>   >   > 【芸能ニュース】ゲス不倫の渡辺謙が日米で干され「第二のベッキー」に!
ニュース
【premium限定ニュース】

ゲス不倫の渡辺謙が日米で干され「第二のベッキー」に!

+お気に入りに追加
1704_watanabeken.jpg
 渡辺謙プロフィールページより

“文春砲”によって明るみに出た俳優・渡辺謙と、ジュエリーデザイナーで元ホステスとの不倫問題。週刊文春では渡辺がニューヨークで36歳の女性と手を繋いでデートを楽しんでいる写真が公開されたが、ほかにもキスをしているような親密な写真も存在するという。

 さらに、4月13日発売号では「2人の交際は結婚を見据えた真剣交際だった」との証言まで飛び出すなど、騒動はますます過熱。これにより、渡辺は“第二のベッキー”になる可能性が高まったという。広告代理店関係者が明かす。

「ベッキーの“ゲス不倫”以来、次々と芸能人たちの不倫スキャンダルが報じられ、今の日本では不倫は犯罪と同じ扱いになっています。実際、渡辺をCMに起用している『大和証券』『ヤクルト』『IBM』には、『おたくの会社は不倫を認めているのか』といった抗議電話が殺到。大和証券のHPからはすでにCM映像が削除されています。おそらくCM降板は免れず、莫大な違約金が発生することになるでしょう。渡辺は記者会見をせず、ほとぼりが冷めるまで逃げの一手ですが、けじめをつけずにドラマや映画、CMで起用されることはありえない。まさにベッキーの時と同じパターンです」

 日本で活動の場がなくても渡辺には「ハリウッド俳優」としての顔もある。しかし、こちらは別の意味で大ピンチだという。週刊誌記者が言う。

「アメリカは“不倫”に関してはわりと寛容なスタンスなのですが、妻である南果歩のがん闘病中の出来事だったことが致命的でした。南は16年3月に乳がんのステージ1と診断されて手術を受け、ブログやツイッターで闘病の苦しみをつづっています。渡辺が女性と交際を開始したのは3年前とのことなので、南が病と戦っていた時、すでに交際していたことになる。アメリカでは病気の妻を辱める絶対に許せない行為と受け止められ、現地のゴシップ誌では連日叩かれまくっています」

 このまま日米の芸能界から干されそうな勢いの渡辺。今からでも記者会見を開いて釈明しないと、俳優生命終了の危機となりそうだが・・・・。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年2月号

マンガ(禁)大全2018

マンガ(禁)大全2018
    • 【マンガ業界】最新動向
    • ネット時代【リイド社】の戦略
    • 【韓国】ウェブトゥーンが凄い
    • 【韓国マンガ】傑作6選
    • 【しらほしなつみ】コミケで見られない素顔
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【お笑い芸人・おたけ】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【田中考】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【辛酸なめ子】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【精神科医・岩波明】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【クロサカタツヤ】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【磯部涼】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【小林雅明】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【更科修一郎】
    • 【井出智香恵】背筋も凍るレディコミ
    • 【リバーズ・エッジ】映画化のナゼ
    • 肉食系女子が読む【岡崎京子】座談会
    • 【少女マンガ】のファッション研究
    • プロが見る【風早くん】の服装
    • 服部昇太【80年代】マンガへの礼賛!
    • 【ナチス描写】の海外規制事情
    • 【エロ描写】は海外でこう扱われる!
    • 本家を超える【スピンオフ】を探せ!
    • マンガの神様の【スピンオフ】作品
    • ポスト【ウシジマ】貧困マンガ
    • 【藤子・F・不二雄】の変態的な性癖
    • マンガ家【下半身ゴシップ】

基礎教養としてのフリーメイソン

基礎教養としてのフリーメイソン
    • 【橋爪大三郎×フリーメイソン幹部】陰謀論の基礎知識

酒井萌衣「卒業」と「初体験」

酒井萌衣「卒業」と「初体験」
    • 【酒井萌衣】元SKE48が初水着!

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • マルサの女/【わちみなみ】
    • 【柳ゆり菜】初めてジャネットで踊った日
    • 【岡田サリオ】時代は巨乳から巨尻へ
    • 【沙月とわ】海に行ったことがない女
    • 巨人のコーチになった異色の陸上選手
    • 私と【美玲】を連れてって
    • 2018年は本格的なIT制度の見直しが始まる
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【ヤリマン】のトークに無限の可能性
    • 【アイドル】が音頭に没頭する背景
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【AV出演強要問題】女優たちの悲痛な願い
    • 【新型うつ病】が隆盛する生きづらい日本
    • 町山智浩「映画でわかる アメリカがわかる」/『スリー・ビルボード』
    • 【ポスト・トゥルース時代】の保守とリベラルの役割
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/UFO入門2018
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • なぜ女芸人は「ブス」をネタにするのか?
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」/span>
    • 幽霊、それでもマンガは楽しき商売。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』