阻む利権

インタビュー

    • 【岡本夏実】大躍進する元おはガール
    • 【ゆんぼだんぷ】「細かすぎて」から世界へ!
    • 【SUSHIBOYS】ハイセンスなサイタマノラッパー

連載

    • マルサの女/【園都】
    • 【モトーラ世理奈】嵐にドハマりしてます
    • 【片岡沙耶】下乳Angelが光臨
    • 山本晋也監督が語る五輪と映画
    • 愛のままにわがままに僕は【杏果】だけを傷つけないビットコインを安全に使うのに必要なこと
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【水道橋博士】が見せたトークの星座
    • 伝統芸が【EXILE】とコラボ
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【エクスケイプ】90年代魂を伝える女たち
    • 【淫行勧誘罪】無修正AVはなぜ違法なのか?
    • 【ドパミン仮説】統合失調症の虚実
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」/『ザ・シークレットマン』
    • 安全保障に役立たない史上最高額の【防衛費】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/AIスピーカー未来予想図
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【ダークナイト】語りおじさんとミソジニー
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文春砲暴発の荒野で屍を漁る。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』